貴塾に合う教材がわかる!「学習塾向け デジタル教材カタログ 2021」をEdTechZineで無償提供中

株式会社翔泳社(本社:東京都新宿区舟町5、代表取締役社長:佐々木幹夫)が運営する教育ICTのWebメディアEdTechZineは、「学習塾向け デジタル教材カタログ 2021」を9月16日より無償で提供開始しました。
 

学習塾向け デジタル教材カタログ 2021学習塾向け デジタル教材カタログ 2021


教育者の役割が「ティーチング」から「コーチング」へと変わりつつある中、自学自習する自立学習型の学習塾も増加しています。

そこで重要となるのが、生徒が学ぶための「デジタル教材」です。本カタログでは塾の運営者・講師の方々に向けて、14社の教材の特徴を比較しやすい表にまとめ、教材導入時の検討材料となる情報(対象学年や対応教科、各機能の有無など)をご提供します。
 

また巻頭インタビューでは、教育機関向け学習管理プラットフォーム「Studyplus for School」を提供する、スタディプラス株式会社 取締役COOの宮坂直氏に、デジタル教材の選定や、活用時のポイントについて解説していただきました。「Studyplus for School」は学習ログを自動で記録できるなど、複数のデジタル教材と連携しており、宮坂氏は導入塾での活用状況についても精通しておられます。

掲載しているデータは、各教材の提供企業から寄せられたアンケート結果をもとに、EdTechZine編集部が取りまとめました。アンケートの監修は宮坂氏が行っています。

学習塾を運営されており、デジタル教材の導入を検討されている方や選定中の方におすすめのカタログです。ぜひダウンロードしてご覧ください! ダウンロードにはEdTechZineのメールマガジン会員(無料)への登録が必要です。
 
▼ダウンロードはこちらから
https://edtechzine.jp/article/detail/6293
 

■EdTechZineとは
「ICTで学びの可能性をひろげよう」
「EdTechZine(エドテックジン)」は、テクノロジーを活用して「教育」や「学習」をアップデートしたいと考える皆さまに最新情報をお届けする、翔泳社が運営する教育ICT(EdTech)のオンラインメディアです。
これからの時代を生きるために、従来型の基礎力に加え、「自ら課題を見つけ出し、解決する力」や「ともに学び、ともに作り上げていく力」などが求められつつあります。それらを身に付けるには、テクノロジーを活用した学びが有効とされており、実際に教育現場も変わりつつあります。
EdTechZineでは、そのような新しい学びのサポートや実践を行っている先生や企業、関係者の方々の知見を共有することで、現場で活用できるヒントをお届けします。
https://edtechzine.jp/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 翔泳社 >
  3. 貴塾に合う教材がわかる!「学習塾向け デジタル教材カタログ 2021」をEdTechZineで無償提供中