特許庁知財インテリジェンスサービスにおいて開放中の ㈱AI Samuraiの特許類似文献評価システム無料版『IP Samurai』。利用者数が1500人を突破!!

2020年6月3日~7月3日までの1ヶ月の間に、新規にご登録された方の中から抽選で10名様にAI Samurai DELTAの1ヶ月無料利用券をプレゼント!!

AI特許類似文献評価システム『AI Samurai®』を開発・販売する株式会社AI Samurai(エーアイサムライ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長CEO 白坂一)は、特許庁ウェブサイト「知財インテリジェンスサービス」において、2018年7月よりAI Samurai®の無料版『IP Samurai』を開放し皆さまにご利用頂いてまいりました。そしてこの度、IP Samuraiの利用者数が1500人を突破しましたのでご報告致します。
2018年7月より特許庁ウェブサイトでAI Samurai無料版『IP Samurai』を開放してから、利用者数が1500人を突破しました。これも皆さまが特許関連業務に費やす時間とコスト削減に対し問題意識を持ち、同システムへ期待を寄せて下さっている結果だと思います。ご登録頂いている皆様に心よりお礼申し上げます。

つきましては、もっと多くの方にご利用頂くためのキャンペーンとして、6月3日~7月3日までの1ヶ月間に新規にIP Samuraiをご登録された方の中から、抽選で10名様にAI Samurai DELTAの1ヶ月無料利用券をプレゼントいたします。 

IP Samuraiの新規登録は、下記特許庁のリンクからお申し込みください。
URL:https://www.jpo.go.jp/support/general/ip-intelligence/intro-10.html


AI Samurai無料版『IP Samurai』について
IP Samuraiでは、発明内容を入力するだけで、先行技術調査、クリアランス調査、無効資料調査をAIが自動的に行います。これにより、研究者や知財部門が数週間の期間を要していた調査の時間をわずか数分で行うことができます。
※但し、無料版では、日本特許庁の2014年4月~2019年2月の特許公報を検索対象としており、全ての日本特許庁のデータを母集団とはしておりません。また、類似文献の根拠、類似文献の公報番号は無料版では不記載となっています。


AI Samurai®について
自粛制限によって業務に支障が出るのは、対面営業を行う方たちだけではありません。企業の新しい発明を担っている研究開発部門の方々も、テレワークではスムーズに業務遂行できないと感じたことはありませんか。
AI Samuraiは世界で初となる、「AIを利用した特許類似文献評価システム『AI Samurai®』」の開発及び販売を行っています。AI Samurai®は、創出したアイデアや発明に対して、AIがその発明についてどのような公知例が存在するか、またその発明の特許取得可能性を判定するシステムです。

2020年6月1日より、⽇・⽶・中3カ国対応版『AI Samurai DELTA』遂に登場!!
<AI Samurai DELTAの魅力>
1.中国特許検索であっても、発明内容を日本語で入力するだけでOK。
自動的に翻訳されるため、日本特許検索と同じ感覚で中国特許検索も操作可能です。
初めて操作する方でも直観的に操作できる、分かり易いユーザーインターフェースを導入しています。入力は日本語や英語等の各国言語に対応しているので、「発明内容」をそのまま入力するだけで中国特許を対象とした発明内容の評価から類似文献の抽出まで自動的に処理を実行。日本特許や米国特許等、各国特許の中国特許による無効資料調査も簡単に実施することができます。

2.中国特許検索であっても、構成要件毎に各文献の該当箇所を日本語で表示。
同一画面上で各構成要件vs.各文献の該当段落の表記を日本語で確認可能です。
従来のAI Samurai®同様、「発明内容」を構成要件ごとに分割し、自動的にクレームチャートを生成します。さらに構成要件ごとに、各類似文献の中から類似度の最も高い箇所を段落単位で提示。段落の表示は日本語での表示も出来るので、クレームチャートを確認しながら、各構成要件と各文献の該当段落の表記を日本語で比較確認することが可能です。

『AI Samurai DELTA』の発売を記念して6月17日(水)に特別セミナーを開催!
特別セミナーでは、⽇本・⽶国・中国3カ国の特許調査を短時間で⾼品質に実現する『AI Samurai DELTA』をご紹介するとともに、基調講演として、元知的財産高等裁判所長である清水 節 弁護士より、知財裁判の全体像や和解の進め方なども含め『知財訴訟の進め方』についてご講演をいただきます。
さらに、IPランドスケープ(intellectual property landscape)先駆者のお一人である株式会社シクロ・ハイジア代表取締役CEO小林誠氏をお招きし、IPランドスケープを活用した事業価値のデザインと評価に関する最新動向や、テクノロジーの進化についてお話しいただきます。
なお、セミナーにご参加頂き、アンケートにご協力頂いた方の中から100名様に期間限定でAI Samurai®を無料で利用できるパス(ID)をご提供させて頂く予定です!質疑応答のお時間もご用意しておりますので、奮ってご参加ください。

― セミナー概要 ―
日時:   2020年6月17日(水)/13:00 〜 15:00(延⻑の可能性あり)
開催:  YouTubeの限定公開でのオンライン形式にします。
         (YouTubeの限定公開URLは申し込み頂いた方に別途、お知らせします。)
対象:   企業開発ご担当者、知財ご担当者、経営戦略ご担当者
加費:   無料(100人程度を予定しています。)
※上記情報は変更させて頂く場合もございます。最新情報は弊社HPで必ずご確認ください。
※配信環境の都合などにより当日配信できない場合は翌18日に限定公開させていただきます。

【申し込み方法】
申し込みフォーム:https://forms.gle/uzHRYXM9tfkhXChx9
申込期日:2020年6月16日(火)15時まで
※登録者数の関係上、満席になった場合は抽選の形式にさせていただきますことをご容赦ください。




株式会社AI Samurai
代表取締役社長:白坂 一
会社設立:2015年9月11日
所在地:東京都千代田区大手町1‐6‐1大手町ビル4階
資本金:4億9,978万円(2019年8月31日現在)
事業内容:知的財産関連IT・分析サービスの提供
URL:https://aisamurai.co.jp/

本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社AI Samurai
担当者:宮浦 智章
TEL:03-6270-5577
e-mail:info@aisamurai.co.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社AI Samurai >
  3. 特許庁知財インテリジェンスサービスにおいて開放中の ㈱AI Samuraiの特許類似文献評価システム無料版『IP Samurai』。利用者数が1500人を突破!!