WEB3.0型オンラインサロン・ファンクラブ等のコミュニティが誰でも作れるHEXA(ヘキサ)新機能の公開約9時間でNFT保有参加者延べ6,000人突破!掛け捨て型→積み立て型へ

NFTマーケット「HEXA(ヘキサ)」のNFT発行者が自身の発行するNFT保有者に限定して情報をアナウンスしたり、保有者とコミュニケーションを取ったりできるNFT保有者限定コミュニティ機能「Scale-free」のNFT保有参加者が開始約9時間で延べ6,000人を突破したことをお知らせします。

メディアエクイティ株式会社が運営する日本最大級のNFTマーケットHEXA(ヘキサ)では、WEB3.0型のオンラインサロンやファンクラブなどのコミュニティ運営も可能になるNFT保有者限定コミュニティ機能「Scale-free」を2022年12月8日14時にリリースしました。リリースから約9時間後の12月8日23時30分時点で121コミュニティ、延べ6,632名のNFT保有者の方がコミュニティに参加しました。開始約9時間で延べ6,632人が参加するWEB3.0型コミュニティサービスとなり、現在も増加を続けています。

コミュニティ参加にはNFTの購入が必要となりますが、NFTはデジタル資産であるため、転売することもできます。従来掛け捨て型の利用料を払って参加するコミュニティから、NFTを参加券として積立型で参加するコミュニティの実現が可能となります。発行者はロイヤリティを設定することで、NFTが転売されるたびにロイヤリティ収益が得られるため、発行者と参加者がコミュニティの価値を上げていくインセンティブが得られ、発行者はコミュニティの需要が高まり、NFTの価値が高まればコミュニティ参加者にも恩返しができます。

HEXAのコミュニティ機能では、発行者が自身の発行するNFTをコレクションごとに選択し、複数の保有者限定コミュニティを作成し、管理する事が可能となります。WEB3.0型オンラインサロンやファンクラブなどの運営、その他様々な施策の実施が可能となります。参加者がデータの所有権をNFTという形で保有し、一緒にコミュニティを盛り上げる関係性を簡単に作り上げることができます。仮想通貨やウォレット不要のため、コミュニティへの参加、NFTの購入のために仮想通貨の購入やウォレットの準備をして頂く必要はなく、多くのユーザー様が参加しやすい形でWEB3.0型のコミュニティ運営が可能となります。

NFT保有者限定コミュニティ機能「Scale-free」の使い方
https://hexanft.com/scalefree/

■WEB3.0とは
インターネットサービスの新しい形「WEB3.0」では、サービスプロバイダーだけでなく、サービスを利用するユーザーがデータの一部をNFTやトークンといった形で所有し、サービスの発展・成長のために貢献してすることでサービスの発展・成長の恩恵を受ける仕組みが実現できます。


■HEXA(ヘキサ)のサービス概要
日本円だけでもNFTの発行や売買ができる日本のNFTマーケットプレイス。クレジットカード決済でPCスマホから簡単にNFTを購入できます。仮想通貨やウォレットは一切不要で、すぐにNFTを購入したり、売却したり、発行できます。購入したNFTはHEXA住民票NFTがあれば、HEXAメタバースに飾って楽しむこともできます。
NFTマーケットHEXA: https://nft.hexanft.com/
マーケット連携のお問い合わせ: https://hexanft.com/request/

本件に関するお問い合わせ
メディアエクイティ株式会社 HEXA(ヘキサ)運営チーム
TEL:03-6822-4497 MAIL:info@hexanft.com
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. メディアエクイティ株式会社 >
  3. WEB3.0型オンラインサロン・ファンクラブ等のコミュニティが誰でも作れるHEXA(ヘキサ)新機能の公開約9時間でNFT保有参加者延べ6,000人突破!掛け捨て型→積み立て型へ