プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

アルサーガパートナーズ株式会社
会社概要

一般社団法人Generative AI Japan 理事にアルサーガパートナーズ 小俣泰明が就任

〜代表理事には慶應義塾大学医学部教授の宮田裕章氏が就任。AIを駆使した新たな価値創造を〜

アルサーガパートナーズ株式会社

 2024年1月17日、生成AI活用とAI技術の社会実装推進を目指す一般社団法人Generative AI Japan(代表理事:宮田裕章慶応義塾大学教授)が設立されました。

 企業や自治体のDXを促進するアルサーガパートナーズ株式会社(本社:東京都渋谷区)は、代表取締役/CEO・CTOである小俣泰明が一般社団法人Generavite AI Japanの理事に就任したことをお知らせいたします。弊社で取り組んできた生成AI研究と実装の知見と実績を活かし、一般社団法人においても生成AIによる多様な価値創造と発展に寄与して参ります。

◾️一般社団法人 Generative AI Japanについて

 生成AI元年と称される2023年、日本でも多くの企業が生成AIの活用を推進してきました。一方で、生成AIの利活用は、社会実装において価値創造とともに、高い公正性や安全性の構築が必要とされています。

 現在、国の規制やガイドライン整備が進められているものの、実態にそぐわない規制導入や、AIサービス利用時のリスクが高止まりする可能性があり、このような課題を解決するためには、民間企業や利用者の視点からの議論の場や、政策提言やルールメイキングにつなげる仕組みが必要です。そこで、株式会社ベネッセコーポレーションと、ウルシステムズ株式会社が発起人となり、慶応大学教授の宮田 裕章氏を代表理事とする「一般社団法人Generative AI Japan」を設立します。

 この団体は、AIの利活用に関わる企業や有識者が参画し、日本における生成AIの利活用の在り方を議論し、利用者実態に沿ったユースケースから業界標準を確立、ベストプラクティスの普及を図ります。また、ガイドラインの整備や政策提言も重要な活動の一環として行っていく予定です。この団体の設立により、理事や会員と共に安全で公正、そして生産性を高める生成AIの社会実装を目指してまいります。

団体名称:一般社団法人 Generative AI Japan

設立日:2024年1月9日

代表理事:宮田 裕章(慶應義塾大学医学部 教授)

活動計画:

研究会やイベントを通し事例収集と知見化を進めながら、産学連携で下記の5つの活動計画を軸に、生成AIの活用促進と社会提言を行います。


◾️先端技術の共有と連携

・変化の速い「生成AI」の先端技術の活用方法づくりと各業界への展開を検討

・Google Cloud・Microsoft・AWS・Oracleなどに代表するクラウドベンダーからの最新情報の共有、利用者視点での生成AIのユースケース事例や方法論についての情報提供

◾️ビジネスユースケースの共有と実装支援

・生成AIのビジネスユースケースの共有と、新たなケースにおける実装方法の検討・支援

・Recursive、アルサーガパートナーズなど、生成AIの技術実装を行っているベンダーの事例を提供

◾️ Labを起点にした共創・協業

・産学官連携での共創事例を創出

・東西にLabを設置…Tech Accelaration Program(Google Cloud六本木オフィス)・DeloitteTohmatsu InnovationPark(東京・丸の内)Microsoft AI Co-Innovation Lab(兵庫・神戸市)

◾️教育・学び

・ベースとなる生成AIリテラシー育成(プロンプト)と、高度エンジニア育成の拡大

・企業における教育プログラムの検討・開発・提供


◾️生成AI活用のルール作り・提言

・倫理的側面からの議論の実施、セキュリティ対策や危機管理におけるガイドラインづくり

・国や公共機関との情報交換と提言

本団体の現在の理事体制については、本プレスリリース下部に記載しています。

◾️新理事、小俣泰明のメッセージ

アルサーガパートナーズ株式会社 代表取締役社長 CEO/CTO 小俣泰明

この度は、錚々たる理事の皆様に名を連ねることができたことを大変光栄に感じております。

2023年はAI技術が著しく進化した年となりました。弊社でもいち早く生成AIの研究開発チームを発足し、独自に開発した言語系生成AIソリューション「ARSAGA INSIGHT ENGINE」*1や動画生成AIソリューション「ARSAGA VIDEO CREATE」*2を世に送り出しています。

画像・動画生成AIの領域では、日本はまだまだ発展途上です。主要言語の多くは英語であり、生成される内容もアメリカンコミックのようなテイストが主流です。しかし、日本には独自の表現やアニメ調、言葉遣いなど、特有の文化があります。世界から注目されている日本のアニメなど、日本特有の文化を活かした画像・動画生成AIサービス開発、研究にも力を入れながら、DX推進企業として邁進致します。

今後は一般社団法人Generavite AI Japanの研究会やイベントを通じて、弊社の生成AI研究開発チームのデータや知見、私自身がエンジニアとして持つノウハウも活用し、生成AIの価値創造の一翼を担えるよう努めてまいります。

*1 法人/行政向けGPTソリューション「ARSAGA INSIGHT ENGINE」について

無料SaaS版:https://www.arsaga.jp/arsaga-insight-engine-saas/

エンタープライズ版:https://www.arsaga.jp/arsaga-insight-engine-enterprise/

*2 動画生成AIソリューション「ARSAGA VIDEO CREATE」について

https://www.arsaga.jp/news/ai-arsaga-video-create-press-release-20231214/

<プロフィール>

2009年 クルーズ株式会社(ソーシャルゲーム開発において業界トップクラスであり、東証JASDAQ上場)に参画、同年6月に取締役に就任。

2010年 同社技術統括担当執行役員に就任。CTOとして大規模WEBサービスの開発に携わる。

2012年 クルーズ社を退任し、ITベンチャー企業を創業。代表として3年で180名規模の会社にする。

2016年 アルサーガパートナーズ株式会社を設立。

      同年、株式会社エボラブルアジア社外取締役に就任。


◾代表理事 宮田裕章氏よりコメント

「生成AIの登場は、私たちの世界に大きな変化をもたらし、ビジネスや学び、働き方自体にもインターネットの登場に匹敵するほど大きな影響を与えると予測されています。大量消費・大量生産を主流とする時代では、個々の役割と知識習得型の修練が重要視されてきましたがインターネットの登場により、私たちの生きる能力は『習得から検索のセンスへ』と大きく変化を遂げました。そして、今度は生成AIの登場により『価値ある問いを立て、前進すること』が重要とされる社会が訪れるでしょう。

 この一年、生成AIの活用が急速に進んでいますが、この技術をスタンダードにするためには、倫理やプライバシーの課題に真摯に向き合い、日々革新を続ける技術と共に私たちも変わり続ける必要があります。そして、未来を生きる子供たちがこの技術とどう向き合っていくべきかについても議論が必要です。

 本協会は、有識者や先端企業の専門家が集まり、未来の社会に問いを立てながら、安全に生成AIの活用を推進し、企業活動においてイノベーションを実現するための一翼を担っていきます。協会の活動を通して、日本社会全体の発展に貢献することを目指していきます。」


◾️一般社団法人 Generative AI Japan 現在の理事体制

代表理事:

宮田裕章(慶應義塾大学医学部 教授)

理事(順不同):

漆原茂(ウルシステムズ株式会社 代表取締役会長)

大谷健(日本マイクロソフト株式会社 クラウド&AIソリューション事業本部 データプラットフォーム統括本部 業務執行役員 統括本部長)

小俣泰明(アルサーガパートナーズ 株式会社 代表取締役社長)

國吉啓介(株式会社ベネッセコーポレーション データソリューション部 部長)

佐藤昌宏(デジタルハリウッド大学 教授・学長補佐 株式会社グローナビ 代表取締役)

白井恵里(株式会社メンバーズ 執行役員)

鈴木寛(東京大学公共政策大学院 教授 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 教授)

瀧澤与一(アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社執行役員 パブリックセクター 技術統括本部長)

則武譲二(株式会社 ベイカレントコンサルティング 常務執行役員)

馬渕邦美(株式会社松尾研究所 パートナー)

山田勝俊(株式会社Recursive Co-Founder 取締COO)

監事:

原田将充(税理士法人原田税務会計事務所 公認会計士・税理士・行政書士・社会保険労務士)

■アルサーガパートナーズ株式会社 について

アルサーガパートナーズは、「人をつくる、だからモノをつくれる」をビジョンに掲げ、日本全国のDX事業の成功をミッションとするワンストップ型のDXコンサルティング・開発パートナーです。自社内にコンサルティング・企画・デザイン・IT開発・保守運用まで、I現しています。「最高品質を最速で」をスローガンに、お客さまに寄り添うことでビジネスの成功をより確実なものへと導きます。

本社    :東京都渋谷区道玄坂一丁目12番1号 渋谷マークシティウエスト15階

熊本スタジオ:熊本県熊本市南区江越2丁目24-1

福岡支社  :福岡県福岡市中央区天神一丁目10番20号 天神ビジネスセンター7階

代表者   :代表取締役社長 CEO/CTO 小俣泰明

設立日   :2016年1月

資本金   :6億7,000万円(資本準備金含む、2022年7月現在)

従業員数  :414名(SES含む、2023年12月末時点)

事業内容  :ワンストップ・DXソリューションパートナー事業

Web       :https://www.arsaga.jp


このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
経営情報
位置情報
東京都渋谷区本社・支社福岡県福岡市本社・支社熊本県熊本市本社・支社
関連リンク
https://www.arsaga.jp
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

アルサーガパートナーズ株式会社

15フォロワー

RSS
URL
http://www.arsaga.jp
業種
情報通信
本社所在地
東京都渋谷区桜丘町1番1号 渋谷サクラステージSHIBUYAタワー18階
電話番号
03-3461-3028
代表者名
小俣泰明
上場
未上場
資本金
6億7000万円
設立
2016年01月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード