テスティー、若年層男女3,396名対象「電子マネー」に関する調査を実施

〜2017年からの電子マネー普及率推移やキャッシュレス化に関する意識調査結果を公開〜

株式会社テスティー(本社:東京都中央区、代表取締役:横江優希)は、若年層を対象に調査した結果を発信する「TesTee Lab」において、10〜20代の男女3,396名(10代男性851名、10代女性845名、20代男性836名、20代女性864名)を対象に電子マネーに関する調査を実施しました。また、6月に行った調査記事のホワイトペーパー公開および無料ダウンロードサービスをお知らせいたします。

1.電子マネー」に関する調査記事について
記事URL: https://lab.testee.co/electronic-money-2019

<TOPICS>
電子マネーの所持率は10代、20代ともに増加。一方、直近1ヶ月の支払い9割が現金を利用
■若年層の7割が電子マネーの普及に期待。不安感も払拭傾向にあることが判明

<調査概要>
電子マネーの所持率は10代、20代ともに増加。一方、直近1ヶ月の支払いは9割が現金を利用
まず、10〜20代の男女3,396名を対象に直近1ヶ月以内に利用した支払い方法について調査しました。その結果、「現金」が最も多く10代、20代ともに9割が現金支払いを利用していることがわかりました。次いで「電子マネー」では10代で38.4%、20代で45.3%となりました。
キャッシュレス化の推進で注目されている「スマートフォン決済」は10代で11.5%、20代で18.2%となりました。また、20代では約5割が「クレジットカード」を支払いに利用していることが判明しました。
続いて、電子マネーの所持率を調査しました。10代では65.2%、20代では73.5%が電子マネーを所持していると回答しました。
2018年、2017年(*1)の所持率に比べ、電子マネーの所持率は上がっている事がわかります。
さらに、「電子マネーを利用している」と回答した人を対象に、利用している電子マネーの種類を尋ねたところ「交通系(電子マネー)」と回答した人が最も多く、10代で73.7%、20代で68.0%となりました。また、10代では「nanaco」が24.9%、20代では「WAON」が34.0%で続きました。

2017年電子マネー調査:https://lab.testee.co/electronic-money-teens
2018年電子マネー調査:https://lab.testee.co/electronic-money-2018

若年層の7割が電子マネーの普及に期待。不安感も払拭傾向にあることが判明
全員を対象に、「今後、電子マネーがさらに普及してほしいと思うか」を尋ねたところ「普及してほしいと思う」と回答した人は10代で78.5%、20代で75.2%となりました。電子マネーの普及に対しての期待は年々高くなっていることが伺えます。
続いて、「電子マネー利用について不安があるか」について尋ねました。10代では42.8%、20代では42.6%が「電子マネー利用について不安がある」と回答し、以前の調査と比較すると割合が下がっていることがわかりました。「不安がある」と回答した人にその理由を尋ねたところ
・現金と違って残高が分かりづらく、思わず使い過ぎてしまうこともあるから(15歳男性)
・ハッキングや盗難、情報流出などによって電子マネーを使用されてしまうこと(26歳女性)
・停電などもしもの時に使えなさそう(27歳男性)
お金を使っている感覚が薄く使いすぎてしまうといった意見や、情報流出や盗難時の他人の悪用、電力供給がなくなったもしもの際に使用できないことを懸念する意見などが挙がりました。

 本調査結果のさらなる詳細は、若年層リサーチによる自主調査メディア「TesTee Lab(テスティーラボ)」にて公開しています。ぜひ、ご覧ください。
◆調査記事URL:https://lab.testee.co/electronic-money-2019

2.各調査記事のホワイトペーパー公開および無料ダウンロードサービス提供開始

TesTee Labにて掲載する調査記事のホワイトペーパーを無料でダウンロードいただけるようになりました。画像や集計データを入手いただけますので、営業用資料やIR資料、プレスリリース等にご活用いただければと考えております。

36月公開の調査記事一覧
【ソシャゲに関する調査】:https://lab.testee.co/social-game
【貯金・資産運用に関する調査】:https://lab.testee.co/asset-management
【暗号資産に関する調査】:https://lab.testee.co/crypto-asset

※本調査内容を転載・ご利用いただく場合は、弊社サービスのクレジット「TesTee(テスティー)調べ:https://www.testee.co/」の表記をお願いします。

【会社概要】
 テスティーは、運営するスマートフォンアンケートアプリにて豊富なスマホユーザーを抱えている点ならびに、チャットツールを活用したスマートフォンに最適化したアンケート調査を実施できる点を強みにリサーチ事業を展開しています。テスティーでは、年々拡大するネットリサーチ市場において掲げられている「若年層不足」や「スマートフォン対応への遅れ」といった業界課題の解決に向けて、自社の強みを活かしたネットリサーチ市場のさらなる拡大に挑戦してまいります。
■会社名 :株式会社テスティー
■所在地 :東京都中央区日本橋蛎殻町1-2-1 リーラック第一ビル 7F
■設立  :2014年5月
■代表者 :代表取締役 横江優希
■事業内容:スマートフォンアンケートアプリ「Powl(ポール)」の開発・運営
      チャットツール「Fast Sonar(ファストソナー)」の開発・提供
      「テスティーリサーチ」の運営 若年層調査:https://www.testee.co/research/
                     アプリ調査:https://www.testee.co/app-research/

※TesTeeは株式会社テスティーの登録商標です。 
※その他すべての商標は各々の所有者の商標または登録商標です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社テスティー >
  3. テスティー、若年層男女3,396名対象「電子マネー」に関する調査を実施