『13歳からのアート思考』オーディオブック化記念 光浦靖子さんを迎え、「アート思考」が身につく体験型イベントを2月21日(日)オンライン開催!

16万部突破の話題作を、audiobook.jpが初の音声化

オーディオブックの制作・配信を行う株式会社オトバンク(本社:東京都文京区、代表取締役社長:久保田裕也、以下オトバンク)は、16万部を突破した話題作『「自分だけの答え」が見つかる 13歳からのアート思考』(末永幸歩著、ダイヤモンド社刊)のオーディオブック版を音声配信サービス「audiobook.jp」(オーディオブックドットジェイピー)にて1月29日(金)より配信開始しました。本作のオーディオブック化を記念し、オアシズ・光浦靖子さんをモデレーターに迎え、オーディオブックの一部を活用したオンラインイベントを、2月21日(日)19時から「YouTube Live」にて開催いたします。

 

  • 話題の「アート思考」が身につく体験型アートイベントをYouTubeLiveにて開催
​今、論理・戦略に基づくアプローチに限界を感じた人たちのあいだで、「知覚」「感性」「直感」などをもとにした新たな思考法が注目されています。そして、実際に中高生向けに行われた講義の内容をもとに、いわゆる「アート思考」のプロセスをわかりやすく解説し、2020年の大ヒット作となったベストセラーが『「自分だけの答え」が見つかる 13歳からのアート思考』です。

本作品の特徴は、講義形式でわかりやすく、また実際に作品の鑑賞やエクササイズを通して体験しながら、少しずつアート思考の理解を深めていけるところにあります。そこで今回、この作品のオーディオブック化を記念して、「自分だけのものの見方」を見つけるアート思考の入り口ともいえる部分を体験していただけるオンラインイベント「はじめてのアート思考ナイト」を開催いたします。

モデレーターを務めるのはオアシズ・光浦靖子さん。イベントでは、光浦靖子さんが実際にオーディオブックを聴きながら、絵を描いたり、作品を鑑賞したりといったアート思考の入門的なエクササイズに挑戦します。視聴者の方も光浦さんと一緒に絵を描いたり、作品を鑑賞したり、感想をコメントしていただいたりすることで、「作品を自分の見方で鑑賞するとはどういうことか」「アート思考とはどのようなものか」「自分の見方と人の見方はどう違うのか」を体感していただくことができます。
 
  • 光浦靖子さんよりコメント
「なにをやるのか私も分かってません。ただ、絵が上手くなくも、センスがなくてもアートを楽しめるそうです。気軽に参加しまーす。」
 
  • イベント内容
『13歳からのアート思考』の6つの講義のうち、
「CLASS1:「すばらしい作品」ってどんなもの?」
の中に含まれているアート思考を学ぶエクササイズを、オーディオブックを聴きながら光浦靖子さんと一緒に体験していただくことで、アート思考とはどのようなものかを楽しみながら学んでいただけます。

エクササイズ例:
鏡を見ながら自画像を描いてみよう
・同じテーマで描かれた絵から「好きな絵」を選んでみよう
・「20世紀アートを切り開いたある作品」をみんなで鑑賞してみよう

見て、笑って、考えて、参加していただく約60分の体験型アートイベントです。
普段なかなかアートに触れることがない方も、アート作品とじっくり向き合い、思い思いの感想を述べあっていただくことで、アート鑑賞の楽しさ、面白さを感じていただくとともに、ビジネスにも役立つ「自分なりのものの見方」の見つけ方・育て方を知っていただければ幸いです。
 
  • イベント概要
・イベント名:はじめてのアート思考ナイト
・配信URL:https://youtu.be/qHv4mwo2LHc
・開催日時:2021年2月21日 19:00-20:00
・出演者:オアシズ 光浦靖子
・申し込み等:不要
・参加費:無料
・アーカイブ視聴:2021年3月21日 00:00まで可能
 
  • オーディオブック『「自分だけの答え」が見つかる 13歳からのアート思考』について
『「自分だけの答え」が見つかる 13歳からのアート思考』は、2020年2月に発売された書籍です。1月29日からaudiobook.jpにて初のオーディオブック版を配信し、週間総合ランキングでは1位を獲得しました。(集計期間 2021年02月01日 ~ 2021年02月07日)

講義形式で進む本作品は「エクササイズ」と呼ばれる読者への問いかけを通して、「アート思考」を体感することが出来ると話題になりました。美術史的な知識や表現技法の学習ではなく、アートの「見方」「考え方」が身につく作品として美術に関心がある方はもちろん、ビジネスパーソンからも厚い支持を受けています。

オーディオブック版ではアート作品について、耳だけでも作品の特徴やイメージが掴めるよう、著者・末永幸歩さんの全面協力のもと本文の加筆修正を行い、耳からでもアートを楽しむことができる作品となりました。また本作品の魅力である講義形式のワクワク感がより伝わるような音声制作を心がけました。

また巻末には著者・末永幸歩さんの特典メッセージを収録。なぜこのような美術の授業をするようになったのか、アートを植物に例えた理由について、また本作品では紹介されていない美術館での鑑賞方法について語っています。

オーディオブック版でぜひ「アート思考」をご体感ください。

 

作品情報


配信開始日:2021年1月29日(金)
価格:1800円+税
配信時間:7時間14分
作者:末永幸歩
出版社:ダイヤモンド社
制作元:オトバンク
配信元:オーディオブック配信サービス「audiobook.jp」



 
  • 書籍内容
「こんな授業が受けたかった! 」
700人超の中高生たちを熱狂させ、
大人たちもいま最優先で受けたい「美術」の授業!!
論理もデータもあてにならない時代…
20世紀アートを代表する6作品で
「アーティストのように考える方法」がわかる!

いま、論理・戦略に基づくアプローチに限界を感じた人たちのあいだで、
「知覚」「感性」「直感」などが見直されつつある。

本書は、中高生向けの「美術」の授業をベースに、
- 「自分だけのものの見方」で世界を見つめ、
- 「自分なりの答え」を生み出し、
- それによって「新たな問い」を生み出す
という、いわゆる「アート思考」のプロセスをわかりやすく解説した一冊。

「自分だけの視点」で物事を見て、
「自分なりの答え」をつくりだす考え方を身につけよう!
 
  • 今後の展開

2020年にオーディオブックユーザーを対象にした利用調査では、回答者の9割が知識習得を目的にオーディオブックを活用しているという結果となりました(※)。オトバンクは、今後も音声という観点から、大人の学びの支援につながるような作品の音声化や取り組みを続けてまいります。

※オーディオブック白書2020
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000122.000034798.html


■オーディオブックとは


オーディオブックとは、ナレーターや声優が本を朗読した「聴く本」です。耳だけで読書を楽しめるため、文字を読むのが難しい方のほか、ランニング中、電車や車での移動時間、家事の最中など、生活のあらゆるシーンで「ながら読書」を楽しめます。

audiobook.jp(オーディオブックドットジェイピー)

株式会社オトバンクが運営する、日本最大のオーディオブック配信サービスです。2007年より配信を開始した「FeBe」からリニューアルし、2018年3月よりサービスを開始。オーディオブックのカテゴリー普及に向けてプラットフォームの拡大を目指します。 https://audiobook.jp/

株式会社オトバンク(本社:東京都文京区、代表取締役社長:久保田裕也)

音声コンテンツを中心とした事業を展開し、「聞き入る文化の創造」「目が不自由な人へのバリアフリー」「出版文化の振興」の達成を目指している、日本最大の配信数を誇る音声エンタメ企業です。500社以上の出版社様と提携し、主な事業として、日本最大のオーディオブック配信サービス「audiobook.jp」でのオーディオブック販売をはじめ、オンラインブックガイド「新刊JP」( http://sinkan.jp/ )を中心とした書籍のプロモーション事業も行っています。http://www.otobank.co.jp/

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社オトバンク >
  3. 『13歳からのアート思考』オーディオブック化記念 光浦靖子さんを迎え、「アート思考」が身につく体験型イベントを2月21日(日)オンライン開催!