佐賀の伝統工芸事業者との商品開発「EDITION 2021」有田焼、伊万里焼など5種の新作酒器デビュー

ピースウィンズ・ジャパンの、世界的デザイナー澄川伸一さんと工芸事業者との今年4年目となる商品開発プロジェクト

特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン(代表理事/大西健丞 以下PWJ)は、伝統工芸のつくり手とつかい手をつなぐプラットフォームとして、佐賀県の伝統工芸支援「ピースクラフツSAGA」事業(https://peace-crafts.org/)に取り組んでいます。今年も世界で活躍するデザイナー澄川伸一さんのデザイン・ディレクションで佐賀の伝統工芸事業者とともに、商品開発を行いました。4年目となる今年は有田焼の源右衛門窯、辻常陸窯、伊万里焼の畑萬陶苑、武雄焼の東馬窯と閑古錐窯が参加し、各窯元の特徴を活かした酒器を中心とした商品をラインアップしました。
日常使いしやすい商品をラインアップ「ピースクラフツSAGA EDITION 2021」

 

左から 伊万里焼 畑萬陶苑「爽 SOU モイスト 菊口ぐい吞み」、有田焼 辻常陸窯「麗 REI 染錦花唐草文酒器」、武雄焼 閑古錐窯「岩 IWA ぐい吞み」、 有田焼 源右衛門窯「梅 UME 染付梅地紋ぐい吞」、武雄焼 東馬窯「削 SAKU ぐい吞み」左から 伊万里焼 畑萬陶苑「爽 SOU モイスト 菊口ぐい吞み」、有田焼 辻常陸窯「麗 REI 染錦花唐草文酒器」、武雄焼 閑古錐窯「岩 IWA ぐい吞み」、 有田焼 源右衛門窯「梅 UME 染付梅地紋ぐい吞」、武雄焼 東馬窯「削 SAKU ぐい吞み」

2018年に開始したピースクラフツSAGAの商品開発プロジェクト「ピースクラフツSAGA EDITION」。4年目の今年は、下記5事業者が参加し、全27商品がデビューしました。
  1. 360年以上皇室御用達の、15代続く窯元、有田焼 辻常陸窯………………………酒器、小皿
  2. 創業260余年。全国に根強いファンをもつ窯元、有田焼 源右衛門窯…………ぐい吞み、梅型鉢(小・大)
  3. 伊万里鍋島焼の伝統を現在のライフスタイルに活かす、伊万里焼 畑萬陶苑…ぐい吞み、湯吞み、長角皿、大皿
  4. 武雄古唐津の伝統を大切にしながら日用食器を製作する、武雄焼 東馬窯……ぐい吞み、湯吞み、花器
  5. 有名ホテルやレストランで使われる、知る人ぞ知る窯元、武雄焼 閑古錐窯…ぐい吞み、花器、楕円皿(中・大)
伝統工芸事業者支援の一環として、ピースクラフツSAGA限定のふるさと納税返礼品となり、9/15オープン予定のピースクラフツSAGAオンラインショップや、各事業者でお求めいただけます。
商品詳細はこちら https://peace-crafts.org/edition-2021/

■終わりの見えないコロナ禍は伝統工芸産業も直撃
緊急事態宣言の発令による人々の外出自粛、飲食店や百貨店の休業、人が大勢集まるイベントの中止・・・ありとあらゆることが「当たり前」でなくなり、「制限される」ことが増えたコロナ禍の今日。これらの様々な制限は今、伝統工芸事業者を大いに苦しめています。佐賀県陶磁器工業協同組合の調べでは、組合員の売り上げは初めて緊急事態宣言が発令された2020年5月は、対前年比26.5%にまで大幅に売り上げが落ち込みました。その後も依然として厳しい状況は続き、2021年1月~7月の累計はコロナ流行前の2019年の同時期と比べても、52.5%までにしか回復していません。この深刻な現状に、長引くコロナ禍がさらに拍車をかける危機的状況となっています。

伝統工芸事業者支援の一環としてピースクラフツSAGAでは、2018年より世界で活躍するデザイナーを迎え、商品開発事業「ピースクラフツSAGA EDITION」を行っています。今まで18事業者が参加し、ハードルが高くなりがちな伝統工芸品を、現代の暮らしに取り入れやすいよう、日常使いしやすい商品を開発しています。

■デザイン・ディレクションはTOKYO2020オリパラ公式卓球台をデザインした澄川伸一さん


澄川伸一 プロダクトデザイナー
大阪芸術大学教授/澄川伸一デザイン事務所代表
千葉大学卒。SONYでのデザイナーを8年経験後1992年独立。2016 RIOと2020 TOKYOのオリパラ公式卓球台をデザインする。その他、児童遊具/医療機器/セキュリティーゲート/プロ用カメラ/ガラス製品など広範囲でデザイン活動を実践。ドイツIF賞、ドイツレッドドット賞、グッドデザイン賞など受賞多数。 
https://sumikawadesign.amebaownd.com/

<EDITION 2021 完成にあたり>
ハイレベルで多様性が共存している佐賀県の伝統産業。今年度はその代表的な焼き物の有田焼/伊万里焼/武雄焼から五種のオリジナルの酒器をデザイン/ディレクションしました。どれも欲しくなるようなすてきなアイテムが出来上がりました。家での時間が重要になっている時代になりましたが、器による日常のごほうびタイムを満喫していただけたら幸いです。

■商品一覧
  • 有田焼 辻常陸窯

 

・麗/REI 染錦・染付花唐草文酒器
・麗/REI 染錦・染付花唐草文小皿
  • 有田焼 源右衛門窯

​・梅/UME 染付・赤絵梅地紋ぐい吞

・梅/UME 黒釉梅型ぐい吞/梅型鉢(小・大)
・梅/UME 染付・赤絵梅見込ぐい吞
・梅/UME 白磁梅型鉢(小・大)

・梅/UME 染付梅型ぐ/梅型鉢(小・大)

  • 伊万里焼 畑萬陶苑


・爽/SOU モイスト 菊口ぐい吞み
・爽/SOU モイスト 菊口湯吞み
・爽/SOU モイスト 流水桜長角皿
・爽/SOU モイスト 流水桜大皿
  • 武雄焼 東馬窯


・削/SAKU ぐい吞み
・削/SAKU 湯吞み
・削/SAKU 花入れ
  • 武雄焼 閑古錐窯


・岩/IWA ぐい吞み
・岩/IWA 楕円中・大皿
・岩/IWA  花入れ






商品詳細はこちら https://peace-crafts.org/edition-2021/
 
  • ピースウィンズ・ジャパンについて
特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパンは、広島県神石高原町に本部を置き、国内外で自然災害、あるいは紛争や貧困など人為的な要因による人道危機や生活の危機にさらされた人びとを支援する国際協力NGOです。
佐賀県では、災害発生時の出動拠点となるだけでなく、平常時にはつくり手とつかい手を結ぶプラットフォームとして佐賀の伝統工芸を支援する「ピースクラフツSAGA」事業に取り組んでいます。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ピースウィンズ・ジャパン >
  3. 佐賀の伝統工芸事業者との商品開発「EDITION 2021」有田焼、伊万里焼など5種の新作酒器デビュー