ウォンテッドリー、新たな年の仕事始めに合わせて『ビジネス界の遺物展』を開催 従来の形式に縛られた名刺・履歴書・職務経歴書の在り方を問いオンラインプロフィールが作る“自分の魅力が自由に伝わる未来”を提案

全国のビジネスパーソンに調査を実施、「交換した名刺の7割が無駄に」「履歴書・職歴書では採用活動で重要なポイントを見いだせていない」など、従来型のツールへの課題意識が浮き彫りに

​ビジネスSNS「Wantedly」を運営するウォンテッドリー株式会社は、新年の仕事始めが目前となる2021年1月4日(月)より、従来の形式に縛られた名刺・履歴書・職務経歴書の在り方を問う「ビジネス界の遺物展」を新宿と六本木にて開催します。Wantedlyの新プロフィール公開と共に始動したプロジェクト「#つながり方改革」の元、ビジネスパーソン同士の「つながり方」をアップデートさせていきます。

 
  • 「交換した名刺の7割が無駄に」「履歴書・職歴書では採用活動で重要なポイントを見いだせていない」など働き手からは様々な声が
ウォンテッドリーでは20代~40代のビジネスパーソンを対象に「名刺や履歴書、職務経歴書を活用したビジネスコミュニケ-ションに関する調査」を実施。結果から、約6割が名刺交換相手のことを思い出せず困ったことがある、名刺交換相手のうち約7割の方とは交流がなくなっており、約9割が履歴書・職務経歴書では伝わりづらいものが多いと感じているということが明らかに。これまで当たり前に行われていた名刺交換や、履歴書、職務経歴書を使った採用活動に対して、つながりが持続できていない、本来の自分の魅力を伝えきれない、という課題を多くのビジネスパーソンが感じていることが判明しました。

<調査サマリー>(詳細はリリース末尾に記載)
・名刺交換をしてしばらくした後、58%の方が相手の顔や特徴を思い出せなくて困った経験がある。
・名刺交換をした人のうち73%の人とは継続した交流がなくなっている。
・58%の人が対面前に相手の仕事内容や実績が把握できれば仕事がうまく回ると思うと回答。営業職の人は73%が同様に回答
・履歴書や職務経歴書では重要なポイントを見いだせない、という課題意識は採用担当者よりも転職経験者がより強く感じている。(具体的には「仕事への思い」「積極性」「コミュニケーションスキル」など)
・転職活動者の90%以上が履歴書や職務経歴書では伝わりづらいものが多いと感じながらも、別途自己表現できる資料を作らずに転職活動を行っている。 
 
  • 従来の形式に縛られた名刺・履歴書・職務経歴書の在り方を問い“自分の魅力が自由に伝わる未来”を提案する「ビジネス界の遺物展」を新宿と六本木に期間限定で開催
2021年の仕事始めを目前に控えた1月4日から新宿の東京メトロ丸ノ内線新宿駅 プロムナードと六本木の東京メトロ六本木駅 日比谷線に「ビジネス界の遺物展」を開催します。ビジネス上のつながり方をアップデートさせるプロジェクト「#つながり方改革」を始動したウォンテッドリーとして、激変する社会において依然として従来の形式で使われ続けている名刺、履歴書、職務経歴書というツールの有用性について今一度考えるきっかけを作りたい。さらにWantedlyの新プロフィールがビジネスポートフォリオとして従来型のツールを代替することで個々人の魅力が自由に伝わる世界を作っていきたいという決意が込められています。

■ 「ビジネス界の遺物展」のご紹介

 


■「ビジネス界の遺物展」作品説明パネルのご紹介


■「ビジネス界の遺物展」概要
掲出場所:東京メトロ丸ノ内線新宿駅 メトロプロムナード、東京メトロ日比谷線六本木駅
掲出期間:2020年1月4日(月)~1月10日(日)予定
※本広告に関して駅係員への問い合わせはご遠慮ください。
 
  • 島田彩さんがゲストの半生を聞き、”転機”に迫るトークイベント「ぼくらの転機」が大盛況!第2回以降のゲストが決定
昨年12月より開催し、大きな反響をいただいているオンライントークイベント「ぼくらの転機 ココロオドル仕事との出会い方」の次回ゲストが決定。2021年1月12日(火)開催の第2回はファッションデザイナーで実業家のハヤカワ五味さん、1月19日(火)開催の第3回は独立研究者、著作家、パブリックスピーカーの山口周さん、1月26日(火)開催の第4回には新R25編集長の渡辺将基さんをお招きします。聞き手役には、エッセイなどの作家活動を行う島田彩さんを引き続きお迎えし、キャリアにおける喜怒哀楽を象徴する出来事や転機、人生を変えた出会いと言葉、などについてお話を伺います。

■「ぼくらの転機 ココロオドル仕事との出会い方」開催概要
開催日時:2020年1月12日(火)19:00~20:00
申込みURL:https://forms.gle/u28RZxbz37fECnrN9
ゲスト:ファッションデザイナー 実業家 ハヤカワ五味さん
聞き手:島田彩さん
イベント詳細:https://www.wantedly.com/companies/wantedly/post_articles/299496

■第1回イベントのアーカイブ動画を公開、ゲストはホテルプロデューサーの龍崎翔子さん
URL:https://youtu.be/fGrZAN8RzZQ
 
  • フォトグラファーがあなたの魅力を伝えるプロフィール写真を撮影する「ウォンテッドリー写真館」を1月30日(土)に開催
ウォンテッドリーは、プロフィール作りを後押しするべく、一日限りのイベント「ウォンテッドリー写真館」を1月30日(土)に開催します。本イベントでは、第一線で活躍している俳優、クリエイターのポートレートを撮影しているフォトグラファーの玉村敬太さんがその人の魅力を最大限に引き出すプロフィール写真を撮影しプレゼントいたします。


■「ウォンテッドリー写真館」開催・募集概要
・開催日時:2020年1月30日(土)14:00~17:00
・開催場所:都内スタジオ(当選者へご案内いたします)
・申し込み方法:Wantedly公式Twitter(@wantedly)アカウントをフォローし、「2021年こそはやってみたいこと」を添えて該当する投稿をRT
(申込みいただいた方の中から厳正なる選考により限定10名の方をご招待します)
・申し込み期間:2021年1月4日(月)~1月11日(月)23:59
・カメラマン:photographer  玉村敬太氏
1988年生まれ、日本大学芸術学部写真学科卒業後、photographer鈴木陽介(Erz)に師事。2017年に独立し、玉村敬太写真事務所を設立。タレント・アーティストの撮影や企業ポートレートから商品撮影やフォトブランディングまで幅広く活動中。(http://tamamuraketa.jp/
※本イベントでは、アルコール消毒やスタッフの検温、マスクの着用、時間や間隔をあけての撮影などウイルス感染症への対策を徹底して実施いたします。

ウォンテッドリーは、潜在転職者への認知形成、共感を軸とした人と企業の出会いの創出を提供しながら、入社後の従業員の定着、活躍を支援するエンゲージメント事業を推進しております。新たなWantedlyのプロフィールと「#つながり方改革」プロジェクトを通じて、ビジネスパーソンがオンライン上で互いのことをより深く知り、つながりを深め、スムーズなコミュニケーションや新たなコラボレーションを創出することで、Wantedlyが「はたらくすべての人のインフラ」となる世界の実現を加速させてまいります。
 
  • ウォンテッドリーについて
ウォンテッドリーは、『シゴトでココロオドルひとをふやす』ために、はたらくすべての人が共感を通じて「であい」「つながり」「つながりを深める」ためのビジネスSNS「Wantedly」を提供しています。2012年2月のサービス公式リリースから現在まで、登録会社数36,000社、個人ユーザー数270万人を突破し、国境を越えて『はたらくすべての人のインフラ』を創っていきます。

<会社概要>
会社名         : ウォンテッドリー株式会社
URL             : https://www.wantedly.com
本社所在地      : 東京都港区白金台5-12-7 MG白金台ビル4F
代表取締役      : 仲 暁子                                     
設立         : 2010年9月
事業概要        :  
270万人以上が利用するビジネスSNS「Wantedly」
- 会社訪問アプリ「Wantedly Visit」
- つながり管理アプリ「Wantedly People」
ビジネス向け
 - 採用マーケティング
 - エンゲージメントSuite

 
  • <参考>調査データ
・調査:名刺や履歴書、職務経歴書を活用したビジネスコミュニケ-ションに関する調査
・調査方法:インターネット調査
・対象:20~40代のビジネスパーソン600名
・実施期間:2020年12月5日(土)〜12月6日(日)
 

 

  1. プレスリリース >
  2. ウォンテッドリー >
  3. ウォンテッドリー、新たな年の仕事始めに合わせて『ビジネス界の遺物展』を開催 従来の形式に縛られた名刺・履歴書・職務経歴書の在り方を問いオンラインプロフィールが作る“自分の魅力が自由に伝わる未来”を提案