三井情報の「MEDACA ビデオ会議コミュニケーションサービス」にクラウド型議事録作成支援サービス「ProVoXT」が採用されました

株式会社アドバンスト・メディア(本社:東京都豊島区、代表取締役会長兼社長:鈴木 清幸 以下、アドバンスト・メディア)のAI音声認識を活用したクラウド型議事録作成支援サービス「ProVoXT(プロボクスト)」が三井情報株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小日山 功 以下、三井情報)の「MEDACA(メダカ) ビデオ会議コミュニケーションサービス」に採用されました。

働き方改革関連法が2019年4月から順次施行となり、あらゆる企業で働き方改革が急務となっています。企業で様々な施策が講じられる一方で、働き方改革の効果を実感しているビジネスパーソンは半数にも満たないという調査結果があります。働き方改革の施策として、厚生労働省からは「ICTを活用し、時間や場所を有効に活用できる働き方」としてテレワークが紹介され、様々な企業での導入が増えています。また総務省の調査結果※によると、職場とテレワーカーのコミュニケーション不足を防ぐためにテレワーク導入企業の約半数がビデオ会議を導入しています。

三井情報が提供する「MEDACA」シリーズは、ICTによる働き方改革を推進する企業の支援およびビジネスパーソンが働き方改革を実感できるシステムの提供を目指しており、本サービスでは、ビデオ会議に加え、クラウドストレージによる会議資料の共有・共同編集を効率化し、音声データ書き起こしを用いた議事録作成支援により議事録作成にかかる時間を削減できます。
この度、「MEDACA」が提供する包括的サービスのうち、議事録作成支援の機能として「ProVoXT」が採用されました。

 

「ProVoXT」は、AI音声認識により議事録作成を半自動化し、素早く効率的に議事録作成を行うクラウド型の文字起こしサービスです。アカウント数に制限がなく、音声ファイルや動画ファイルの音声を文字化できるため、少数利用から複数部署での利用まで様々な規模での運用が可能です。

 

  • 関連ページ

「MEDACA」シリーズのご紹介: https://www.mki.co.jp/solution/medaca.html
「ProVoXT」製品ページ: https://www.advanced-media.co.jp/products/service/provoxt


アドバンスト・メディアでは、今後も幅広い業種・業態にて、業務効率化に貢献する新しいソリューションや顧客サービスの提供に力を入れてまいります。

※注釈 出典元: 総務省 平成30年版 情報通信白書第1部第4節 ICTによる多様な人材の労働参加促進
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h30/html/nd144320.html
 

【三井情報株式会社について】

三井情報株式会社(MKI)は、ミッションクリティカルな基幹システムを中心としたSoR(=Systems of Record)と、お客様の事業部門と最終消費者との関係強化やビジネスプロセスの革新を実現するSoE(=Systems of Engagement)の両面からお客様の課題解決や事業創造を支援しています。半世紀に渡り培った技術や知見の結実である「KNOWLEDGE」を活かし、お客様と共に価値を創造する「価値創造企業」としてMKIは絶え間ない挑戦を続けていきます。
ホームページ: https://www.mki.co.jp/

以上

【お問合せ】
株式会社アドバンスト・メディア VoXT(ボクスト)事業部
TEL:03-5958-1035
FAX:03-5958-1033
E-mail:info@advanced-media.co.jp
https://www.advanced-media.co.jp/

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アドバンスト・メディア >
  3. 三井情報の「MEDACA ビデオ会議コミュニケーションサービス」にクラウド型議事録作成支援サービス「ProVoXT」が採用されました