大東建託、買い物代行サービスを都内一部エリアで実証実験

オープンイノベーションプログラム「大東建託アクセラレーター2019」で採択

大東建託株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小林克満)のグループ会社、大東建託パートナーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:佐藤功次)は、買い物代行サービス「ツイディ(twidy)」を展開するダブルフロンティア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:八木橋裕)と業務提携契約を締結し、4月1日より、当社グループが管理する賃貸建物の入居者様を対象に、都内一部エリアでお買い物サポートサービス(以下、本サービス)導入に向けた実証実験を開始します。
本取り組みは、オープンイノベーション※1により新規ビジネスを創出するため昨年10月に実施した「大東建託アクセラレーター2019」にて、エントリーの後に最終選考を通過した事業で、本実証実験は協業に向けた第一歩となります。実証期間は本年9月までの6カ月間を予定しており、本サービスの利用状況などを検証します。なお、期間中は本サービスの利用時に必要な買い物代行手数料を特別価格にてご提供します。

当社グループは今後も、生活者が快適に暮らすことができる社会の実現を図るほか、安心できる将来の実現など、既存事業の枠にとらわれない顧客満足につながる全く新しいサービスをスタートアップ企業と共創することで、社会課題解決に繋がる新たな価値の創造を目指します。

■提携店舗の近隣に住む人が買い物代行を頼めるサービス「ツイディ」

「ツイディ」は、スーパーマーケット、ホームセンター、ドラッグストアをはじめとする地域に根ざした小売事業者や地域の新聞販売店、デリバリー事業者、そして地域住民と連携して実現する、地域密着型のお買い物サポートサービスです。

ウェブサイトで欲しい商品を注文すると、最短1時間で自宅に届くうえ、時間は1時間単位で指定でき、当日の午後6時までに注文すれば当日配送が可能です。一般的なネット通販などと比べ、利用者が自分の都合に合わせて機動的に注文できるのが特徴で、食品スーパーの「サミット」2店と「ライフ」1店、ホームセンターの「島忠」1店でサービスを提供しています。

■実証実験概要
実証期間   :2020年4月1日~2020年9月末日(6カ月、一部エリアは4月8日より実証開始)
実証エリア  :東京都渋谷区、港区、世田谷区、中野区内の一部エリア
対象住戸数  :大東建託グループが管理する賃貸住宅 約800戸
利用方法   :大東建託グループの入居者様専用アプリ「DK SELECT進化する暮らしアプリ」より
        特設サイトに入り会員登録の上利用
代行手数料  :無料(大東建託グループにて負担)
※注文金額によっては全額無料とならない場合があります。
(ツイディ: https://twidy.jp/ )

■ダブルフロンティア株式会社概要

本社           :東京都千代田区西神田2-5-8 共和15番館8F
代表取締役  :八木橋 裕
設立           :2013年4月15日
資本金        :1億7,700万円(資本準備金を含む)
事業内容     :お買い物代行プラットフォーム「ツイディ(twidy)の企画・開発・運営
URL        :http://wfrontier.jp/
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 大東建託株式会社 >
  3. 大東建託、買い物代行サービスを都内一部エリアで実証実験