akippaで「八景島シーパラダイスに一番近い駐車場」の予約を本日より開始!

駐車券不要のスムーズな入出庫体験も可能に

​駐車場予約アプリ「akippa」を運営するakippa株式会社(代表取締役社長 CEO:金谷元気)は、一般社団法人横浜港振興協会(会長:藤木幸夫)と提携し、「八景島シーパラダイスに一番近い駐車場」の予約を開始したことをお知らせします。
また今回の提携にて、akippaが5月に発表したIoTを活用したゲート式駐車場コントロールシステム「シェアゲート」(※1)を導入いたします。これによりユーザーは、キャッシュレス、チケットレスでのスムーズな入出庫体験が可能となります。
また、これまで30秒〜1分ほどはかかっていたゲート式駐車場での入出庫が、10秒ほどで可能(自社調べ)となるため、ユーザーの利便性向上のほか、入出庫にかかる時間を削減でき、土日祝日を中心に発生する周辺の駐車場待ち渋滞の緩和への貢献も見込めます。

提携概要
・予約受付開始日:
2018年6月29日(金)

・対象駐車場:
八景島C駐車場
神奈川県横浜市金沢区柴町361
(八景島シーパラダイスまで徒歩約5分)

・駐車可能台数:
平日 200台
土日祝日 100台
 

八景島C駐車場出入口ゲート八景島C駐車場出入口ゲート

シェアゲートを設置した発券機シェアゲートを設置した発券機


利用方法
テンキーを利用する場合(※2)
<予約時>
(1)akippaのアプリまたはWebサイトから「八景島C駐車場」を予約します。
(2)予約・決済完了時に暗証番号が発行されます。

<入庫時>
(3)ゲート前にて一旦停止し、精算機右下にある白いシェアゲート端末に、(2)で発行された暗証番号を入力するとゲートが開きます。駐車券の取得は不要です。
(4)敷地内の空いているスペースに駐車します。

<出庫時>
(5)(3)同様、ゲート前にてシェアゲート端末に(2)で発行された暗証番号を入力するとゲートが開きますのでそのまま出庫します。駐車券の出し入れや支払いは不要です。

利用イメージ動画はこちら▼

 

シェアゲートを利用した際の駐車イメージシェアゲートを利用した際の駐車イメージ


akippaは今後も提携などを行い、駐車場事業者の課題解決、ドライバーの利便性向上に取り組んでいきます。


※1. 「akippaとアート、IoT×シェアリングエコノミーのゲート式駐車場コントロールシステム「シェアゲート」を開発」リリースはこちら▼
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000119.000016205.html

※2. 2018年7月時点。Bluetooth機能は2018年内を目処に搭載予定。


■一般社団法人横浜港振興協会とは
横浜港に関する団体や企業等を会員として設立された、会員数約500社の一般社団法人です。八景島マリーナ、および周辺施設の管理運営も行なっています。
http://www.yokohamaport.org/

■akippaとは
契約されていない月極駐車場や個人宅の車庫・空き地・商業施設など空いているスペースに、15分単位でネット予約して駐車できるサービスです。誰でも簡単に駐車場をシェアできます。現在、予約駐車場サービス・駐車場シェアサービスで業界1位となる、駐車場拠点数を確保しています。
https://www.akippa.com/

【本プレスリリースのお問い合わせはこちら】
akippa株式会社 広報グループ(担当:石川、森村)
東京オフィス:〒101-0044 東京都千代田区鍛冶町2-5-5 神田駅前SKビル7階
大阪オフィス:〒550-0005 大阪府大阪市西区西本町1-2-1 AXIS本町ビル9階
Tel:03-6450-6090
Email: pr@akippa.co.jp
URL: http://akippa.co.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. akippa株式会社 >
  3. akippaで「八景島シーパラダイスに一番近い駐車場」の予約を本日より開始!