プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社RevComm
会社概要

レブコム、米国の「Forbes AI 50 2023」に選出 アジアで唯一、最も有望なAI活用企業として表彰

レブコム

 株式会社RevComm(レブコム、本社:東京都渋谷区、代表取締役:會田武史)は、米国Forbes、Sequoia CapitalならびにMeritech CapitalがAIを活用してビジネスを展開する最も有望な未上場企業を表彰する「Forbes AI 50 2023」にアジア企業として唯一、選出されました。

 

  • 「Forbes AI 50」について
 「Forbes AI 50」はForbesがSequoia CapitalおよびMeritech Capitalと協力してAIを活用してビジネスを展開する最も有望な未上場企業を表彰するもので、2023年版は5回目となります。事業の中核にAI開発を据える企業の詳細情報(技術・ビジネスモデル・顧客・資金調達・収益状況など)に基づき、ランク付けを行っています。民間のスタートアップ企業を対象としており、2023年に初めて北米以外のグローバル企業も対象となりました。2023年の「Forbes AI 50」には、OpenAI、Hugging Face、Scale AI、AlphaSense、Vectra AI、Databricksといった、現在のAIブーム到来以前からAIを活用した事業に取り組んできた名だたる企業をはじめ、Adept、Anthropic、Cohere、Midjourney、Surge AIといった新しい企業も選出されています。レブコムはアジア企業で唯一、初めて選出されました。
Forbes AI 50 サイト(英語):
https://www.forbes.com/lists/ai50/
Forbes AI 50 の選定基準について(英語):
https://www.forbes.com/sites/kenrickcai/2023/04/11/ai-50-2023-methodology-judges/
Sequoia Capital US/Europe 「AI 50 2023」(英語):
https://www.sequoiacap.com/article/ai-50-2023/
 
  • 「Forbes AI 50 2023」選出企業一覧
・Abnormal Security (US)
・Adept (US)
・AlphaSense (US)
・Anduril Industries (US)
・Anthropic (US)
・Arize AI (US)
・Bayesian Health (US)
・Canvas (US)
・Character.AI (US)
・Clari (US)
・Coactive AI (US)
・Cohere (CA)
・Databricks (US)
・Descript (US)
・Eightfold AI (US)
・FarmWise Labs (US)
・Glean (US)
・Gong (US)
・Harvey (US)
・Hugging Face (US)
・ImagenAI (Israel)
・Inflection (US)
・Insitro (US)
・Ironclad (US)
・Jasper (US)
・Midjourney (US)
・MosaicML (US)
・Moveworks (US)
・Neeva (US)
・OpenAI (US)
・Pachama (US)
・PathAI (US)
・PolyAI (UK)
・RevComm (JP)
・Runway (US)
・Scale AI (US)
・Shield AI (US)
・Slingshot Aerospace (US)
・Snorkel AI (US)
・Surge AI (US)
・Synthesia (UK)
・Tome (US)
・Trigo (Israel)
・Unlearn.AI (US)
・Vannevar Labs (US)
・Vectra AI (US)
・VIZ.AI (US)
・Waabi (CA)
・Weights & Biases (US)
・Writer (US)
選出企業一覧(英語):
https://www.forbes.com/lists/ai50/
 
  • 株式会社RevComm 代表取締役 會田武史

 起業当初から、世界展開を視野にテクノロジーに投資し続けて来たので、今回ご評価戴けた事は素直に嬉しいです。これまで一緒に頑張ってきた仲間と、「MiiTel」や「MiiTel for Zoom」を愛用してきて下さったお客様、多大なるご支援を戴いているパートナー企業様、株主の皆さまにこの場を借りて心よりお礼申し上げます。
 テクノロジーが加速度的に進化しており、日々難しい判断ばかりですが、凄く楽しい最高のタイミングで起業出来たと実感しております。この最高のタイミングで一緒に世の為人の為にAIサービスを社会実装できる仲間、パートナー企業様を募集しておりますので、是非お話させてください。

 レブコムは今後も「コミュニケーションを再発明し人が人を想う社会を創る」というミッションのもと「MiiTel」の提供価値向上に努め、企業の生産性向上に貢献してまいります。
 
  • MiiTelとは
 音声解析AI電話「MiiTel」は、電話営業やコンタクトセンター業務における、会話の内容を解析し、高精度のフィードバックを行うことで商談獲得率・成約率を向上させる、日本発の音声解析AI電話サービスです。顧客と担当者が「何を」「どのように」話しているか分からない、というブラックボックス化問題を解消し、アナログな議事録作成も自動文字起こし機能が軽減します。
 商談内容を振り返りやすいシンプルな設計なので、自ら振り返り商談の質を高めたり、開発や他部門に顧客要望をニュアンスまで正確に伝えたりすることが可能です。MiiTelは、営業担当者が「人にしかできないクリエイティブな仕事」に専念する時間を生み出します。
 また、MiiTelにより蓄積された顧客とのリアルな音声データは、自社の教育研修、サービス開発、機能改善などに幅広く活用いただけ、企業の事業成長を後押しします。日本語版に加え、インドネシア語版、英語版の提供を開始しています。
公式サイト https://miitel.com/jp/
資料請求 https://miitel.com/jp/document-request/
 
  • 株式会社RevComm 会社概要
 「コミュニケーションを再発明し、人が人を想う社会を創る」という理念のもと、音声技術とAIにより、コミュニケーション課題を解決する企業です。
 音声解析AI電話「MiiTel」は、インサイドセールス市場を中心に、営業やコールセンター業務におけるトークの可視化とセルフコーチング、テレワーク体制構築にご活用いただいています。また、オンライン商談ツール「MiiTel for Zoom」は、複数人でのオンライン商談の解析や振り返りが可能となり、営業の成約率を飛躍させます。
 これまで、Google for Startups Acceleratorの採択をはじめ、B-Dash CampやTechCrunchによる様々な大会で優勝、入賞しているほか、Forbes JAPAN「日本の起業家ランキング TOP20」、週刊東洋経済「すごいベンチャー100」にも選出されています。
・企業名  : 株式会社RevComm
・所在地  : 150-0002東京都渋谷区渋谷1-3-9 ヒューリック渋谷一丁目ビル7階
・代表者    : 會田 武史
・事業内容 : AI × 音声のソフトウェア・データベースの開発
・企業サイト: https://www.revcomm.co.jp/

※記載されている会社名および商品・製品・サービス名(ロゴマーク等を含む)は、各社の商標または各権利者の登録商標です
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
経営情報
関連リンク
https://www.revcomm.co.jp/
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

レブコムのプレスキットを見る

会社概要

株式会社RevComm

45フォロワー

RSS
URL
https://www.revcomm.co.jp
業種
情報通信
本社所在地
東京都渋谷区渋谷1-3-9 ヒューリック渋谷一丁目ビル7階
電話番号
03-4405-4621
代表者名
會田 武史
上場
未上場
資本金
9億3500万円
設立
2017年07月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード