12月の観たい映画No.1は『アリー/ スター誕生』12月公開の映画期待度ランキングTOP20発表《Filmarks調べ》

国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」

株式会社つみき(代表取締役社長:鈴木貴幸、本社:東京都目黒区)が運営する国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」は、サービス内のデータに基づいた「2018年12月公開映画 期待度ランキング」を発表いたしました。
【2018年12月公開映画 Filmarks期待度ランキング】

■1位:『アリー/ スター誕生』

19,891Clip![12月21日公開]

■2位:『シュガー・ラッシュ:オンライン』

19,835Clip![12月21日公開]

■3位:『来る』

11,952Clip![12月7日公開]

■4位:『アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング』

6,192Clip![12月28日公開]

■5位:『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』

5,638Clip![12月28日公開]

■6位:『シシリアン・ゴースト・ストーリー』

5,166Clip![12月22日公開]

■7位:『グリンチ』

5,000Clip![12月14日公開]

■8位:『パッドマン 5億人の女性を救った男』

4,112Clip![12月7日公開]

■9位:『メアリーの総て』

3,261Clip![12月15日公開]

 

■10位:『おとなの恋は、まわり道』

2,945Clip![12月7日公開]

------
レディー・ガガ主演の『アリー/ スター誕生』が12月の期待度No.1を獲得。邦画では、中島哲也監督の最恐エンタテインメント『来る』が最上位という結果になりました。

■11位以下も注目映画がランクイン
11位:『暁に祈れ』2,590Clip![12月8日公開]
12位:『ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス』2,021Clip![12月28日公開]
13位:『春待つ僕ら』1,930Clip![12月14日公開]
14位:『ドラゴンボール超 ブロリー』1,647Clip![12月14日公開]
15位:『ゴッズ・オウン・カントリー』1,516Clip![12月2日公開]
16位:『彼が愛したケーキ職人』1,365Clip![12月1日公開]
17位:『真っ赤な星』1,247Clip![12月1日公開]
18位:『ニセコイ』1,222Clip![12月21日公開]
19位:『キックス』1,196Clip![12月1日公開]
20位:『マイ・サンシャイン』1,115lip![12月15日公開]

【期待度ランキングとは】
FilmarksのClip!数(ユーザーが観たい映画として登録した数)を集計し、ランキング化したもの(Clip!は1作品につき1人1件まで)。
※本ランキング及び記事内のClip!数は2018年11月30日時点のものです。

【Filmarks(フィルマークス)とは】
国内最大級の映画とドラマのレビューサービス。作品のレビューを簡単にチェック・投稿できる機能をベースに「作品の鑑賞記録」や「観たい作品のメモ・備忘録」「作品の感想や情報をシェアして楽しむコミュニケーションツール」として、多くの方にご利用いただいています。

(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC、(C)2018 Disney. All Rights Reserved.、(C)2018「来る」製作委員会、(C)2018 TBV PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.、(C)2018「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」製作委員会、(C)2017 INDIGO FILM CRISTALDI PICS MACT PRODUCTIONS JPG FILMS VENTURA FILM、(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS、(C)Parallel Films (Storm) Limited / Juliette Films SA / Parallel (Storm) Limited / The British Film Institute 2017

​【サービス概要】
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社つみき >
  3. 12月の観たい映画No.1は『アリー/ スター誕生』12月公開の映画期待度ランキングTOP20発表《Filmarks調べ》