マニュライフ生命、「2018年HDI格付けベンチマーク」においてコールセンターの応対品質で最高評価の三つ星を3年連続で獲得

・コールセンターの応対品質では3年連続の三つ星評価 ・保険代理店を通じたお客さまへのアフターサービスでは初の三つ星獲得

マニュライフ生命保険株式会社(取締役代表執行役社長兼CEO:吉住公一郎、本社:東京都新宿区、 以下「マニュライフ生命」)は、このほど、サポートサービス業界で世界最大のメンバーシップ団体HDIの日本拠点であるHDI-Japanが主催する「2018年HDI格付けベンチマーク」生命保険業界で、コールセンターの応対品質および保険代理店を通じたお客さまへのアフターサービスについて、最高評価の三つ星を獲得しました。
コールセンターのお客さまへの応対品質では2016年から3年連続での三つ星獲得、保険代理店を通じたお客さまへのアフターサービスにおいては初の三つ星獲得となりました。

HDI-Japanでは、企業のサポートサービスについて、格付け専門審査員が顧客の視点から、サービス体制、コミュニケーション、対応スキルなどの評価項目をHDI国際サポート標準に基づいて、「三つ星」「二つ星」「一つ星」「星なし」の4段階で格付けしています。マニュライフ生命は、企業のアフターサービスを評価する「モニタリング格付け」という部門で格付けを取得しています。三つ星獲得にあたっては、以下の点が評価されており、いずれの格付け対象に関しても特に礼儀正しく前向きな姿勢でお客さま対応ができている点が評価されました。

<コールセンター の応対品質>
・   礼儀正しく前向きな姿勢を感じられる。
・    話すトーンやスピードを個々のお客さまに合わせている。
・    スキルが高く、必要に応じた寄り添いを示しながらお客さまの質問やニーズに対し迅速に答えられている。

<保険代理店を通じたお客さまへのアフターサービス>
・    素早く反応し、協力的な姿勢が伝わる。礼儀正しく前向きに対応している。
・    話すトーンやスピードを個々のお客さまに合わせている。
・    スキルに裏付けされた、簡潔でわかりやすい説明で非常にスムーズに対応している。

マニュライフ生命は、今後もお客さまから信頼され、お客さまに寄り添ったサービスをお届けし、卓越した顧客体験を提供してまいります。

マニュライフ生命について

マニュライフ生命は、130年の歴史を持ち、カナダを本拠とする大手金融サービスグループ、マニュライフ・ファイナンシャル・コーポレーション(マニュライフ)のグループ企業です。プランライト・アドバイザー(自社営業職員)、金融機関、代理店の3つの販売チャネルを通じて、法人ならびに個人のお客さまへ、先進的な商品と質の高いサービスを提供しています。詳細はホームページ(www.manulife.co.jp)をご覧ください。自分らしい、これからの生き方「Life 2.0」を応援する、

マニュライフ生命公式フェイスブックページ「Life 2.0ガイド by マニュライフ生命」(https://www.facebook.com/Life2.0.ManulifeJapan)、Twitter(https://twitter.com/ManulifeJapan)でも情報発信しています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. マニュライフ生命保険株式会社 >
  3. マニュライフ生命、「2018年HDI格付けベンチマーク」においてコールセンターの応対品質で最高評価の三つ星を3年連続で獲得