東京医療保健大学、第111回 看護師国家試験にて四年制大学で全国最多の509名の合格者を輩出

五反田キャンパスでは看護師・保健師・助産師すべてにおいて合格率100%を達成

 学校法人 青葉学園が運営する東京医療保健大学(本部:東京都品川区、理事長:田村哲夫、学長:亀山周二、以下本学)は、第111回看護師国家試験にて、四年制大学で全国最多の509名の新卒合格者を輩出いたしました。


 本学は、 3,085名 (2022年5月現在)の学生を有し、看護師養成数では国内最大規模の医療系大学として、看護師・保健師・助産師を養成しています。2021年度は、2018年度に開設した千葉看護学部、和歌山看護学部が完成年度を迎え、学部設立後初めての卒業生を輩出しました。
 第111回 看護師国家試験において、2021年度は千葉看護学部及び和歌山看護学部の増加によって、新卒合格者数の合計は509名となりました。これにより、四年制大学で全国最多の合格者を輩出する結果となりました。
 また、五反田キャンパスに所在する医療保健学部看護学科では看護師及び保健師の各国家試験合格率100%、同キャンパスに所在する助産学専攻でも助産師国家試験の合格率100%を達成することができました。
 本学は、今後も質の高い教育と、きめ細かやかな学習サポートを提供し、優秀な医療人の育成に取り組んでまいります。

 

 

【東京医療保健大学とは】
理事長   :田村哲夫
学長    :亀山周二
設立年度  :2005年
本部    :東京都品川区東五反田
キャンパス :五反田キャンパス、世田谷キャンパス、国立病院機構(東が丘)キャンパス、
         国立病院機構立川キャンパス、船橋キャンパス、雄湊キャンパス(和歌山)、
       日赤和歌山医療センターキャンパス(和歌山)
学部(学科) :医療保健学部(看護学科、医療栄養学科、医療情報学科)、
       東が丘看護学部(看護学科)、立川看護学部(看護学科)、千葉看護学部(看護学科)、
       和歌山看護学部 (看護学科)
専攻科   :助産学専攻科、和歌山助産学専攻科(2022年4月開設)
大学院   :医療保健学研究科(修士課程8領域、博士課程3領域)、
       看護学研究科(修士課程4コース、博士課程)
       和歌山看護学研究科(修士課程3領域)、千葉看護学研究科(修士課程)
学生数   :3,085名 (2022年5月現在)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 学校法人青葉学園 >
  3. 東京医療保健大学、第111回 看護師国家試験にて四年制大学で全国最多の509名の合格者を輩出