LPI-Japanが扱うKubernetes技術者認定の試験と学習教材の半額キャンペーンを7月6日より実施!

~ クラウド・DX時代のLinux技術者認定「LinuC(リナック)」との連携によりクラウドネイティブ技術者の育成支援を強化 ~

オープンテクノロジー技術者認定機関としてLinux技術者認定「LinuC(リナック)(注1)」などを実施する特定非営利活動法人エルピーアイジャパン(以下:LPI-Japan、東京都港区、理事長 鈴木 敦夫、https://lpi.or.jp)は、この度、The Linux Foundation(注2)の「Kubernetes and Cloud Native Associate (KCNA)」の試験(以下:KCNA試験)および日本語版e-Learning教材の販売を7月6日より開始し、日本でのクラウドネイティブ技術者の拡大と学習環境の整備を推進することを発表します。
 また、取扱い開始を記念して、2022年7月6日(水)~8月5日(金)の一か月間に限り、LPI-Japanが扱うKubernetes関連の各試験とe-Learning教材を全て「半額」にて販売します。

 多くの企業がDX(デジタルトランスフォーメーション)を進める中、コンテナ仮想化技術の導入が世界規模で拡大しています。国内においてもコンテナ仮想化技術は普及期に突入したと言われていますが、諸外国に比べるとクラウドネイティブ技術者の不足は否めません。
LPI-Japanは、“クラウド時代のOS”とも言われる「Kubernetes」(注3)について、2021年より「認定Kubernetes管理者(CKA-JP)」「認定Kubernetesアプリケーション開発者(CKAD-JP)」「認定Kubernetesセキュリティスペシャリスト(CKS-JP)」の3つの認定試験を提供してきましたが、日本でのクラウドネイティブ技術者の拡大と学習環境の整備をさらに強化するために、KCNA試験とそのe-Learning教材の販売を新たに開始します。
また、2022年7月6日(水)~8月5日(金)の一か月間に限り、LPI-Japanが扱うKubernetes関連の各試験とe-Learning教材を全て「半額」にて販売します。販売価格は販売ページ( https://k8s.stores.jp/ )をご覧ください。

KCNA試験は、Kubernetesと広範なクラウドネイティブエコシステムの基本知識があることを証明できる認定試験です。クラウドネイティブ技術とコンテナ オーケストレーションの世界に初めて触れる開発者および開発志望者、管理者、アーキテクト、マネージャーを対象としています。

・KCNA試験の概要/受験申込方法 https://lpi.or.jp/k8s/exam/ 
・KCNA学習教材の概要 https://lpi.or.jp/k8s/training/ 
・試験・e-Learning教材の半額でのご購入:https://k8s.stores.jp/

LPI-Japanは、IT技術者の本質的な技術力を育むための指針として「オープンテクノロジーのキャリアマップ」(図1)を策定しています。IT技術者のタイプごとに認定資格を定義しており、Kubernetesはクラウドネイティブ技術者にとって重要なスキルの一つとして位置づけています。
「LinuC」(リナック)の出題範囲にはクラウドネイティブ技術の仕組みを学ぶために必要な知識が含まれています。Kubernetesの技術を学ぶためには、「LinuC」(リナック)の出題範囲に含まれるLinuxシステムや、仮想化・コンテナ技術をはじめとしたクラウド技術を含めたコンピュータアーキテクチャについての理解が欠かせません。あらかじめクラウドネイティブ技術やそれを支える仕組みについても大まかに把握しておくことが望まれます。
今回提供が開始されるKCNA試験とe-Learning教材はこの部分を補う役割を果たすもの(図1の「KCNAのカバー範囲」)となります。
さらにCKA認定、CKAD認定、CKS認定(注4)を取得することにより、価値の高いクラウドネイティブ技術者となることが可能です。

図1)オープンテクノロジーのキャリアマップ


注1)LinuC(リナック)について
クラウド・DX時代に必須のLinux知識とスキルを持つ即戦力エンジニアであることを証明するLinux技術者認定試験です。企業で活躍する約45名のトップエンジニアの協力のもと開発されているため、システム開発や運用の現場で本当に役立つ知識が出題されています。また、大手ITベンダーをはじめとする多くの企業で人材育成の指針として標準採用されています。 
https://linuc.org/
LinuCはピアソンVUEより日本を含む全世界にて日本語、英語にて配信され、日本国内外のテストセンターに加えて、自宅・職場からのオンラインでの受験も可能です。ピアソンVUEの試験予約サイトは、下記をご覧ください。
https://www.pearsonvue.co.jp/Clients/Linuc.aspx 

注2)The Linux Foundationについて
2000年に創設されたThe Linux Foundationは、Linux創始者のLinus Torvaldsが所属する機関であり、Linuxカーネルの開発活動を保護・促進できる中立な団体として、資金援助、知的資源、インフラ、サービス、イベント、トレーニングなどを通じ、オープンソース コミュニティへの比類ない支援を提供しています。LPI-Japanは、同団体の初の【Authorized Certification Partner】として、共に認定を通じたクラウドネイティブ技術者の育成を推進しています。
https://www.linuxfoundation.jp/

注3)Kubernetesについて
Kubernetesはクラウドを含めた仮想空間におけるオペレーティングシステムのような機能を果たします。多くのパブリッククラウドがKubernetesのマネージドサービスを提供し、ベンダーのサービスと連携した使いやすい機能を提供しており、Kubernetesは業界のグローバルデファクトスタンダードとなっています。

注4)CKA認定、CKAD認定、CKS認定について
https://lpi.or.jp/k8s/exam/ をご参照ください。

【登録商標】
記載されている団体名・試験名の固有名詞およびロゴ等の知的所有権は各所有団体に帰属、もしくはLPI-Japanが利用許諾を受けた商標または登録商標です。

●報道関係者お問い合わせ先
LPI-Japan 事務局
TEL :03-6205-7025 / E-mail:press@lpi.or.jp

 ●本プレスリリースは下記からもご覧になれます。
https://lpi.or.jp/news/press/page/20220701_02/

======================
LPI-Japan について
======================
LPI-Japanは、日本での Linuxの技術力認定試験の普及とITプロフェッショナルの育成のため2000年7月に設立され、現在は対象を広げOSSのデータベースソフトウェア、クラウドソフトウェア、およびHTML5のプロフェッショナルのための認定試験を実施するNPO法人です。
LPI-Japanは、オープンテクノロジーの分野でITプロフェッショナルの技術力の認定制度を中立公正な立場で公平かつ厳正に運営することを通じて、ITプロフェッショナルの育成と活躍、さらにはオープンテクノロジーに関連するビジネスの促進に寄与する活動を展開しています。
●LPI-Japanの概要 ( https://lpi.or.jp
法人名: 特定非営利活動法人エルピーアイジャパン
所在地: 〒100-0011 東京都千代田区内幸町2-1-1 飯野ビルディング9階
連絡先: TEL:03-6205-7025、e-mail:info@lpi.or.jp
設 立:  2000年(平成12年)7月28日
ミッション: オープンテクノロジーの技術者認定試験の実施を通して、ITプロフェッショナルの育成と価値向上、活躍を支援し、社会に貢献すること
業務内容: ITプロフェッショナルの認定活動を通した技術者育成とOSS/HTML5等のオープンテクノロジーの普及・推進
理事長:鈴木 敦夫
理事:  菅沼 公夫      日本電気株式会社
中野 正彦      サイバートラスト株式会社
片桐 和宣      株式会社日立製作所
松下 文男      富士通株式会社
丸茂 晴晃     
監事:  寺本 振透      九州大学 大学院法学研究院教授

LPI-Japanプラチナスポンサー:
下記URLの「LPI-Japanプラチナスポンサー」は、LPI-Japanの活動に賛同・支援する企業です。
https://lpi.or.jp/sponsor/list/

LPI-Japanビジネスパートナー:
下記URLの「LPI-Japanビジネスパートナー」は、オープンテクノロジーの技術者認定を通じて  本質的技術者を育成し活躍の場を広げることでLinux/OSSなどオープンテクノロジーを活用した  ビジネスの拡大に積極的に貢献する取り組みをしている企業です。
https://lpi.or.jp/bp/list/

LPI-Japanアカデミック認定校:
下記URLの「LPI-Japanアカデミック認定校」は、LPI-Japanが独自に定めた学習環境基準をクリアし、認定試験の合格を目指す受験者に質の高い教育を提供できる研修機関/学校です。
LinuC: https://lpi.or.jp/school/list/
OSS-DB: https://oss-db.jp/learning#academic
HTML5: https://html5exam.jp/measures/learning.html

LPI-Japan認定教材(LATM):
下記URLの「LPI-Japan認定教材(LATM)」は、出題範囲に添って作成された教材として、LPI-Japanが認定した教材です。
https://lpi.or.jp/linuc1/book.shtml
https://lpi.or.jp/linuc2/book.shtml

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. LPI-Japan >
  3. LPI-Japanが扱うKubernetes技術者認定の試験と学習教材の半額キャンペーンを7月6日より実施!