TKC会員事務所のホームページで、新型コロナウイルスに関する国・政府系金融機関の企業向け支援策を案内するサービスを開始します!

新型コロナウイルスの影響を受け、国や政府系金融機関が、中小企業の休業手当・賃金等の3分の2を助成する「雇用調整助成金」や、一般保証とは別枠で最大2億8000万円を保証する「セーフティネット保証」等の各種支援制度を講じています。
株式会社TKC(本社:栃木県宇都宮市/代表取締役社長:飯塚真規)は、これらの中小企業向け支援制度を広く案内することを目的に、TKC会員事務所のホームページで「新型コロナウイルス感染症対策情報」を案内するコンテンツの提供サービスを開始します。
1.「新型コロナウイルス感染症対策情報~政府等の企業向け支援策一覧~」

(1) コンテンツの内容
新型コロナウイルスの影響を受けた事業者に対する、国(省庁)や政府系金融機関等の支援策をご案内するコンテンツです。当コンテンツでは、下記の機関より発表される支援策を随時、情報提供してまいります。


(2) サービス開始日:令和2年3月10日(火) 

(3) 提供方法
TKCの「HP毎月更新サービス」を利用中のTKC会員事務所が自社のホームページに当コンテンツを掲示し、中小企業向けに情報発信します。

2.コンテンツの掲載内容の確認はこちら
https://www.tkc.jp/lp/corona
※TKCのホームページにも、HP毎月更新サービスと同じコンテンツを掲載しています。



■TKCのHPに開設した政府等の企業向け支援策一覧

■株式会社TKCについて
株式会社TKC(https://www.tkc.jp/)は、事業目的に「会計事務所の職域防衛と運命打開」と「地方公共団体の行政効率向上による住民福祉の増進」を掲げ、創業以来、一貫して2つの分野に特化した情報サービスを展開しています。
税法・会社法・民法・行政法など、法律と深く関わりながら社会的責務を全うする税理士、公認会計士および地方公務員の業務遂行を、情報テクノロジーを媒体にして支援し、広く日本の経済、地域社会の発展に寄与してまいります。

■TKC会員事務所向けホームページ毎月更新サービス
TKC会員事務所向けホームページ毎月更新サービスは、TKC会員事務所に特化した、使いやすく充実したホームページサービスです。事務所をアピールするための情報発信ツールとして活用できます。令和2年3月10日時点で、約3,480のTKC会員事務所が当サービスを利用しホームページを公開しています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. TKC >
  3. TKC会員事務所のホームページで、新型コロナウイルスに関する国・政府系金融機関の企業向け支援策を案内するサービスを開始します!