プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社フィードフォース
会社概要

Shopifyで売上を増やすために必要な集客・CRMの基盤づくりをサポート!フィードフォース「Connect-MAX」をβローンチ

株式会社フィードフォース

フィードフォースが推奨する集客・CRMのスキーム導入と実施を代行。スポットでの依頼から伴走支援まで、課題に合わせて選べるプランをβローンチいたしました。

日本国内においてもShopifyを導入する店舗の数は急成長を続けており、従来国内のEコマース環境の主役を担ってきたモール型ECに続く選択肢として、自社ECの存在感はますます高まってきています。
モール型ECと比較して自社ECは集客の難易度が高い傾向にあることから、Web広告やインフルエンサー施策に代表される集客施策は特に高い注目を集めています。
一方で、モール型ECと比較して手数料が安い自社ECのメリットを十分に活かすためには、コストが高い集客施策に依存せず、リピーターを獲得できる施策に早期から取り組んでおく必要があります。

このような背景を踏まえ、フィードフォースが推奨する集客・CRMスキームの導入と実施を支援するサービス「Connect-MAX」を立ち上げました。
 
  • 自社ECの成功モデルを「リーチ」「コネクト」「コミュニティ」の3ステップとして提唱

当プロジェクトでは、グループを横断した顧客のマーケティング支援を通じ、自社ECの成長プロセスを3つに分けて捉えています。

 ・ リーチ…ECサイトへ流入し、最初の購入に至るまでのプロセス
 ・ コネクト…顧客がリピーターに転換し、顧客とECの繋がりが強まるプロセス
 ・ コミュニティ…顧客がファン化し、ECを広めていくプロセス

先述の通り、Web広告やインフルエンサーマーケティング等の集客手法が一般化した現在では、「リーチ」プロセスにおける受注獲得コストは増大傾向にあります。
そのため集客施策だけに注力していても、自社ECの強みである「低い手数料率に起因する利益率の改善」を達成することは難しく、自社EC立ち上げ初期から「コネクト」プロセスにも注力しておくことが望ましいです。

しかし、「リーチ」「コネクト」の両プロセスで成果を出すための設定~アクションを行うには、大きな工数を必要としてしまうことも確かであり、特に「コネクト」を担うCRM関連施策が後回しにされてしまう原因となっています。

当プロジェクトではこのような課題の声を実際にEC運営者から頂戴し、「リーチ」「コネクト」の両方の実行をサポートするプランを用意しました。実行に際して工数が掛かってしまう業務を切り出すことで、商品企画やブランドのコンセプト設計、戦略設計にEC運営者が注力するリソースを生み出し、EC運営者と当プロジェクトが一蓮托生となってより良い顧客体験を届けることを目指します。
 
  • 課題で選べる「Connect-MAX」のプラン
広告代理店への委託という選択肢もあるリーチ領域では、インハウスでの運用を前提に、工数がかかる「主要媒体の初期設定」と「SNS広告の運用サポート」面を代行するプランを用意しました。

一方、初期設定・運用ともに工数がかかるにも関わらず、委託先が限られるコネクト領域では、インハウス運用を前提にした初期設定のみを担うプランに加え、初期設定・ルーティンの配信・各種PDCAの実施までカバーするプランを用意しています。

<リーチ領域>
Web広告導入サポートプラン
 ・サポート内容:アカウントの開設、タグ設定、キャンペーン設定、オーディエンス設定、商品データ連携
 ・サポート媒体:Google広告、Yahoo!広告、Facebook(Meta)広告、TikTok Ads、LINE Ads Platform
 ・分析ツール設定:Google Analytics(コンバージョン設定)
 ・他:案件ごとの契約

SNS広告伴走サポートプラン
 ・サポート内容:クリエイティブ入稿(月15件まで)、クリエイティブ作成(月5パターンまで)、レポーティング
 ・他:3カ月単位で自動更新

<コネクト領域>
CRMスタータープラン
 ・サポート内容:LINEリッチメニュー設定、自動応答テンプレート設定、ステップメール作成、必要な各種クリエイティブ作成
 ・対象媒体:LINE公式アカウント、Klaviyo
 ・他:案件ごとの契約

CRM伴走サポートプラン
 ・サポート内容:LINE配信(週2通)、メール配信(週2通)、レポーティング
 ・他:3ヶ月単位で自動更新

CRM戦略&実行プラン
 ・サポート内容:CRMスタータープランと伴走サポートプランの内容を網羅。初期費用無料で、売上に繋げるためのアクションを提案&実行。
 ・対象媒体:LINE、Klaviyo
 ・他:6カ月単位で自動更新

※いずれも料金はお問い合わせください。
 
  • サポート体制
当プロジェクトでは、プランごとに適切な人材がアサインされます。
また、EC運営者の課題のヒアリング~施策の策定、スタッフのアサインまでを行うディレクションスタッフも設置することで、「何から手をつければ良いのかわからない」といった曖昧な課題の相談も可能となっております。
 
  • 今後の展望
Connect-MAXでは今後、リーチ・コネクト領域のWeb広告やCRM施策のご支援に加えて、コミュニティ領域の施策に関してもプランを作成してまいります。

Connect-MAXにお問い合わせいただいた事業者の声をお伺いしながら開発を行いますので、ご要望がございましたら、お気軽にお寄せください。

【お問い合わせ窓口】
https://forms.gle/Fz4ihLQtEeWtxrBZ9

【株式会社フィードフォース 会社概要】
株式会社フィードフォースは、データフィード・構造化データ・ID連携といったテクノロジーを駆使したマーケティング支援サービスを開発・提供しています。当社は 2019年7月に東京証券取引所マザーズ市場へ上場しました。今後も、「働く」を豊かにする。というフィードフォースグループミッションのもとB2B領域で企業の生産性を高めるサービスを提供し、ビジネスをより創造性溢れるものに変えていきます。

会社名:株式会社フィードフォース
所在地:東京都文京区湯島 3-19-11 湯島ファーストビル5F
代表者:代表取締役 塚田 耕司
事業内容:データフィード関連事業 / デジタル広告関連事業 / デジタルマーケティング関連事業 / その他事業
Webサイト:https://www.feedforce.jp/

【フィードフォースグループ株式会社 会社概要】
会社名:フィードフォースグループ株式会社
所在地:東京都文京区湯島 3-19-11 湯島ファーストビル5F
代表者:代表取締役社長 塚田 耕司
グループ会社:株式会社フィードフォース / アナグラム株式会社 / 株式会社リワイア / 株式会社ソーシャルPLUS / シッピーノ株式会社 / 株式会社フラクタ / テープス株式会社
Webサイト:https://feedforcegroup.jp/

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社フィードフォース
担当:東口
E-mail:pr@feedforce.jp

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
商品サービス
関連リンク
https://appunity.jp/
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社フィードフォース

27フォロワー

RSS
URL
https://www.feedforce.jp/
業種
情報通信
本社所在地
東京都港区南青山一丁目2番6号 ラティス青山スクエア3F
電話番号
-
代表者名
塚田 耕司
上場
マザーズ
資本金
4億6511万円
設立
-
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード