健康管理システムCarely、相談窓口の設置・休復職管理をラクにする新機能「メッセージルーム」を提供開始

人事・産業保健職と従業員間の気軽で安全な相談環境の設置でメンタルヘルスケアを強化

株式会社iCARE(所在地:東京都渋谷区、代表取締役CEO:山田洋太)が開発・提供する健康管理システム「Carely」は、新たに「メッセージルーム」を4月より提供開始します。Carelyのメッセージルームは、人事や企業内の産業保健職(産業医・保健師)と従業員がプライバシーを確保された環境でオンラインメッセージをやりとりできます。従業員にとっては気軽な相談窓口としての活用が期待されるほか、人事部門としては個人情報に関わるやりとりの記録がCarelyに一元管理されることで、安全かつ効率的な管理体制を実現できます。

  • 社内の専門家によるメンタルヘルスケアを推進
テレワークの定常化によって、働くひとの健康・不調に気づく機会が失われ、メンタルヘルスケアが手遅れとなっているケースが多く報告されています。厚生労働省では、メンタルヘルスケアを4つの方法で実践することを提案しており、オンライン上でその仕組みを整えることが重要です。

中でも「社内の専門家によるケア」を促すことを目的としているのがCarelyの新機能「メッセージルーム」です。これまで社内の専門家(産業医や保健師などの産業保健職)は、従業員からの心身に関する相談を受け付けたり、休職者とのコミュニケーションツールとしてメールを使ってきました。しかし、メールによるやりとりは履歴を振り返りづらいため面談記録への転記作業が発生したり、誤送信による情報漏えいのリスクを抱えていました。

健康管理システムCarelyでは従業員の健康情報(健康診断結果・ストレスチェック・面談記録・診断書など)が一元管理されているため、メッセージルームでのやりとりを含めて健康に関する個人情報をセキュアな環境で保管しつつ、効率的な社内共有が実現できます。また産業保健職の異動や退職の際にもモレのない引き継ぎができる利点があります。健康に関する従業員とのやりとりをチャットやメールから転記している保健師にとっては、日々の健康管理をCarely上で完結できるため、業務の効率性が高まります。

一方、従業員にとっても、例えば面談ハードルがある場合などに気軽な相談窓口として認識・活用されれば、セルフケア向上による一次予防の効果が期待できます。

メンタルヘルスケアの参考:
・管理職によるラインケア実践のコツ https://www.carely.jp/company-care/telework-linecare/
・事業場内のメンタルヘルス推進担当者の奮闘記 https://kokoro.mhlw.go.jp/implementation/
 
  • メッセージルームの利用シーン
Carelyのメッセージルームは人事や企業の保健師と従業員のコミュニケーションプラットフォームとして、主に3つの利用シーンを想定しています。(今後の実装予定を含む)

①従業員の相談窓口
時間を予約して面談するほどではないが、ちょっとした相談を希望する際に、Carelyの従業員画面のメニューから気軽に相談・利用ができる

②グループコミュニケーション
休職・復職時の従業員・管理職(上司)・人事などのグループコミュニケーションを一本化し、休職・復職に関する情報・経緯をCarelyに蓄積できる

③社内の保健師からの健康情報の配信
従業員のニーズ・課題や時期に合わせた内容を社内の保健師が検討・作成し、Carelyの「健康情報配信」メニューから一斉送信できる。

▲メッセージルームの利用イメージ(Carelyの従業員画面)
 
  • 健全な組織創りを支援する、健康管理システムCarely
Carelyは、健康管理をデジタル化することで人事課題を解決する健康管理システムです。業務管理システムとしての一面に加えて、管理職や従業員といった会社全体を巻き込んだ、健康経営・ウェルビーイング体制を構築するプラットフォームとして導入が進んでいます。

<組織創りを支援する機能の一例>
・クロス分析
https://www.carely.jp/news/20211104/

・統合人事システム「COMPANY®︎」連携
https://www.carely.jp/news/20211130/

・ウェルビーイングサーベイ
https://www.carely.jp/news/20210706/
 
  • 株式会社iCAREについて
「働くひとの健康を世界中に創る」をパーパス(存在意義)に掲げる。2016年3月に健康管理システムCarelyを開発し、企業に眠る健康データを活用した健全な組織創りを支援している。

代表者:代表取締役CEO 山田洋太
本社所在地:東京都渋谷区恵比寿1丁目23-23
事業内容:健康管理システム「Carely」の開発・運営
URL:https://www.icare.jpn.com

iCARE、「健康経営優良法人2022 ブライト500」連続認定:https://www.icare.jpn.com/news/20220309/

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社iCARE 広報担当 呉
TEL: 03-6416-1904
Mail:pr@icare-carely.co.jp


 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社iCARE >
  3. 健康管理システムCarely、相談窓口の設置・休復職管理をラクにする新機能「メッセージルーム」を提供開始