株式会社塚田農場プラスが外食と中食のノウハウを活かした外食産業型グローサラントを展開

2018年3月23日(金)アトレ品川3階「FOOD&TIME ISETAN」フードコート内に4業態同時オープン

【リリースサマリー】
■ 塚田農場プラスが欧米を中心に広がりを見せる「グローサラント」業態に進出
■ スーパーマーケット中心のグローサラント運営に外食ノウハウを持ち込んだ外食業界流グローサラントを展開
■ ネット通販では体験できない食材の“購入前体験”をリアル店舗の強みを活かして提供
■ スーパーマーケット「クイーンズ伊勢丹」で販売している食材等を用いた料理を提供する4業態を開店

株式会社塚田農場プラス(本社:東京都港区、代表取締役社長:森尾太一)は、欧米の食品スーパーを中心に広がりを見せる、店内で販売している食材等を使用し、出来立ての料理をレストラン並みのクオリティーで提供するグローサラント業態の展開を開始致します。本展開開始に伴い、2018年3月23日(金)にアトレ品川3階「FOOD&TIME ISETAN」内に4業態をオープン致します。

■ 外食産業とスーパーマーケットの“強み”を活かした外食産業発信のグローサラント業態

この度、オープンする4業態は、「FOOD&TIME ISETAN」内のスーパーマーケット「クイーンズ伊勢丹」が販売している食材等を使用し、お客様のオーダーを受けて調理を始めることで、調理の臨場感を味わいつつ、出来立て料理が楽しめる外食産業発信のグローサラント業態となります。また、リアル店舗を持つ“強み”を活かし、「クイーンズ伊勢丹」が揃えた食材を購入前にフードコートで、食べ、味を知った上で購入が出来ることから、インターネット通販では体験できない“食体験”をご提供させて頂きます。
 株式会社塚田農場プラスでは、グループ内のエー・ピーカンパニーが運営する「塚田農場」や「四十八漁場」で培った“こだわりを持った食材”を使用したメニュー開発や外食ノウハウを活かし外食産業発信型のグローサラント業態開発を行います。

■ 多様な消費者ニーズに対応した4店舗の展開
 共働き世帯や単身高齢者世帯の増加に伴い、「食の外部化」ニーズが増える中、多様な消費者ニーズに対応可能な4店舗をオープンすることで、朝、昼、晩と異なったメニューをお愉しみ頂けるほか、ニーズやライフスタイルに合わせた出来立てメニューを店内、テイクアウトにてお愉しみ頂けます。

【「株式会社塚田農場プラス」について】
 株式会社塚田農場プラスは、株式会社エー・ピーカンパニーのグループ子会社として、中食を専門とした製造・販売を行っております。品川駅、上野駅、東京駅構内では、旅や出張の楽しみを増幅させる「美味しい」お弁当や総菜の販売を行う「塚田農場 OBENTO & DELI」等を展開。会議・研修等のランチタイムのコミュニケーションに華を沿える“食べて納得”の法人向け宅配弁当。東京・明治神宮野球場では、スポーツ観戦中も美味を感じる「塚田農場スタンド」を球場内にて運営しております。
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社エー・ピーカンパニー >
  3. 株式会社塚田農場プラスが外食と中食のノウハウを活かした外食産業型グローサラントを展開