“まなぶ”と“はたらく”の融合で個人と組織の成長に繋げる第一歩

~ クラウド資格取得の合格率74%、受講者数100名を1年で突破 ~

パーソルイノベーション株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:長井 利仁、以下パーソルイノベーション)が展開する法人向けデジタル人材育成サービス『学びのコーチ』( https://persol-innovation.co.jp/manabicoach/ )は、サービス開始1年でクラウド資格取得の合格率が74%、受講者数は100名を突破したことをお知らせいたします。

『学びのコーチ』は、「はたらく日本人の約5割が学んでいない」※1という課題に対して、自律的に学ぶ「ラーニングカルチャー」の醸成を目的に誕生したサービスです。「伴走者の有無」でクラウド資格取得の合格率に2倍の差が生まれることが2020年10月から2021年3月までの実証実験※2で分かったことから、新しい生活様式にマッチしたオンラインコーチングを活かしたデジタル人材育成サービスを展開しています。学習者に応じて最適なプログラムを提供することで、学習継続率※3は99%を達成しました。また、サービス開始から1年で、クラウド資格※4取得の合格率74%、受講者数100名を突破しています。(2022年3月末時点)
 学習者に応じた最適なプログラムは、信頼できる学習計画、総学習時間の計測、つまずきを支える技術的なコーチの伴走、そして『学びのコーチ』サービス開始と同時に連携した法人向けオンライン動画学習サービス「Udemy Business」を組み合わせてオリジナルで設計します。「Udemy Business」は、はたらきながらでも高いスキルを学ぶことができるように設計されており、今回の合格率の高さに繋がりました。
※1:パーソル総合研究所 「APAC就業実態・成長意識調査(2019年)」https://rc.persol-group.co.jp/news/201908270001.html
※2:当社調べ
※3学習継続定義:様々ある学習イベント(e-learning視聴、ピアラーニング、テクニカルコーチ面談等)が完全に停止している=学習離脱者と定義をし、(受講生総数-学習離脱者)/受講生総数=学習継続率として算出しています。
※4クラウド資格:高度クラウド人材と認定されるために必要とされるAWS SAA 及び Azure Administrator(AZ-104)を指す

■今後の展望
「“まなぶ”ことで“はたらく”が変わる」ことを実感していただくために、今後も合格率の向上や受講者の増加に向けてサービスをアップデートしていきます。また、点(スキル)がつながり線(ジョブ)になる学びを提供するために「DXジョブカタログ」※を100職種までに拡充することや、法人向けだけでなく、学びたいと思った個人がすぐに学習を始められるよう個人向けにもサービスを展開していく予定です。
※DXジョブカタログとは:職種ごとに求められるスキルと学習方針を示すコンテンツで8月の公開を目指しています。

■『学びのコーチ』サービス責任者 柿内 秀賢コメント
100名を超える方々にサービスをご利用いただけたことに感謝しています。お一人おひとりの学びに取り組む動機やスキルの状況を伺っていると、その多様性に驚きます。資格取得という明確なゴールだったとしても、必要な総学習時間は人によって異なりますし、基礎知識の有無によって学ぶ内容も異なります。多様性を受け止めた学びは、提供すること自体もサービスの品質管理も非常に難しいです。ですが、100名を超える方々とのチャレンジを通じて、高い合格率を得られ、学びが楽しくなったとの声をたくさんいただくことができました。現在、様々なお客様と資格取得に限らず「多様性の中でデジタル人材育成を推進する」ことをチャレンジさせていただいています。一人でも多くの方に、はたらくに貢献できる学びを提供できるよう今後も邁進してまいります。

■Udemy日本事業責任者(株)ベネッセコーポレーション 飯田 智紀コメント
「Udemy Business」は日本国内にて700社以上にご利用いただいており、デジタルトランスフォーメーション(DX)を始めとした様々な経営課題の解決を、学びを通してご支援させていただいています。
「学びのコーチ」を組み合わせることで、より多くの企業様に個別最適な学習体験をご提供できることを大変嬉しく思うと同時に、本協働を通じて学び続ける大人を応援し、社会全体でラーニングカルチャーの醸成を実現して参りたいと考えております。

■『学びのコーチ』について < https://www.manabicoach.jp/ >
「学びのコーチ」は、総合人材サービスを提供するパーソルグループのノウハウを活かし、リスキリング※に強みを持つデジタル人材育成サービスです。需要の高まるデジタル人材育成において「何を学ぶか」「どう学ぶか」に課題を持つ企業に「各社のニーズに合わせた柔軟なカリキュラム設計」「コーチによる学習伴走」を通じてサービスを提供しています。
※「リスキリング(Re-Skilling)」とは、個人においては「市場ニーズに適合するため、保有している専門性に新しい取り組みにも順応できるスキルを意図的に獲得し、自身の専門性を太く、変化に対応できるようにすること」、企業においては「従業員が社内で新たな業務に就けるようにするための再教育のこと」を言う。大学等に入り直す「リカレント教育」に対して仕事を続けながら継続して学び続けることを指す。

■Udemy Businessについて < http://www.benesse.co.jp/udemy/biz/ >
一般顧客向けにUdemyで公開されている講座の中から、法人利用者向けに厳選した日本語及び英語約7,300講座を、サブスクリプション(定額制)で利用することができる“C2B(Consumer to Business)”のオンライン学習サービス「Udemy Business」を展開。法人の皆様には、各々の業務課題にあったテーマから講座を選択し、人材育成に活用いただいており、国内700社以上、日経225登録企業の50%以上に採用いただいています。(2022年6月時点)

■パーソルイノベーション株式会社について < https://persol-innovation.co.jp/
パーソルイノベーション株式会社は、パーソルグループの次世代の柱となる事業創造を目的として、2019年4月に事業を開始しました。テクノロジー人材のエンパワーメントと企業のDX組織構築支援を行う『TECH PLAY(テック プレイ)』、日本最大級のオープンイノベーションプラットフォーム『AUBA(アウバ)』、シフト管理サービス『Sync Up(シンク アップ)』をはじめとした新サービスを運営するとともに、新たな事業開発やオープンイノベーション、デジタルトランスフォーメーションを推進、パーソルグループのイノベーションを加速していきます。

■「PERSOL(パーソル)」について < https://www.persol-group.co.jp/
パーソルグループは、「はたらいて、笑おう。」をグループビジョンに、人材派遣サービス『テンプスタッフ』、転職サービス『doda』、ITアウトソーシングや設計開発など、人と組織にかかわる多様な事業を展開しています。グループの経営理念・サステナビリティ方針に沿って事業活動を推進することで、持続可能な社会の実現とSDGsの達成に貢献していきます。
また、人材サービスとテクノロジーの融合による、次世代のイノベーション開発にも積極的に取り組み、市場価値を見いだす転職サービス『ミイダス』、テクノロジー人材のエンパワーメントと企業のDX組織構築支援を行う『TECH PLAY』、クラウド型モバイルPOSレジ『POS+(ポスタス)』などのサービスも展開しています。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. パーソルイノベーション株式会社 >
  3. “まなぶ”と“はたらく”の融合で個人と組織の成長に繋げる第一歩