サムライト、withnews前編集長の奥山 晶二郎が取締役CCOに就任。

経営体制を強化し、ブランドジャーナリズムの可能性を追求。

企業のコンテンツマーケティングやメディアビジネス等を支援するサムライト株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:池戸聡、以下「サムライト」)は、2022年6月27日に行われた株主総会での決議をもって、取締役CCO(Chief Content Officer)に奥山 晶二郎が就任したことをお知らせいたします。
 


■就任の背景と今後の取り組み

サムライトではこれまで、500社を超える企業のコンテンツマーケティングを支援してまいりました。創業期より続くオウンドメディアをはじめ、近年ではSNSマーケティングや動画マーケティングまで、幅広くサポートしております。

また、新たな事業の柱として自社メディアビジネスにも注力しており、「コンテンツを信じる。メディアを進める。人を彩る。」というビジョンの実現に向け、メディアの新しいカタチづくりとコンテンツマーケティングの可能性に挑戦し続けています。

この度、経営体制を強化するべく新聞記者及びデジタルメディアの編集長として経験豊富な奥山を取締役として迎え、あわせてメディアマーケティングカンパニーとしてのサムライトのコンテンツ及びクリエイティブ領域の最高責任者であるCCO(Chief Content Officer)にも就任する運びとなりました。

今後は奥山を筆頭に、サムライトの新たな挑戦の一つである「ブランドジャーナリズム」の概念を取り入れた新しいメディア/コンテンツのカタチを創出・提供するとともに、朝日新聞社とのさらなるシナジー創出を目指し邁進してまいります。

また、ブランドジャーナリズムに特化したラボの開設、各種研究、発信活動、新商品/事業開発などを通じて、社会にブランドジャーナリズムの概念を広める活動にも注力いたします。

奥山の取締役CCOの就任によるサムライトのさらなる成長・事業拡大にご期待ください。


■取締役CCO奥山 晶二郎の略歴

1977年生まれ。大学卒業後、朝日新聞入社。佐賀、山口、福岡と勤務し、2007年、デジタル部門へ異動。「asahi.com」の編集に携わり、「朝日新聞デジタル」立ち上げ、動画、データジャーナリズム、SNS連動企画などを担当。2014年から「withnews」の編集長を8年間務めたのち、2022年6月からサムライトに参画。

取締役CCO奥山 晶二郎のメッセージ

スマホの画面に表示される新着情報のほとんどは、スライド操作で消えていきます。

指を止めるのは結局、家族や恋人とのメッセージばかり。関係のない他者が、自分の伝えたいメッセージだけをぶつけても響かないばかりか、おそらく、嫌われて終わりです。

発信する側にとって難しい時代……それは本当でしょうか? 私には、むしろ、チャンスにしか見えません。

ネットなしではまわらない世の中になった結果、正確な情報へのニーズはかつてないほど高まっています。SNSでは、ジェンダーや世代に縛られない無数のコミュニティーが日々、発生しています。出会いのきっかけは至るところで生まれているのです。

新聞記者としてキャリアをスタートした私ですが、ウェブの世界に入って15年以上が経ちました。激変するデジタル環境において、常に当事者として関わってきました。

大事にしてきたのはつながりです。

マスの概念がなくなり、一つのチャンネルで届く範囲がどんどん小さくなっています。

その中にあって、個と個の間にある共通項を見いだす。

個と個がハッシュタグで結びついた時、シェアといいねがタイムラインを席巻します。

そこから生まれる盛り上がりは、子育て支援に後ろ向きだった社会を動かし、無名のアーティストが東京ドームを埋める可能性を秘めています。

多様な価値観が生まれる時代に必要なのは断絶ではなく共存です。その担い手としての役割は、情報を扱うメディアにとどまらず、製品やサービスを通じて社会に関わる企業にも広がっています。

今、注目されているブランドジャーナリズムの本質は、企業に期待されている社会的責任の大きさにあります。

企業が環境やジェンダーなど社会との関わりを持つことは、オプションではなく義務になる時代。それは、事業の成長にとって、大きなチャンスにもなり得ます。

大事なことを必要な人に正しく的確に伝える。報道の現場で培ったジャーナリズムの経験を、あらたな世界にぶつけていきたいと思います。


■代表取締役CEO 池戸 聡のコメント

企業が社会的な存在意義を求められる時代、生活者がSDGsなど持続可能な社会づくりに関心を持ち、購買行動を通した社会課題の解決が一般的になる時代、”リアル” ”信頼” ”共感”がマーケティングやコミュニケーション活動において不可欠な要素となる時代、そんな過渡期に、ジャーナリストとしてキャリアを築いてきた奥山が経営チームに参画することに運命を感じています。

これまでジャーナリズムとブランド、ジャーナリズムとマーケティングは共存しえない犬猿の仲のように扱われてきたように思います。一方で、企業がジャーナリスティックな視点を持ち、自社のWebサイトやSNSなどを通じ生活者に向けて継続的に発信していくこと、はたまたブランドとしての思想を持ち、社会への批評となるメッセージを投げかける、すなわち”ブランドジャーナリズム”という概念は新しいコミュニケーションの一つのあり方として可能性を感じます。

それは、報道というカタチで世の中の”こと”や”もの”を伝えてきた記者という職業の新たなキャリアの可能性とも言えるのかもしれません。奥山と共に、その可能性を模索するサムライトの新しいチャレンジにご期待ください。


■2022年6月27日以降の新役員体制

当社の新役員体制は以下の通りです。

代表取締役CEO :池戸 聡
取締役CCO:奥山 晶二郎
取締役(非常勤)・創業者 :柴田 泰成
取締役(非常勤):神谷 岳志


■ サムライト株式会社について
サムライトは「コンテンツを信じる。メディアを進める。人を彩る。」をビジョンに掲げる『MEDIA MARKETING COMPANY』として、コンテンツとテクノロジーを駆使しながら、オウンドメディア、SNSマーケティング、インフルエンサーマーケティング、運用型広告などコンテンツマーケティングを軸に、企業のビジネスやマーケティングを支援しています。

また、自社メディア運営やマスメディアとのビジネス開発、メディアコンサルティング事業を通じて、次の時代のメディアビジネスや新しいマーケティングのカタチを切り開いていきます。

【会社概要】
名称:サムライト株式会社(英文:SOMEWRITE inc.)
本社所在地:東京都渋谷区代々木3-57-6 グランフォーレB1
代表者:代表取締役CEO 池戸聡
コーポレートサイト:https://somewrite.com


■本件に関する問い合わせ
サムライト株式会社 広報担当
Mail:pr@somewrite.co.jp
TEL:03-6550-8907
https://somewrite.com
  1. プレスリリース >
  2. サムライト株式会社 >
  3. サムライト、withnews前編集長の奥山 晶二郎が取締役CCOに就任。