関西2府4県セブン-イレブン約2,400店舗にて、9/6より千寿せんべい販売開始。57年の歴史で初めてのコンビニエンスストア取り扱い。

京菓子處鼓月(本社:京都市 代表取締役社長:中西 英貴)の看板商品「千寿せんべい」が、2021年9月6日(月)より、関西エリア2府4県内の約2,400店舗のセブン-イレブンにて、順次取り扱いを開始いたします。

 
 千寿せんべいは昭和38年に京都で誕生し、今年で57年目を迎えます。57年の歴史の中で、この度初めてコンビニエンスストアでの取り扱いとなります。

<千寿せんべい 商品詳細>
京菓子處鼓月公式オンラインショップ 商品ページ
https://kogetsu-ec.com/SHOP/304002/list.html
 
  • セブン-イレブン関西地区での販売開始の背景

■新たな販路でより多くのお客様に千寿せんべいをお届けしたい
 これまで路面直営店および百貨店を中心に販売を続けて参りましたが、コロナ禍において生活圏内でより便利に千寿せんべいをお届けしたいと考え、コンビニエンスストアでの販売を開始いたします。
 コンビニエンスストアでの取り扱いにより、百貨店・専門店(路面店)で普段お買い物をされないお客様にも半世紀以上ご愛顧いただいている千寿せんべいのお味を知っていただける機会になると考えております。

■京都地区テスト販売結果を受け関西全域に拡大
 2021年3月29日より、京都府内約260のセブン-イレブン店舗で第一期テスト販売を行いました。テスト販売での好調を受け、2021年7月5日より第二期テスト販売を実施。京都府内合計310店舗に販売店舗数を拡大いたしました。
 京都地区でのテスト販売実績から、この度関西地区(2府4県)の約2,400店舗に販売エリアを拡大し、正式に取り扱い開始いただく運びとなりました。
 
  • 今後の展望
 
 今回コンビニエンスストアでの販売好調により、新たな顧客層にも京菓子のニーズがあることが分かりました。  長年ご愛顧いただいている千寿せんべいの味をより多くのお客様にお届けするため、オンラインショップの強化やコンビニエンスストアでの販売など、時代の変化・お客様のニーズに合った新たな挑戦を続けて参ります。
 
  • 販売情報

■販売店情報
・販売場所:セブン-イレブン 京都府・大阪府・兵庫県・滋賀県・奈良県・和歌山県内 
約2,400店舗
・取り扱い開始日:2021年 9月 6日(月)より各店にて順次販売開始
※一部取り扱いのない店舗がございます。

■商品情報
「千寿せんべい」
1枚 本体価格129円(税込)
・特定原材料等:小麦、卵、乳成分、大豆
・日持ち:製造日含む77日
・公式オンラインショップ商品ページ https://kogetsu-ec.com/SHOP/304002/list.html



=======================================

<会社概要>株式会社 鼓月
京都で75年間「思い出作りのお手伝い」を理念にお菓子の製造販売を行うトータルスイーツカンパニーです。看板商品千寿せんべい等を販売する京菓子處鼓月をはじめとして、京都洋菓子工房KINEEL、スポーツ羊羹anpowerを展開。2018年よりベルギーのショコラティエブランド "マレーン・クーチャンス"の輸入販売など、新たな事業にも挑戦しております。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 鼓月 >
  3. 関西2府4県セブン-イレブン約2,400店舗にて、9/6より千寿せんべい販売開始。57年の歴史で初めてのコンビニエンスストア取り扱い。