【抄訳】AWSとセールスフォース・ドットコム、開発者エクスペリエンスを統合し、新しいインテリジェントなアプリケーション立ち上げのためのパートナーシップを拡大

本プレスリリースは、2021年6月23日に米国で発表されたニュースリリース(https://www.salesforce.com/news/press-releases/2021/06/23/salesforce-aws-partnership-expansion/)の抄訳版です。

世界をリードするクラウドプロバイダーとNo.1のCRMプラットフォームにより、両社のテクノロジーを使用する開発者がより簡単にカスタムアプリケーションを構築するとともに、AWSのサービスをSalesforceでネイティブに活用し、SalesforceとAWS間でデータやワークフローを安全に接続することが可能に

AWSとSalesforce Customer 360を組み合わせた構築済みのアプリケーションを活用することで、顧客はイノベーションを加速させ、AWSの音声、ビデオ、AIサービスをSalesforceのビジネスアプリケーションに容易に導入することが可能に
Amazon.com Inc(NASDAQ: AMZN)の関連会社である Amazon Web Services, Inc.と米国セールスフォース・ドットコム(日本法人:株式会社セールスフォース・ドットコム、本社:東京都千代田区、代表取締役会長 兼 社長:小出 伸一)は本日、グローバルな戦略的パートナーシップを大幅に拡大することを発表しました。これにより、顧客はSalesforceとアマゾン ウェブ サービス(AWS)の機能を最大限に活用し、デジタルトランスフォーメーションを加速させる強力な新しいビジネスアプリケーションを迅速に構築・展開することが可能となります。

 今回のパートナーシップは、AWSとSalesforce製品の新たな統合の強化を通じて、顧客価値の向上を図ることを目的としています。開発者は、SalesforceのデータやワークフローをAWS上で動作するソリューションにネイティブに接続して両プラットフォームの機能を拡張するカスタムアプリケーションを構築して立ち上げられるようになり、AWSのデータやワークフローをSalesforceアプリケーションに簡単に統合できるようになります。また、Salesforceは、AWSの音声やビデオ、人工知能(AI)、機械学習(ML)の各サービスをセールスやサービス、業界垂直型のユースケースに向けて直接組み込んでいきます。これらの新サービスにより、顧客はすぐに使えるソリューションをSalesforceから直接購入し、統合されたAWSサービスを従量課金制で利用することができます。

Amazon Web Services, Inc.のCEOであるアンディ・ジャシーは次のように述べています。「AWSとSalesforceは5年以上にわたり緊密な関係を築いており、お客様はその恩恵を受けています。今回、AWSとSalesforceの両方を利用する開発者が、統合されたアプリケーションをこれまで以上に迅速かつシンプルに構築できるよう、両社のサービスを統合することで、パートナーシップを次のレベルに引き上げます。このパートナーシップにより、開発者の生活を大幅にシンプルにし、好きな方法で、好きな場所から、世界中で、あらゆる規模のアプリケーションを開発できるようになります」

セールスフォース・ドットコムの会長兼CEOであるマーク・ベニオフは次のように述べています。「今回のパートナーシップは、テクノロジー業界にとって画期的なものであり、当社のお客様は、さらに強力なSalesforce Customer 360を体験し、ビジネスで新たな成功を収めることができるでしょう。より強力に統合されたSalesforceとAWSのプラットフォームにより、世界中のお客様は、セールス、サービス、マーケティング、コマースにまたがって信頼できる唯一の情報源を作り、どこからでも成功を収めることができます」

世界中の企業がSalesforceを利用して顧客関係を管理し、Salesforceプラットフォームを活用した新しいアプリケーションを構築する一方で、Amazon Connect(オムニチャネルのクラウドコンタクトセンター)、Amazon Redshift(ペタバイトスケールのクラウド型フルマネージドデータウェアハウスサービス)、AWS Lambda(サーバーのプロビジョニングや管理を行わずにコードを実行できるサーバーレスコンピューティングサービス)といったAWSテクノロジーにより、コンピューティング、ストレージ、データベースの要件に対応しています。これまで、AWSとSalesforceの機能を組み合わせてアプリケーションを構築しようとする顧客には、大幅なカスタム統合コードが必要になることが多くありました。これらの新しいサービスにより、顧客は、新しい統合されたプラットフォームを通じて、AWSとSalesforceのサービスをシームレスに利用できるようになります。また、両社は、SalesforceアプリケーションとAWSのサービスとの間でデータをリアルタイムに接続する革新的なアプリケーションを顧客が構築できるよう、新しいローコードツールでも協力しています。

開発者エクスペリエンスの統合
  • カスタムビジネスアプリケーションをより早く、より簡単に作成できます。クリックして起動する新しいローコード開発ツールにより、SalesforceとAWSサービス上に構築されたカスタムアプリケーションの作成を加速させることができます。Salesforceのポイント&クリック式の開発ツールは、Amazon Relational Database Service(Amazon RDS)やAmazon Simple Storage Service(Amazon S3)などのAWSサービスのデータを、Salesforceのネイティブデータであるかのように直接操作することができます。
  • リアルタイムイベントで顧客データの力を引き出すことができます。AWSのサービスとSalesforceプラットフォームをネイティブに接続することで、データを2つのプロバイダー間でリアルタイムかつ安全に移動させることができるようになり、顧客はより簡単にワークフローを自動化し、エンドユーザーのシングルビューを維持することができます。
  • セキュリティ、アイデンティティ、アクセス管理を簡素化することができます。新しいガイド付きセットアップエクスペリエンスにより、顧客はSalesforce製品とAWSサービスの連携をより簡単に行うことができます。Salesforce SetupからAWSにサインインするか、AWS Management ConsoleからSalesforceにサインインすることで、SalesforceとAWS間のサービス認証、ユーザーアイデンティティ、セキュリティ、権限、データ管理とガバナンスを簡素化することができます。

新しいインテリジェントなアプリケーション
  • どこにいてもスマートにセールス、サービス、エンゲージメントを行うことができます。顧客は、音声、動画、AI/ML機能を備えたAWSサービスを活用し、あらかじめ構築されたすぐに使えるアプリケーションやアドオンを利用して、迅速にイノベーションを起こすことができます。例えば、Sales CloudとService Cloudの両方にあらかじめ統合されているAmazon ConnectとAWS AI/MLサービスを利用して、仮想コールセンターを構築し、チームを強化することができます。
  • 業界に特化した顧客ソリューションを立ち上げることができます。顧客は、Amazon Chime SDK(組み込み型のリアルタイムコミュニケーション機能)、Amazon Textract(スキャンしたドキュメントからのインテリジェントなデータ抽出)、Amazon Comprehend(テキスト内の情報を明らかにする自然言語処理)などのAWSテクノロジーを複数のSalesforce Industry Cloud内で直接活用することで、業界を先取りした新しいデジタル体験やサービスを提供できるようになります。例えばヘルスケア業界の顧客では、テレヘルスソリューションをはじめとして、インテリジェントなバーチャルケアプラットフォームを導入し、パーソナライズされた患者体験を提供することができます。

利用顧客のコメント   
ノバルティスは、革新的な科学とデジタル技術を駆使して、医療ニーズの高い分野で変革をもたらす治療法を生み出すグローバルヘルスケア企業です。「医療の未来と患者の体験は、効率とスピードと同様に、テクノロジーとイノベーションに依存しています。SalesforceとAWSでプラットフォームを統合することで、リソースを最適化し、顧客と開発者の体験をシンプルにすることでアプローチを集中させ、より早くイノベーションを行い、最終的に患者の予後を改善することができます。これこそが、今日そして未来の医療を再構築する方法なのです」
 - ノバルティス・ファーマシューティカルズ・コーポレーション 社長 ビクター・ブルトー

スタンダード・バンクは、アフリカおよび海外の個人、企業、機関、法人に銀行業務および金融サービスを提供する金融機関です。「テクノロジーは、金融サービス業界に新たな革新の時代をもたらしています。新しいデジタルソリューションは、顧客体験をよりパーソナルで便利なものにします。セールスフォース・ドットコムとAWSのパートナーシップは、まさにこれを実現するものであり、スタンダード・バンクがアフリカ地域全体の顧客のために、より迅速にイノベーションを行い、より大きな価値を提供することに貢献しています」
 - スタンダード・バンク・グループ、チーフ・エンジニアリング・オフィサー、アルフィアス・マンガレ


セールスフォース・ドットコムとAWSのパートナーシップ
2016年以降、世界中の中小企業、スタートアップ、あらゆる業界の企業、さらには政府機関が、AWSとSalesforceを活用して、エンドユーザーにビジネスクリティカルなサービスを提供しています。セールスフォース・ドットコムは、すでにAWSを主要なパブリッククラウドプロバイダーとして利用しており、AWSもSalesforceをCRMプラットフォームとして利用しています。両社はすでに、Service Cloud Voice、Private Connect、Government Cloud Plus、Intelligent Document Automationなど、電話、デジタルチャネル、CRM(顧客関係管理)データなど、両プロバイダーのサービスを組み合わせた数多くの製品を販売しています。本日発表された広範な新しいパートナーシップにより、顧客は、必要なカスタム統合コードを最小限に抑えながら、世界をリードするクラウドプロバイダーとNo.1のCRMプラットフォームの機能を簡単に組み合わせることができるようになります。

AWSとセールスフォース・ドットコムは、シームレスな顧客体験を実現し、顧客の成功を促進するために、セールス、ソリューションアーキテクチャ、カスタマーサポートの各分野で投資を続けています。本日発表された製品は、2022年に一般提供を開始する予定です。詳細については、6月24日(木)に開催された     セールスフォース・ドットコムとAWSのイベント「What's Ahead for Developers, Admins, and Architects」(www.salesforce.com/WhatsAhead)にご登録ください。詳細については、SalesforceまたはAWSのアカウントマネージャーにお問い合わせいただくか、www.salesforce.com/aws または www.aws.amazon.com/featured-partners/salesforce/ をご覧ください。

アマゾン ウェブ サービスについて
アマゾン ウェブ サービス(AWS)は約15年にわたり、世界で最も包括的かつ幅広く採用されたクラウドサービスになっています。AWSは、コンピューティング、ストレージ、データベース、ネットワーキング、分析、機械学習および人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)、モバイル、セキュリティ、ハイブリッド、仮想現実(VR)および拡張現実(AR)、メディア、ならびにアプリケーション開発、展開および管理に関する200種類以上のフル機能のサービスを提供しています。AWSのサービスは、25のリージョンにある81のアベイラビリティーゾーン(AZ)でご利用いただけます。これに加え、オーストラリア、インド、インドネシア、イスラエル、スペイン、スイス、アラブ首長国連邦を含む7つのリージョンにおける21のAZの開設計画を発表しています。AWSのサービスは、アジリティを高めながら同時にコストを削減できるインフラエンジンとして、急速に成長しているスタートアップや大手企業、有数の政府機関を含む数百万以上のアクティブなお客様から信頼を獲得しています。AWSの詳細については以下のURLをご参照ください。https://aws.amazon.com/


セールスフォース・ドットコムについて
セールスフォース・ドットコムは、顧客関係管理(CRM)のグローバルリーダーであり、デジタル時代において企業と顧客を近づけるお手伝いをしています。 1999年に設立されたセールスフォース・ドットコムは、あらゆる規模と業界の企業がクラウド、モバイル、ソーシャル、IoT、人工知能、音声、ブロックチェーンなどの強力なテクノロジーを活用し、360度で顧客と繋がるためのツールを提供します。セールスフォース・ドットコム(NYSE:CRM)の詳細については、www.salesforce.comをご覧ください。

 本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に上場しており、ティッカーシンボル CRM で取引されています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社セールスフォース・ドットコム >
  3. 【抄訳】AWSとセールスフォース・ドットコム、開発者エクスペリエンスを統合し、新しいインテリジェントなアプリケーション立ち上げのためのパートナーシップを拡大