福島市×ふくしま市場 「ひょう害りんご食べて応援」キャンペーン開催中

ひょう害くだもの販売支援! 農家の愛情たっぷりおいしいりんご

株式会社スペースワン(本社:福島県郡山市)の運営する福島県産品通販サイト「ふくしま市場」では、
2022年6月の降雹(ひょう)により被害を受けた果物農家への支援を行う福島市の取り組みを受け、
『福島市×ふくしま市場 「ふくしまのくだもの 食べて応援!」』と題し、ひょう害果物の販売支援を実施しております。

 

 令和4年6月3日、福島市内の一部地域に雹(ひょう)が降り収穫を控えるくだもの(モモ、ナシ、ブドウ、リンゴなど)に雹(ひょう)が当たり、 傷がつくなどの被害がありました。被害総額は約6億円に上ります。
 


都内百貨店での店頭販売や通販サイトでの販売を通し、全国より生産農家の皆様への応援のお声を頂いております。
現在は収穫の最盛期を迎えるサンふじを販売中。お試しいただきやすい「ちび箱(4~6玉入)」から「大箱(14~18玉入)」までご用意。生産者応援&オトクでおいしい福島のりんごを購入いただける機会となっております。
画像:ひょう害を受けたりんご


傷や変形により例年通りの出荷ができなくなり、販売価格の低下、生産農家の収入減、販路の縮小などが懸念されることより、福島市が行うひょう被害果物の販売支援事業を受け、この度ふくしま市場では通販での販売支援に取り組み、9月の販売開始よりこれまでにひょう害梨1.1t、りんご4.5tを販売しました。

 

<生産者の声>


今年はひょうの害が大きく、例年に比べ贈答用で送れる品質のりんごが少なくなってしまいました。
販路を作っていただいて感謝しています。
傷はあるものの、今年のりんごは味が良いので、ぜひ多くの方に召し上がっていただきたいです。


生産者:株式会社斎藤果樹園 齋藤さん

 

 

 

 

福島市×ふくしま市場 「ふくしまのくだもの 食べて応援!」

ひょう害りんご 販売ページhttps://fukushima-ichiba.com/collections/ouen-fukushima


 

 


あわせて現在ふくしま市場内では、原発事故以降、風評被害払拭に向けた取り組みを継続的に行ってきた東京電力ホールディングス株式会社様ご協力のもと、県内事業者の販路確保・売上増加と福島県産品の魅力を全国に発信することを目的に「 あがらんしょ 秋の恵みの大感謝祭 」を開催しております。

イベントで対象商品を購入しキャンペーンコードを集めて応募で県産品が当たるキャンペーンと、ふくしま市場内でお友達を紹介し一緒にお買い物をするとふくしまの新米がもらえる「お友だち紹介キャンペーン」を同時開催し、県産品の販路拡大・流通促進に努めて参ります。


あがらんしょ 秋の恵みの大感謝祭https://fukushima-ichiba.com/pages/hakken2022aw
ふくしま市場https://fukushima-ichiba.com/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社スペースワン >
  3. 福島市×ふくしま市場 「ひょう害りんご食べて応援」キャンペーン開催中