高知県四万十市に「デジタルオペレーションセンター四万十」を開設

高知県および四万十市関係者ご出席のもと、開所式を実施

地方を含む日本全国の中小・ベンチャー企業の成長支援をデジタルマーケティング、テクノロジー、HRの領域で展開するソウルドアウト株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役会長CGO:荻原猛、以下ソウルドアウト)は、高知県四万十市に運用型広告のオペレーション拠点「デジタルオペレーションセンター四万十」を開設し、高知県および四万十市関係者ご出席のもと、1月14日に開所式を行いました。
当センターは、高知県・四万十市の企業誘致制度(※1)によるご支援を頂き、これまで開所に向けて準備を進めてまいりました。10月より開始した採用活動においては、四万十市だけでなく、周辺地域および県外含め多数の方にご応募を頂き、1月より10名の方に入社頂いております。「デジタルオペレーションセンター四万十」は、本日より本格稼働し、より高度な自動化技術に適した広告運用の仕組みを整えることで、日本全国の中小・ベンチャー企業様へこれまで以上の成果を支援、ご提供できる体制を実現いたします。

また、当施設の開設を通じて、デジタルマーケティングに携わる人材を育成するほか、都市の活性化に貢献することで地元に根付いた企業を目指し、5年後には50人以上の雇用を創造できるよう、一層力を入れて運営してまいります。 
※1 高知県企業誘致ガイド | 高知県庁ホームページ:http://www.pref.kochi.lg.jp/richi/

<デジタルオペレーションセンター四万十 概要>
名称:デジタルオペレーションセンター四万十
所在地: 高知県四万十市中村大橋通6丁目9番21号 中村電気ビル本館 6階
業務開始月: 2020年1月
採用人数:10名 (2019年度)

<エントランス>

  
<執務室>


<1月14日開所式テープカットの様子>

(左から、四万十市 議長 宮﨑 努様、商工労働部 部長 近藤 雅宏様、ソウルドアウト 代表取締役社長CEO 荒波 修、四万十市 市長 中平 正宏様、ソウルドアウト デジタルオペレーションセンター四万十 センター長 堀川 工望)


*参考*<高知県及び四万十市の雇用動向について>
高知県及び四万十市の雇用について、2019年11月の有効求人倍率は全国値1.63倍のところ高知市で1.24倍、四万十市においては0.88倍となっています。
https://jsite.mhlw.go.jp/kochi-roudoukyoku/content/contents/000362068.pdf?fbclid=IwAR2JcZl0B6UQHGrdkm3hUI9576ds8EPgDrzH3YKh0mcelDdbCmDRwp5xBvU
高知労働局職業安定部発行、「雇用こうち2019」より

※ソウルドアウトとは
ソウルドアウトグループは、地方を含む日本全国の中小・ベンチャー企業の成長をデジタルマーケティング、テクノロジー、HRの領域で支援しています。全国21営業所を拠点に、対面営業を重視する地域密着型で、地方中小企業の課題やその独自性を理解し、それぞれにマッチしたソリューションを提供。事業のスタートアップから既存事業のアクセラレートまで、テクノロジーを活用し、顧客の成長ステージに合わせた提案によって、日本全国の中小・ベンチャー企業が秘めている潜在能力を引き出し、寄り添うスタンスで共に挑戦しています。

※会社概要
■会社名:ソウルドアウト株式会社
■本社:〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-4龍名館本店ビル 4階・6階
■代表者:代表取締役会長CGO 荻原猛
■ホームページ:https://www.sold-out.co.jp/
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ソウルドアウト株式会社 >
  3. 高知県四万十市に「デジタルオペレーションセンター四万十」を開設