図工×ICTの可能性とは? 紅葉先生登壇、EdTechZineオンラインセミナーが11月14日に開催

株式会社翔泳社(本社:東京都新宿区舟町5、代表取締役社長:佐々木幹夫)が運営する教育ICTのWebメディア「EdTechZine」は、第9回オンラインセミナー「創造活動が苦手な子どもたちもワクワク! 図工×ICTの可能性とは」を11月14日に開催します。参加費は無料です(事前登録制)。
 

EdTechZineオンラインセミナー「創造活動が苦手な子どもたちもワクワク! 図工×ICTの可能性とは」EdTechZineオンラインセミナー「創造活動が苦手な子どもたちもワクワク! 図工×ICTの可能性とは」


本セミナーでは、新宿区立富久小学校 主任教諭・図工専科の岩本紅葉先生にご登壇いただきます。

教育界のノーベル賞と言われる「Global Teacher Prize 2020」のトップ50に選出された岩本先生。図工専科の教員として、ICTを巧みに学校の授業へ取り入れていらっしゃいます。今回のセミナーでは、創造活動に苦手意識のある子どもたちもワクワクさせる、ICTを組み合わせた図工の授業についてご紹介いただきます。

◆申し込みページ: https://edtechzine.jp/application/27


■「創造活動が苦手な子どもたちもワクワク! 図工×ICTの可能性とは」登壇内容

GIGAスクール構想により、児童も教師もICTに触れる機会が多くなりました。
アナログな活動が大切である図画工作。しかし、その図画工作とICTが合わさるとどのような化学反応が起きるのでしょうか。
ICTを図画工作の授業に取り入れることで、子どもたちの創造性と感性を育むことが可能です。
本セミナーでは創造活動に苦手意識をもっている子どもたちもワクワクさせ、多くの子どもたちの感性を揺さぶることができるICT活用の方法についてご紹介します。

セミナーではQ&Aコーナーを設ける予定です。質問は事前にも受け付けています。参加には申し込みフォームより事前登録が必要です。
なお、申し込みにはEdTechZine読者会員(無料)である必要があります。会員特典として、セミナーへの参加が可能となるほか、EdTechZineの記事全文を無期限でお読みいただくことができます(非会員の方は公開後48時間まで)。


■開催概要
日時:2021年11月14日(日)14時~15時
会場:オンライン開催(Zoom)
参加費:無料(事前登録制)
参加対象:教職員などの学校関係者、教育委員会関係者
定員:400名(先着順)
申し込み方法:申し込みフォーム( https://edtechzine.jp/application/27 )で受付
締め切り:2021年11月12日(金)13時


■EdTechZineとは
「ICTで学びの可能性をひろげよう」
「EdTechZine(エドテックジン)」は、テクノロジーを活用して「教育」や「学習」をアップデートしたいと考える皆さまに最新情報をお届けする、翔泳社が運営する教育ICT(EdTech)のオンラインメディアです。
これからの時代を生きるために、従来型の基礎力に加え、「自ら課題を見つけ出し、解決する力」や「ともに学び、ともに作り上げていく力」などが求められつつあります。それらを身に付けるには、テクノロジーを活用した学びが有効とされており、実際に教育現場も変わりつつあります。
EdTechZineでは、そのような新しい学びのサポートや実践を行っている先生や企業、関係者の方々の知見を共有することで、現場で活用できるヒントをお届けします。
https://edtechzine.jp/

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 翔泳社 >
  3. 図工×ICTの可能性とは? 紅葉先生登壇、EdTechZineオンラインセミナーが11月14日に開催