沖縄らしい缶体が魅力『アサヒ オリオン琉球セッション』新発売!

『『アサヒオリオン シークァーサーのビアカクテル』と共に10月25日(火)数量限定新発売!

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 平野伸一)は、オリオンビール株式会社(本社 沖縄、社長 嘉手苅義男)が製造した『アサヒ オリオン琉球セッション』と『アサヒオリオン シークァーサーのビアカクテル』を、10月25日(火)より沖縄県および鹿児島県奄美地区を除く日本全国で数量限定にて新発売します。

琉球セッション琉球セッション


『アサヒ オリオン琉球セッション』は、柑橘系の香りが特長のシトラホップによる爽やかでフルーティな香りと苦みの「セッションIPA※」スタイルの上面発酵のビールです。「セッションIPA」は、IPAの特長はそのままにアルコール度数を低めに設定することなどで飲みやすさを実現したビアスタイルです。パッケージは、醸造への想いとこだわりを仕込釜と醸造家のイラストで表現し、沖縄の伝統織物“ミンサー織”の特長である絣(かすり)模様のデザインを背景とすることで、沖縄で醸造されたビールであることを訴求しています。
 ※:IPA は、India Pale Ale の頭文字を取ったもので、ホップの香りや苦みが特長のビール。
 

シークァーサーのビアカクテルシークァーサーのビアカクテル

 『アサヒオリオン シークァーサーのビアカクテル』は、アサヒビール㈱が蓄積してきた多様なビアカクテルの開発ノウハウをベースに、オリオンビールが持つ独自のろ過技術を用い共同開発した商品です。両社の共同開発第2弾商品として2015年4月に数量限定にて新発売、2016年4月にクオリティアップし数量限定にて発売しました。沖縄産シークァーサー果汁の爽やかな香りと、爽快なのどごしをお楽しみいただけるビアカクテルに仕上げました。パッケージは、缶体上部にオリオンビール㈱のロゴと、夢やあこがれを象徴するトレードマークの三ツ星を堂々と配し、オリオンブランドならではの沖縄らしさを表現しています。また、缶体中央に「アサヒビール+オリオンビール共同開発商品」と表記することで両社の協業であることを訴求しています。

  アサヒビール㈱は、2002年に沖縄県外におけるオリオンブランドの販売を開始し、以降両社の協業を進めてきました。南国を連想するブランドとして高い認知を誇るオリオンブランドで季節感あふれる売り場構築を行っています。両社の強みを持ち寄り新たな提案を続けていくことでビール類市場の活性化を目指します。
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アサヒビール株式会社 >
  3. 沖縄らしい缶体が魅力『アサヒ オリオン琉球セッション』新発売!