ヴァレオ、福岡県京都郡苅田町にサーマルシステムの新工場を建設

世界的な自動車部品サプライヤー、ヴァレオグループの日本法人である株式会社ヴァレオジャパン(東京都渋谷区、代表取締役社長 アリ・オードバディ)は、福岡県京都郡苅田町のヘッズハイテクパークに苅田工場を建設します。新工場では、カーエアコンユニットなどの組み立てと自動車部品の樹脂成型を行います。苅田工場は、2021年7月30日に着工し、2022年7月より操業を開始する予定です。
苅田工場は、ヴァレオジャパンにとって7カ所目、九州では2カ所目の工場となります。ヴァレオは、車両のサーマルマネージメントと車室内の快適さを最適化するサーマルシステム技術の世界的なリーダーです。

ヴァレオの九州での歴史は11年前にさかのぼります。2010年、同じく苅田町に九州工場を開設し、自動車の前回りの機能部品を一体化させたフロントエンドモジュールの組み立てを行っています。2012年には大分県中津市に中津工場を設立し、カーエアコンユニットを生産していましたが、2020年に同工場を九州工場に統合しました。この度、九州地区での需要の拡大に応えるために、最先端の組立ラインと樹脂成型の設備を備えた苅田工場を設立することにしました。苅田工場では、カーエアコンユニット、アクティブグリルシャッターと自動車用樹脂成型部品を生産します。

ヴァレオは、九州で自動車メーカー各社の拠点近隣に新工場を設けることで、信頼性の高い供給と効率の向上を図ります。

新工場の概要
名称: 苅田工場
住所: 福岡県京都郡苅田町大字与原2101-1
敷地面積:8,527 m2
操業開始: 2022年7月(予定)
生産品目: カーエアコンユニット、アクティブグリルシャッター、樹脂成型部品
従業員: 約75名(予定)
 


自動車部品サプライヤーであるヴァレオは、世界の全自動車メーカーのパートナーです。高い技術力を持つヴァレオは、CO2排出量の削減と直観的なドライビングの発展に貢献する革新的な製品とシステムを提供し、スマートなモビリティに貢献します。2020年、ヴァレオは164億ユーロの売上を上げ、OEM売上の12%を研究開発に投資しました。2020年12月31日現在、ヴァレオは33カ国に187カ所の工場、20カ所の研究センター、43カ所の開発センター、15カ所の物流センターを構え、約110,300人の従業員を擁しています。ヴァレオはパリ証券取引所に上場しています。

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ヴァレオグループ >
  3. ヴァレオ、福岡県京都郡苅田町にサーマルシステムの新工場を建設