大東建託の企業CM『親子』篇を3月1日より放送開始

「家族はつながる。つながってゆく。」シリーズ第6話

大東建託株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小林克満)は、3月1日より、「生きることは、託すこと。」をブランドメッセージとする企業CMのシリーズ第6話『親子』篇の放送を開始します。
■松田家の日常をシリーズ全6話で描く
大東建託の企業CM「家族はつながる。つながってゆく。」シリーズは、息子(池松壮亮)が父(松重豊)に結婚の報告をする第1話『縁側』篇から始まり、松田家の日常の何気ない出来事を通じ、家族が互いにそれぞれを思いやり、つながっていく、そんなどこにでもある風景を綴ってきました。
前回の第5話『感謝』篇で、実家を出て、賃貸住宅で新しい生活を始めた息子夫婦は新たな命を授かります。
今回の第6話『親子』篇では、子どもの誕生により親としての責任を感じる息子夫婦と、幸せな家族のつながりを描きます。
当社グループは、そうした家族やその日常にそっと寄り添う企業でありたいとの思いを、「生きることは、託すこと。」というブランドメッセージにのせ伝えていきます。

■家族が増える責任と喜びの中に家族のつながりを描く『親子』篇
[ストーリー]
年月を刻んだ家と、古いアルバムの写真。
必死に過ごした当時を想いながら、息子の成長を感じる両親。
息子が誕生した年に住み始めた家に、これまで紡いできた時間の大切さと家族のつながりを感じる父。
そして新たに誕生した子どもの前で「がんばろう」と誓い合う息子夫婦。
人は、家族は、住まいと共につながっていく。


■「家族はつながる、つながってゆく。」シリーズ全6話


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 大東建託株式会社 >
  3. 大東建託の企業CM『親子』篇を3月1日より放送開始