習慣化プラットフォームを開発・運営する株式会社WizWe スタートアップワールドカップ2022日本予選にてSOICO賞を受賞

 この度、習慣化プラットフォームを開発・運営する株式会社WizWe(ウィズウィー、所在:東京都千代田区、代表取締役CEO:森谷 幸平、以下「WizWe」)は、米ペガサス・テック・ベンチャーズが主催する、世界最大級のグローバルピッチコンテスト・カンファレンス「スタートアップワールドカップ2022」日本予選にて、「SOICO賞」を受賞いたしました。

 「スタートアップワールドカップ2022」日本予選は、7月21日(木)にグランドハイアット東京にて開催され、ファイナリスト10社としてWizWe代表取締役CEO 森谷 幸平がピッチコンテストに登壇いたしました。

 その結果、大会のシルバースポンサー、資本政策のコンサルティングに特化したSOICO株式会社による「SOICO賞」を受賞することができました。

 WizWeはこの経験を糧に、大量のデータによる習慣化分析と習慣化サポートチームの伴走による習慣化実現にさらなる磨きをかけ、習慣化プラットフォームを進化させて、圧倒的な低価格でサービス提供していけるよう努力してまいります。

■スタートアップワールドカップとは
スタートアップワールドカップは2017年より開催されており、今回が4回目となります。世界70地域以上で地域予選が行われ、地域予選で優勝した企業は、2022年秋にサンフランシスコで開催される世界決勝戦にて、世界優勝投資賞金約1億円を掛けて競います。
https://www.startupworldcup.io/tokyo-regional-2022

<習慣化プラットフォーム「Smart Habit」とは>
教育やヘルスケア分野において、過去1万人の受講者の行動データ分析と習慣化サポートチームの伴走を組み合わせ、「人が行動を最後までやり抜く仕組み」を低コストで実現する習慣化支援サービスです。習慣化サポートチームが受講者様に寄り添って進捗をモニタリングし、フォローすることで、人の行動を習慣化し成果へ導きます。

【会社概要】
会社名:株式会社WizWe
代表者名:代表取締役CEO 森谷 幸平
所在地:東京都千代田区麹町4-8-8麹町高善ビル5階
設立:2018年5月
資本金:577,340,200円(資本準備金含む) ※2022年1月31日現在
事業内容:1. Smart Habit事業 2. 教育、ヘルスケア、その他の習慣化事業 3.サブスクリプションの離脱防止およびLTV最大化事業
会社ホームページ:https://wizwe.co.jp/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社WizWe >
  3. 習慣化プラットフォームを開発・運営する株式会社WizWe スタートアップワールドカップ2022日本予選にてSOICO賞を受賞