国連WFP、シリアの包囲地区に食糧を空中投下

ローマ発-包囲作戦により支援物資が届けられない状況が続いていたシリア東部の町デリゾールに、国連WFPは10日、飛行機から食糧を空中投下し、届けることに成功しました。

写真提供 シリア赤新月社写真提供 シリア赤新月社

 

食糧投下を行ったのは、ヨルダンのアンマンの空港から飛び立った国連WFPのチャーター機。主に豆類や米など20トン(2,500人の1ヶ月分の食糧)を空中から投下しました。

高空用のパラシュートが装着された26のパレット(荷台)は、国連WFPのチャーター機から空中投下され、うち22パレットが地上にて国連WFPの連携団体であるシリア赤新月社により回収されました。国連WFPは現在、残り4パレットの行方を確認しています。

デリゾールでは、2014年3月から、包囲作戦により20万人以上が閉じ込められています。現地では切迫した食糧不足が報告されており、人道支援が緊急に必要とされていました。今回の食糧投下により、2014年3月以降初めて、国連WFPの食糧支援が町の包囲地区に届きました。

地上では国連WFPの連携団体により食糧配給が速やかに行われることになっており、国連WFPは密に連絡を取り合っています。より簡単にコストをかけずに食糧を届けるには陸路での輸送が基本であり、空中投下はあくまでも最終手段ですが、国連WFPは包囲地区の人々のために、さらなる食糧や他の支援物資の空中投下を計画しています。

2月24日、国連WFPはデリゾールで初めて21トンの食糧を空中投下しましたが、パレットの落下地点が目的地を外れたり、パラシュートの機能不全により積荷が破損したりと、技術的な問題が発生していました。

国連WFPは、シリア全土で毎月400万人の人々に食糧支援を行っています。中でも、支援物資の搬入が困難な地区や包囲地区に住む人々の生活環境の過酷さが懸念されています。
  1. プレスリリース >
  2. 国連WFP >
  3. 国連WFP、シリアの包囲地区に食糧を空中投下