【STARTUP DB】調査結果 国内スタートアップ資金調達金額ランキング(2021年1-11月)

124億円調達を果たしたアストロスケールホールディングスをはじめ、新たに4社がランクイン

成長産業支援事業を推進するフォースタートアップス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:志水雄一郎 以下、フォースタートアップス)は、継続的に国内スタートアップ動向に関する調査を行い、当社サービスである「STARTUP DB(スタートアップデータベース)」に調査結果を公開しています。今回は、2021年1月から11月までを対象とした「国内スタートアップ資金調達金額ランキング(2021年1月〜11月)」を発表いたします。


中でも、スペースデブリ除去サービスの開発に取り組むアストロスケールホールディングスがシリーズFラウンドにおいて約124億円の第三者割当増資を実施。引受先にはDNCA Invest Beyond Global LeadersやPrelude Capital、Seraphim Space Investment Trust、Y’s Investment、千葉道場などのベンチャーキャピタルの他、Yamauchi No.10 Family Officeやアクサ生命保険、ソラリスなど計13社が参画しています。

調達した資金は、安全で費用対効果の高い軌道上サービスに関わる技術開発や日本、英国、米国における量産に向けた自社施設の拡張などに充てるとのことです。

9位に新規ランクインしたINFORICHは、“どこでも借りられて、どこでも返せる“をコンセプトにモバイルバッテリーシェアリングサービス「ChargeSPOT」を展開しています。

同社はMRA INVESTMENTS、NEXTBLUE、SBSホールディングス、ピー・アンド・イー・ディレクションズを引受先とする59億円の資金調達を発表。2021年11月時点では、「ChargeSPOT」の国内設置台数は30,000台を突破し、海外においては台湾約4,300台、香港約3,000台、タイ約1,000台の設置が完了しています。

今後は、日本発世界共通で利用できるバッテリーシェアリングのインフラとして防災、環境保護、街づくりに貢献していく方針です。

医療ITシステムを手掛けるLinc’wellは11位に新規ランクインを果たしました。同社はシリーズCラウンドにおいてBain CapitalをリードインベスターにPavilion Capital、インキュベイトファンド、DCM、ニッセイ・キャピタルなどを引受先とした総額約80億円の第三割当増資を実施しています。

なお、Bain Capitalは、2020年8月に行なったヘイに対する70億円の出資に続き、今回が2社目の国内スタートアップへの出資となりました。今回調達した資金は、ヘルスケアプラットフォームの構築を目指してさらなる成長を実現するための採用・新規開発に充てるとしています。

18位には、世界最大のVRイベント「バーチャルマーケット」を運営するHIKKYが新規ランクイン。同社はシリーズAラウンドにおいて、NTTドコモを引受先とした第三者割当増資により総額65億円を調達するとともに資本業務提携も締結。今回調達した資金は、「バーチャルマーケット」や「Vket Cloud」を含むVRサービス事業の国内外への拡大、組織基盤強化などに充当する方針です。

2021年に初めて調達を公開した企業はオリヅルセラピューティクス、アキュリスファーマ、HIKKYの3社
 

トップ20にランクインしている企業のうち、累計資金調達金額が100億円を超えている企業は、Spiber、スマートニュース、TBM、Mobility Technologies、ヘイ、SmartHR、リキッドグループ、アストロスケールホールディングス、INFORICH、ispace、ディーカレット、ビットキーの12社です。

またランクインを果たした企業のうち、オリヅルセラピューティクス、アキュリスファーマ、HIKKYの3社は2021年において初めて資金調達を確認。 全社は、それぞれ累計で65億円以上の調達を実施しています。

また、2021年11月における資金調達金額の中央値は1億2,490万円、平均値は10億3,880万円でした。これに伴って、資金調達金額合計額が768億7,110万円と、先月の359億8,1600万円の約2.1倍となりました。これは、11月中にアストロスケールホールディングスやINFORICHをはじめとして、50億円を超える資金調達が5社行われたことも影響しています。

ランクイン企業のピックアップニュース

キャディ
オンラインカンファレンス「Manufacturing DX Summit 2022 製造業DXへの挑戦」を開催

ディーカレット
デジタル通貨フォーラムによるデジタル通貨ホワイトペーパーとプログレスレポートを公表

HIKKY
3度目のBEAMSバーチャルショップはファッションのメタバース化を提案

■「STARTUP DB ENTERPRISE」参画パートナー企業申し込み受付中
「STARTUP DB ENTERPRISE」とは?
スタートアップエコシステムにおける事業会社や投資家などのエコシステムビルダーの皆様と、国内スタートアップ、それぞれが信頼のできるパートナーとのアライアンス機会の創造をサポートする機能です。また、成長産業に特化した情報プラットフォーム「STARTUP DB」をさまざまな機能をアップグレードしてご利用頂けます。
https://is.gd/KV69Xw

【調査概要】
タイトル:「国内スタートアップ資金調達金額ランキング」
調査期間:2021年1月から11月まで(2021年11月時点)
レポート記事:STARTUP DB  (https://media.startup-db.com/research/funding-ranking-202111

※当社が取得した登記簿謄本に記載している情報を元に参考値として算出しておりますが、当社は、本情報の正確性、信頼性、完全性を保証するものではなく、本情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

STARTUP DB(スタートアップデータベース)について
国内最大級の成長産業領域に特化した情報プラットフォームです。企業データベースは、13,000社以上の日本のベンチャー・スタートアップ企業の情報を保有するとともに、起業家・投資家、エコシステムビルダーの方々累計100名以上のインタビューコンテンツをリリースしています。2019年6月24日より、英語版リリース。また、世界最大級のベンチャー企業データベース「Crunchbase」とデータ連携し、日本企業の情報を海外のプロフェッショナルに届けることで、国内の成長産業領域市場の発展に貢献しています。
https://startup-db.com/

フォースタートアップス株式会社 概要
社名 : フォースタートアップス株式会社
代表者 : 代表取締役社⻑  志水 雄一郎
設立 : 2016年9月1日
事業内容:成長産業支援事業
所在地 : 東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー36F
https://forstartups.com/ 

フォースタートアップスは、「(共に)進化の中心へ 」というミッションを掲げ、「for Startups」というビジョンのもと、インターネット/IoTセクターをはじめ、ディープテック等リアルビジネス領域も含めた起業支援と転職支援を中核とした成長産業支援事業を推進。国内有⼒ベンチャーキャピタルと連携したスタートアップ・ベンチャー企業への戦略的資⾦⽀援や、成長産業領域に特化した情報プラットフォーム「STARTUP DB(スタートアップデータベース)」の運用、及び、大企業や行政との共創モデルによる産業エコシステム強化にも取り組んでいます。今後もミッション・ビジョンとともに、日本の成長・発展に貢献してまいります。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. フォースタートアップス株式会社 >
  3. 【STARTUP DB】調査結果 国内スタートアップ資金調達金額ランキング(2021年1-11月)