住宅ローン比較サービス「モゲチェック」、新ロゴデザインにリニューアル

 株式会社MFS(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:中山田 明)は、7月19日から、当社が運営する住宅ローン比較サービス「モゲチェック」のロゴデザインをリニューアルいたします。

 モゲチェックは「真にユーザーサイドに立った新しいフィナンシャルサービスを作る」というビジョンの実現を目指し、お客様にとって最適(※)な住宅ローンをご紹介するサービスです。2015年8月のサービス開始から約6年で、7万人を超えるお客様にご利用いただいております。住宅ローンは年齢、年収、住んでいる地域などの様々な要因で、借り入れができる金融機関や金利、保障内容が異なるという特徴があります。自分にとってベストなローンが判断しにくいことから、住宅ローン利用経験者の4割は住宅ローン選びに悔いが残っていることが当社調査でも判明しています。これまで個人では比較が難しかった住宅ローンを、スマホ一台で簡単に探せる日本初(当社調べ)のサービスとして運営してまいりました。

  7年目を迎える節目として、より多くの住宅ローン選びに迷っているお客様に身近な存在に感じていただけるよう、今回ロゴのリニューアルを行いました。

  新しいロゴマークでは、より視認性の高いカタカナ表記を採用し、MFSのミッションである「テクノロジーと分析の力でユーザーにパワーを」を踏まえ、「住宅ローン選びに正解を」の文言を加えました。モゲチェックでは今後も、各金融機関の審査基準や商品内容を分析し、「お客様が通る可能性が高い最適な住宅ローン」を提案することで、悔いが残らない「住宅ローン選びの正解」を導きだしてまいります。

※ 住宅ローンに付帯する保険(団体信用生命保険)を加味して、お客様が審査に通る可能性が高く、最も金利が低いとMFSが判断する住宅ローン商品。


<「モゲチェック(https://mogecheck.jp/)」とは>
 モゲチェックは、オンライン上でユーザー属性に応じた最適な住宅ローンを比較・紹介する住宅ローンサービスです。わずか12項目を入力するだけで、自分が住宅ローン審査に通る確率が高い金融機関がランキング化され、条件に合う住宅ローンを簡単に選んで申し込んだり、住宅ローンのプロから提案を受けたりすることができます。これまで当社が培ってきた住宅ローン金融機関審査のサポート実績をもとに、独自のロジックを組み立てて住宅ローンのマッチングを行っています。住宅ローン以外にも、不動産投資をサポートする「INVASE(インベース)」を提供しています。


 <株式会社MFS概要>
代表者:代表取締役CEO 中山田 明
所在地:東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル2階 FINOLAB
事業:オンライン住宅ローン比較サービス「モゲチェック(https://mogecheck.jp/)」の運営
   オンライン不動産投資サービス「INVASE(インベース)(https://investment.mogecheck.jp/)」の運営
コーポレートサイト:https://www.mortgagefss.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社MFS >
  3. 住宅ローン比較サービス「モゲチェック」、新ロゴデザインにリニューアル