一都三県の4回目の緊急事態宣言による行動量の変化

ライフログアプリ「SilentLog(サイレントログ)」を提供する、レイ・フロンティア株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役:田村建士 以下、レイ・フロンティア)は一都三県の4回目の緊急事態宣言による行動量の変化に関するデータを公開した事をお知らせします。
※本プレスリリースはレイ・フロンティアが運営する「Rei Frontier Tech Blog」の転載となります。
Rei Frontier Tech Blog:
https://tech-blog.rei-frontier.jp/entry/2021/09/17/140239

東京都では2021年7月12日(月)~、神奈川県、埼玉県、千葉県では2021年8月2日(月)~4回目の緊急事態宣言が発出されています。これにより行動量に変化は起きたのか、歩数と乗り物の移動距離を過去3か月間程のデータを用いり調査しました。

※調査元
弊社アプリSilentLogより収集したデータに匿名化処理を施したもの

■抽出条件
【期間】
2021年5月31日(月)~2021年9月5日(日)
一週間ごとに集計

【エリア】
一都三県
・東京都:東京23区
・神奈川県:横浜市
・埼玉県:さいたま市
・千葉県:千葉市

【時間帯】
5時台~23時台

■週別の平均歩数です。
 

東京23区の週別平均歩数東京23区の週別平均歩数

東京23区では緊急事態宣言が発出された次の週に1,012歩(9%)下がりました。4週間後はさらに下がりましたが、5週間後になると増加し1,500歩前後を推移しています。
 

神奈川県横浜市の週別平均歩数神奈川県横浜市の週別平均歩数

神奈川県横浜市では宣言が発出された次の週は529歩(5%)下がりましたが、その後増加し7,200前後を推移しています。
 

埼玉県さいたま市の週別平均歩数埼玉県さいたま市の週別平均歩数

埼玉県さいたま市では宣言が出た次の週に358歩(6%)下がりましたが、その後上昇し6,200~6,300歩あたりを推移しています。
 

千葉県千葉市の週別平均歩数千葉県千葉市の週別平均歩数

千葉県千葉市では宣言が発出された次の週に838歩(15%)下がりましたが、横浜市やさいたま市と同様2週間後以降は上昇傾向で5,400~5,500歩あたりを推移しています。

■週別の乗り物の移動距離です。

 

 

週別の車の平均移動距離 東京23区週別の車の平均移動距離 東京23区

 

週別の電車の平均移動距離 東京23区週別の電車の平均移動距離 東京23区

週別の自転車の平均移動距離 東京23区週別の自転車の平均移動距離 東京23区

東京23区では宣言発出後、車の移動はほぼ横ばい。電車の移動は宣言の次の週に3,637m(6%)減少しその後も減少傾向を保っています。自転車の移動は宣言発出から4週間連続で減少し、4週間後と宣言が発出された週を比較すると2015m(25%)減少しています、5週目からは増加していますが宣言が発出された週の距離を上回る事はありません。

 

週別の車の平均移動距離 神奈川県横浜市週別の車の平均移動距離 神奈川県横浜市

週別の電車の平均移動距離 神奈川県横浜市週別の電車の平均移動距離 神奈川県横浜市

週別の自転車の平均移動距離 神奈川県横浜市週別の自転車の平均移動距離 神奈川県横浜市

神奈川県横浜市では宣言発出後、車の移動、電車の移動はほぼ変わりありませんでした。自転車の移動は宣言発出の次の週に655m(12%)減少、3週目以降はやや増加していますが宣言が発出された週と同じぐらいの距離を推移しています。
 

週別の車の平均移動距離 埼玉県さいたま市週別の車の平均移動距離 埼玉県さいたま市

週別の電車の平均移動距離 埼玉県さいたま市週別の電車の平均移動距離 埼玉県さいたま市

週別の自転車の平均移動距離 埼玉県さいたま市週別の自転車の平均移動距離 埼玉県さいたま市

埼玉県さいたま市では宣言発出後、車の移動は次の週に3,211m(10%)減少していますが、2週間後以降は増加し宣言があった週と同じぐらいの距離を推移しています。
電車の移動は宣言発出の次の週に12,894m(24%)減少しましたが、2週間後以降は宣言が発出された週の距離を上回っています。
自転車の移動は週によってまばらで宣言発出の次の週に526m(7%)減少、2週目に1度大きく増加し再び減少傾向です。
 

週別の車の平均移動距離 千葉県千葉市週別の車の平均移動距離 千葉県千葉市

週別の電車の平均移動距離 千葉県千葉市週別の電車の平均移動距離 千葉県千葉市

週別の自転車の平均移動距離 千葉県千葉市週別の自転車の平均移動距離 千葉県千葉市

千葉県千葉市では、車の移動は宣言が発出された週は前週と比較し下降傾向で4,970歩(15%)減少していますが、その後元の推移に戻っています。
電車の移動は宣言発出の次の週に8,347m(17%)減少し2週間後以降は徐々に増加傾向です。
自転車の移動は週によりまばらで、天候など他の要因も大きく関与していそうです。

■まとめ
・東京23区の平均歩数は宣言発出後の4週間は減少していたが、5週間後に増加し始めた。

・神奈川県横浜市、埼玉県さいたま市、千葉県千葉市の平均歩数は宣言発出後、次の週は減少していたが、2週間後以降は増加傾向。

・東京23区の乗り物の平均移動距離は車は横ばい。電車は宣言発出後減少傾向を保っている。自転車は4週間は減少傾向で5週間後に増加している。

・神奈川県横浜市の乗り物の平均移動距離は車、電車はほぼ変化なし。
自転車は宣言が発出された次の週に減少したが3週間後には元の推移に戻りつつある。

・埼玉県さいたま市の乗り物の平均移動距離は車は宣言が発出された次の週に減少、2週間後に元の推移に戻っている。
電車は宣言が発出された次の週に減少したが2週間後以降は元の推移を上回っている。
自転車は週によりまばら。

・千葉県千葉市の乗り物の平均移動距離は車は宣言が発出された週は減少傾向だが次の週からは元の推移に戻っている。
電車は宣言が発出された次の週に減少、2週間後からは増加傾向。
自転車は週によりまばら。


~お知らせ~
この度iPhone版同様にお使い頂けるSilentLog、Android版をリリースしました。
今後とも宜しくお願い致します。

Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.reifrontier.silentlog

iPhone版
https://apps.apple.com/jp/app/silentlog/id901679160

■SilentLog(サイレントログ)公式サイト
https://silentlog.com

■企業概要
◆レイ・フロンティア式会社
・本社:東京都台東区台東2-26-8 KSビル301
・代表取締役:田村 建士
・事業内容:
人工知能による位置情報分析プラットフォーム「SilentLog Analytics」の開発・運営
1)弊社が保有するデータの統計結果、AI分析推測結果の提供
2)行動データの収集手段(SDK)と、分析基盤一式および定期レポートの提供
3)位置情報分析技術による、既存のGPSデータの可視化と行動分析支援の提供
4)弊社アプリ(SilentLog等)を活用した行動分析、および実証実験支援の提供
5)行動データを活用した新規サービス、事業開発

■本プレスリリースに関するお問い合わせ
レイ・フロンティア株式会社 広報担当
E-mail:info@rei-frontier.jp
Web:https://www.rei-frontier.jp

 
  1. プレスリリース >
  2. レイ・フロンティア株式会社 >
  3. 一都三県の4回目の緊急事態宣言による行動量の変化