日本で10軒目となるシェラトンが、2022年に鹿児島市に開業

~シェラトン拡大へ向け南国殖産と契約を締結~

 今日のホスピタリティ業界を牽引するマリオット・インターナショナル(本社:米国 メリーランド州、社長兼最高経営責任者:アーン・ソレンセン)が展開するブランドのひとつ、シェラトンホテル&リゾートでは、この度、南国殖産株式会社(本社:鹿児島県鹿児島市、代表取締役社長:永山 在紀)と、新築となる『シェラトンホテル』(223室)を鹿児島市に建設する契約を締結しました。鹿児島市は、ヤシの木が立ち並ぶ通りや鹿児島のシンボルともいえる桜島など、姉妹都市のイタリア・ナポリ市にも劣らない景観を有する南日本の主要都市です。

「日本のこの美しい鹿児島の土地に、シェラトンブランドをご紹介できることを大変嬉しく思っております。『シェラトン鹿児島』は、日本における10軒目のシェラトンホテルとなります。マリオット・インターナショナルはアジア太平洋地域の玄関都市や地方都市での拡大に精力的に取り組んでおりますが、こうした都市は近年、認知度の高まりが加速しており、観光客やビジネストラベラーも増加しています。鹿児島へのシェラトン進出にあたっては、南国殖産という現地の素晴らしいパートナーと連携でき、身の引き締まる思いです。次世代の旅行者の期待に沿えるよう、ともに尽力してまいります」(マリオット・インターナショナル アジア太平洋 ブランド&マーケティング担当ヴァイスプレジデント、マイク・ファーカーソンのコメント)

 スイートを含む全223室の客室では、シェラトンオリジナルの快適なベッド、高速インターネット接続、液晶フラットパネルテレビなどを備えています。オールデイ・ダイニングのほか、レストラン施設とロビーラウンジ・バーにて、シェラトンオリジナルのお食事をお楽しみ頂ける予定です。館内には、約500平米の宴会場、4つの会議室、プレファンクションエリアなど、953平米に及ぶ多目的機能も有しています。 その他、チャペル、スイミングプール、フィットネスセンター、シェラトンクラブラウンジ、スパ、ギフトショップ、ウェディングチャペルを等の施設をご用意しており、大切なセレモニーから大型の会議まで幅広い目的でご利用頂けます。

 日本の南西部に位置する鹿児島県は、温暖な亜熱帯気候が特徴で、その県庁所在地である鹿児島市には、東京から南へ約1時間半のフライトで到着します。同市を象徴するランドマークが、鹿児島湾の中ほどにある壮大な活火山、桜島です。ベスビオ火山と比されることも多い桜島は、普段は噴火口から煙が立ち上る姿が特徴的で、日に何度か微噴火を目のあたりにすることもあります。この火山やその美しい海岸線を眺める絶景スポットが数個所も点在しており、桜島周辺にはハイキングコースもあります。

 絵画のように美しい、活気あふれる沿岸都市鹿児島は、政治と商業において、江戸時代までさかのぼる長い歴史と独自の文化を誇り、また盛んな漁業や農業のおかげで郷土料理も人気です。鹿児島は日本の伝統的な蒸留酒のひとつである焼酎の産地として、WTO(世界貿易機関)の認定を受けています。日本を代表する蒸留酒、焼酎の国際的な人気はここ10年ほど年々高まるばかりで、今や日本酒の人気をもしのぐほどです。

 「鹿児島に伝統ある上質なシェラトンブランドを導入するにあたり、マリオット・インターナショナルが持つ専門知識と経験に、南国殖産が得ている高い評価やリソースを融合させることができ、大変心強く思っております。南国殖産は、鹿児島市の開発・発展に寄与する事業で地域総合整備財団(ふるさと財団)から表彰されたこともある優良企業です。お客様はシェラトン鹿児島を拠点に鹿児島のすべてを楽しみ尽くし、一日の終わりには快適で便利な当ホテルにて、シェラトンならではの最高のサービスを味わい尽くしていただけます」(マリオット・インターナショナル アジア太平洋地区 開発最高責任者、ポール・フォーブスキー のコメント)

 同ホテルの開業は2022年を予定しており、設計は三菱地所設計社、内装デザインをメック・デザイン・インターナショナル社が担当します。

 アジア太平洋地域は、シェラトンブランドが最も成長している地域であり、既存の120軒のシェラトンホテル&リゾートが展開しており、50軒以上の開発案件が進行しています。詳細については、www.sheraton.com にてご覧いただけます。

南国殖産株式会社について
1945年鹿児島にて設立。建設資材および機材の販売、エネルギーおよびエネルギー関連機器の販売、不動産開発事業を展開する。鹿児島中央ターミナルビルの開発や水力、バイオマスおよび太陽光発電による電力供給など、鹿児島地域の開発と雇用創出に寄与する事業に対し、地域総合整備財団(ふるさと財団)より表彰。2016年の年間売上は、1,830億円(16億米ドル)、2016年時点の総資産は1,380憶円(12億米ドル)です。

シェラトンホテル&リゾートについて
マリオット・インターナショナルが展開するブランドであるシェラトンは、世界70ヵ国450軒以上のホテルでお客様が旅を最大限に楽しむお手伝いをしています。革新的な体験、独自のデザイン、多チャンネルによるマーケティング、そしてサービスの強化などを今後も充実させ、ブランドの価値を高めてまいります。また、業界での受賞歴もあるロイヤルティプログラム、スターウッドプリファードゲスト(SPG)プログラムに参加しております。
会員の方は、members.marriott.comでマリオット リワード(ザ・リッツ・カールトン・リワードも含む)とアカウントのリンクができ、エリートステータスのマッチングや無制限のポイント移行が可能です。詳細はwww.sheraton.com をご覧ください。また、FacebookやTwitter(@sheratonhotels)、Instagram(@sheratonhotels)でも情報を発信しております。

マリオット・インターナショナルについて
マリオット・インターナショナル(NASDAQ: MAR、本社: 米国メリーランド州ベセスダ)は、127の国および地域に30のブランド、6,500軒以上の宿泊施設を擁するホスピタリティ企業です。世界中でホテルの運営およびフランチャイズ、リゾートのオーナーシップ・プログラムを展開し、また受賞歴あるロイヤリティプログラム、マリオット リワードを運営しています(マリオット リワードにはザ・リッツ・カールトン・リワード、スターウッドプリファードゲスト(SPG)が含まれます)。詳しい情報は、www.marriott.com をご覧ください。また最新の企業ニュースはwww.marriottnewscenter.com をご覧ください。FacebookやTwitter(@MarriottIntl)、Instagram(@MarriottIntl)でも情報発信しております。

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. マリオット・インターナショナル >
  3. 日本で10軒目となるシェラトンが、2022年に鹿児島市に開業