日本の食で世界を変える 「おにぎりアクション2020」31日間で90万食の給食を世界の子どもたちに届ける

#OnigiriAction で広がる、想いのバトン

日本発、世界の食料問題の解決に取り組む、特定非営利活動法人TABLE FOR TWO International(以下、TFT)は、国連が定めた10月16日「世界食料デー」(世界中の人が食べ物や食料問題について考える日)を記念し、「おにぎりアクション2020」を本年10月1日(木)から10月31日(土)まで開催しました。キャンペーン期間中に合計20万2,143枚、1日あたり約6,500枚のおにぎりの写真が投稿され、その結果合計90万食分(注1)の給食をアフリカ・アジアの子どもたちに届けることができることをお知らせします。(特設サイト:https://onigiri-action.com/

47都道府県31ヵ国から寄せられたおにぎりアクション参加の写真47都道府県31ヵ国から寄せられたおにぎりアクション参加の写真

◆日本全国、そして世界中から温かなメッセージが寄せられる

 本アクションは、日本のソウルフードである「おにぎり」をシンボルとし、おにぎりにまつわる写真に #OnigiriAction を付けてSNSまたは特設サイトに投稿すると、協賛企業が寄付し、TFTを通じてアフリカ・アジアの子どもたちに給食5食が届く企画です。2015年より毎年秋に開催し、2020年までの累計で約100万枚のおにぎり写真が集まり、約540万食の給食を届けています。(おにぎりアクション2020含む)
 今年は、コロナ禍の中、「誰もがおなかいっぱい食べられるように」「皆が安心して食べられるように」と、例年以上に”誰もが安心してお腹いっぱいになり、暮らせる世の中になること"を願う投稿が、日本全国、および、世界中からおにぎりアクション特設サイトやSNS上へ寄せられました。

 

協賛企業各社が業種を超えてアクションに取り組む

 本アクションの趣旨に賛同し、トップスポンサーを務める日産セレナをはじめ、オイシックス・ラ・大地、Mizkan、ベネッセコーポレーション、旭化成ホームプロダクツ、伊藤園、福井県、福井県あわら市、象印マホービンなど国内19社の他、アメリカに拠点を置く企業23社が、今回の「おにぎりアクション2020」に賛同し、協賛、または寄付つき商品を販売、商品・サービスを提供しました。

 協賛企業の担当者が集まったアイデア会議では、SDGs達成に向け企業横断でできる啓発企画について考え、おにぎりアクション期間中に企業間コラボレーションを実施しました。
トップスポンサーである日産セレナの呼びかけのもと、企業のおにぎりアクション2020参加への想いを伝える動画を発信。参加企業のSNSアカウントからも拡散しました。https://youtu.be/kUKtDM8LQsY (日産自動車株式会社提供)また、協賛企業のそれぞれの企画やキャラクター、商品が横断をしてSNSから発信し、おにぎりアクションへの参加を呼びかけました。


スポーツ選手もアクションを応援
 協賛各社の呼びかけから、企画にご賛同いただいたスポーツ選手の皆さまにもおにぎりアクションにご参加いただきました。日産セレナの特別企画「車内もしくは車外にて撮影したおにぎり写真に『#OnigiriAction #乗ってるあいだも思い出に』を付けて投稿すると、給食10食を日産セレナが協賛」には、横浜マリノスの選手やフェンシング選手の皆さんが参加。ベネッセに所属するセーリング選手や、象印が応援する中嶋企画のレーサーも、おにぎりアクションに参加されました。

・ベネッセセーリングの吉田愛選手、吉岡美帆選手(写真左:ベネッセホールディングス提供)
・旭化成柔道部の大野将平選手(写真中央左)他、選手の皆さんでご参加
・象印が応援する中嶋企画の中嶋一貴選手(写真中央右)、大湯都史樹選手(写真右)他、チームの皆さんでご参加

オンラインでつながり、食や社会貢献を考える機会を創出
 おにぎりアクションは、特設サイトやSNSを通じて、どなたでも、どこからでも参加できるソーシャルアクションです。物理的に人と気軽に会うことが難しい今年のコロナ禍においても、参加者の皆さんがオンライン上で「つながる」ことができる企画として、呼びかけ、開催して参りました。
 期間中、参加者がオンライン上で集まるキックオフイベントや、10/16の世界食料デーには、おにぎりアクションの支援先を写真や動画を用いて紹介するライブ配信イベント、アクションの届く先の様子をお話するコンテンツの配信などを通じて、参加者とつながりました。
 参加者同士もオンライン上で集まり、一緒にアクションする様子を撮影された写真も多数寄せられました。

おにぎりフォトグランプリ2020を開催、受賞者発表
おにぎりアクション2020では、8つの賞を設定し選定いたしました。

1、あっと驚くおにぎりで賞:おにぎりだいすき
顔よりも大きなおにぎりに、あっと驚きました!牛乳と卵アレルギーを持つお子さんのお誕生日に作ったおにぎりケーキだそうです。お米も具も愛情もたくさん詰まった特別なプレゼントですね。
2、ベストポージング賞:助手っち
栄養士さんが一列に並んで、おにぎりアクション!お一人お一人手作りおにぎりを持って、マスク越しにも伝わる優しい笑顔。温かみを感じます!
3、素敵な食卓で賞:slow.life.works
新米の塩むすびが主役の食卓で、おにぎりアクション! おにぎりを見たお子さんたちは、「うわぁ〜!お米が輝いとるー!」とキラキラとした目で言ったそう。 彩りも綺麗で、心もお腹も満たされます!

4、エピソード対象:るり
<受賞者エピソード>今朝は俵型のおにぎりにしました。俵型のおにぎりは私がまだ実家に住んでいた時に父がよく作ってくれ、今でも子どもたちの運動会の時には孫の為に握ってくれます。きちっと並ぶ俵型のおにぎりは父らしきなぁと思うおにぎりで私の子どもたちはいつも「おじいちゃんのおにぎりが食べたい」というほどです。そんな美味しいおにぎりを私も作りたいと食べてくれる人の顔を思い浮かべて握りました。
5、乗ってるあいだも思い出にsupported by NISSAN SERENA吉田Familiy
おにぎり持って車でおでかけ中におにぎりアクション!子どもたちは、みんなでいるだけでいつも大笑い。まさに「乗ってるあいだも思い出に」なった一枚ですね!
6、子どもおにぎり大賞supported by Mizkan おむすび山🄬湘南学園アフタースクール(放課後NPOアフタースクール)
「おにぎりを食べると世界の子どもたちに給食5食分が届く」と知って、張り切って参加してくれたそう。こちらまで元気な声が聞こえてきそうな明るい笑顔が印象的です。

7、動物おにぎり大賞supported by 象印マホービン:momo
ハリネズミのおにぎりを中心とした、秋らしいお弁当でおにぎりアクション!その可愛らしさに、思わず目が釘付けになる一枚です。
8、家族でアクションしたで賞 supported by Benesse:あんころもち
家族みんなでおにぎりアクション!おにぎりを囲んで親子でたくさん会話をしたので、「このおにぎりで、世界へ給食が届けられる」と理解してアクションしているそうです。家族三人の笑顔がとても素敵です!


2020年ご協賛企業一覧


(注1)写真1枚=5食、及び10食企画を含んだ計算です。10/31 最終日に寄付上限90万食に達しました。

特定非営利活動法人TABLE FOR TWO Internationalについてhttps://jp.tablefor2.org/
2007年10月設立。“TABLE FOR TWO”を直訳すると「二人のための食卓」。先進国の私達と開発途上国の子どもたちが食事を分かち合うというコンセプトのもと、社員食堂や店舗でTFTヘルシーメニューを購入すると、代金の内20円が寄付となり、飢えに苦しむ世界の子どもに給食1食分をプレゼントすることができます。企業や官公庁、大学、病院など約700団体以上にご参加いただき、約7,700万食をアフリカのウガンダ、ルワンダ、タンザニア、ケニア、アジアのフィリピンに届けてきました。

・TFT公式Instagram:https://www.instagram.com/tablefor2_official
・TFT公式Twitter: https://twitter.com/tftjp
・TFT公式Facebook:https://www.facebook.com/tft.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 特定非営利活動法人TABLE FOR TWO International >
  3. 日本の食で世界を変える 「おにぎりアクション2020」31日間で90万食の給食を世界の子どもたちに届ける