DX/AI推進のための“知恵袋”、オウンドメディア「AI-CAN(アイキャン)」をリリース

AIに関する人材育成から実運用まで一気通貫で支援する株式会社アイデミー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 石川聡彦、以下「アイデミー」)は、2020年11月25日にオウンドメディア「AI-CAN(アイキャン)」をリリースいたします。AIを用いたビジネス変革に役立つヒントや具体事例を紹介する“知恵袋”を目指して、今必要とされている情報を発信してまいります。

 

【背景】

新型コロナウイルスの感染拡大により人々の暮らしや企業の在り方が一変した2020年。DX実現に向けた動きが加速するウィズ/アフターコロナを見据え、アイデミーはDX/AI人材育成の促進に向けたWebセミナーを積極的に開催し、累計で1000名を超える企業担当の方々にご参加頂きました。

あるセミナーにおいて、DX/AI人材育成・研修の取り組み状況について聞いたアンケートによると「全社的に取り組んでいる」「自社の一部でDX/AI人材育成をしている」など、既に取り組みをスタートさせ軌道に乗せている企業が33%なのに対し、「あまりDX/AI人材育成は進んでいない」が約64%、「全く取り組んでいない」が3%となりました。
注目すべきは過半数以上を占めた「あまりDX/AI人材育成は進んでいない」で、必要性は感じながらも推進に向けた具体的なアクションが取れていない企業が多く存在することが示されています。
背景には、「AIによるビジネスインパクトの規模」や、「AIによってどのような課題解決ができるのか」という具体的事例の情報が不足していることによってAIを導入した結果のアフター像を描き切れていないことが要因の1つとして考えられます。アイデミーはAI人材の育成から実運用まで幅広い支援を行ってまいりました。この中で得た豊富な知見を生かし、DX/AI実現に向けた動きが加速するための知恵となる情報を、オウンドメディア「AI-CAN(アイキャン)」にて発信してまいります。

【媒体概要】
媒体名    :AI-CAN(アイキャン)
更新頻度   :週1回程度
サイトURL  :https://business.aidemy.net/ai-can
コンテンツ  :

  • AI導入事例
    • AI導入について感じている課題感と社内でのAI人材育成という手法を選んだ理由、導入した結果についてアイデミー導入企業の皆様のお声を掲載します。
  • セミナーレポート
    • 各業界のAI導入やDX推進についての課題をどのような手法で解いて行くのか、具体的な事例や運用方法を解説したセミナーの概要レポートです。
    • 様々な業界や規模感の企業様と共催で開催しているセミナーも多く、幅広い業界のボトルネックや各フェーズで発生する課題についてわかりやすくお伝えします。
  • AI活用事例(順次掲載予定)
    • AI活用の事例を解説してご紹介します。自社で活かせる参考例となる具体例が見つかることで、課題解決の解像度向上に寄与します。

 

【株式会社アイデミー】
株式会社アイデミーは「先端技術を、経済実装する。」を企業理念とする、2014年創業のベンチャー企業です。
2017年12月に「10秒で始めるAIプログラミング学習サービスAidemy」をリリースし、サービス開始約2年半で登録ユーザー数8.5万人を突破した日本最大級のAI学習オンラインサービスとなりました。現在では個人向けに留まらず法人向けにもサービスを展開しており、企業のAIプロジェクト内製化に向け、教育研修から事業定義・試作品開発・実運用まで一気通貫でご支援しております。こうした事業を通じて、「先端技術が社会実装されるまでの壁」を取り除くべく尽力して参ります。

 

【Aidemyの概要】
Aidemyはサービス開始約2年半で登録ユーザー数8.5万人を突破した日本最大級のAI学習オンラインサービスです。 https://business.aidemy.net/?utm_source=press&utm_content=201125
1.10秒で演習開始 – PCへの環境構築は不要で、インターネットブラウザ上でプログラミングができます。
2.今話題の技術を習得可能 – ディープラーニングや自然言語処理など、いま話題の技術を習得できます。
3.無料から始められる – 一部の講座は完全無料にてご受講いただけます。

▲Aidemyの演習画面の例:コードを書きながら学習する問題▲Aidemyの演習画面の例:コードを書きながら学習する問題

▲Aidemyの演習画面の例:Aidemy Business 利用者向けの管理画面▲Aidemyの演習画面の例:Aidemy Business 利用者向けの管理画面

【modeloyの概要と特徴】

「modeloy」は、機械学習モデルの運用支援プラットフォームです。
https://www.modeloy.ai/?utm_source=press&utm_content=201125
機械学習モデルのコードをアップロードするだけで「機械学習モデルをデプロイできる」という機械学習運用の業務が最も最小化されたUXの実現を目指しています。
1.サーバーに関する知識不要
サーバーやネットワーク等の知識は一切不要。pyファイルとインプットデータだけあれば本番API運用を実現できます。
2.0からAIの内製化をサポート
大手製造業を中心にご提供している弊社教育サービスと併用することで、全くの0からAIの内製まで支援することができます。
3.シンプルで使いやすいUI
API運用を一つの画面に集約し、煩雑になりがちな運用をシンプルにわかりやすく行うことができます。​

▲AIモデルのデプロイ画面イメージ▲▲AIモデルのデプロイ画面イメージ▲

【株式会社アイデミー概要】

会社名:株式会社アイデミー
所在地:東京都千代田区神田小川町1-1 山甚ビル3F
代表者:代表取締役社長 石川 聡彦
設立:2014年6月
URL:https://aidemy.co.jp/  
株主:経営陣, 東京大学エッジキャピタルパートナーズ(UTEC), Skyland Ventures, 大和企業投資, ダイキン工業,
テクノプロ, 東京大学協創プラットフォーム開発(東大IPC), 千葉道場ファンド, 個人投資家
事業内容:AIに強い人と組織体制を構築するため

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アイデミー >
  3. DX/AI推進のための“知恵袋”、オウンドメディア「AI-CAN(アイキャン)」をリリース