さとふる、2020年2月に5自治体のふるさと納税を取り扱い開始

~2月末時点で、「さとふる」で取り扱う自治体数が739に~

株式会社さとふる(本社:東京都中央区、代表取締役社長:藤井 宏明)は、ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」(https://www.satofull.jp/)で、2020年2月に5自治体のふるさと納税(自治体への寄付)を取り扱い開始しました。これにより「さとふる」で取り扱う自治体数は、2月末時点で計739自治体(6県および733市区町村)となりました。
■2月に取り扱いを開始した自治体
--------------------
【各項目について】
・取り扱い開始日
・自治体名
・主なお礼品
・寄付金の使途詳細ページ
--------------------
2月7日
鹿児島県南種子町(みなみたねちょう)
本場種子島産 安納芋、「早場米」種子島産コシヒカリ
https://www.satofull.jp/town-minamitane-kagoshima/static/use.php

2月14日
埼玉県小鹿野町(おがのまち)
古代秩父煉羊羹、源作印 秩父KARASAWA 2007
https://www.satofull.jp/town-ogano-saitama/static/use.php

2月14日
大分県姫島村(ひめしまむら)
生食用凍眠凍結姫島車えび(養殖)、姫島車えびフライ(養殖)
https://www.satofull.jp/vill-himeshima-oita/static/use.php

2月28日
北海道別海町(べつかいちょう)
別海和牛ハンバーグ、【珍宝】野付産北海しまえびと鮭切り身セット
https://www.satofull.jp/town-betsukai-hokkaido/static/use.php

2月28日
和歌山県上富田町(かみとんだちょう)
【紀の里食品】紀州極上漬、熊野やまももしろっぷ
https://www.satofull.jp/town-kamitonda-wakayama/static/use.php

株式会社さとふるは、ふるさと納税を各自治体と共同で推進し、地域の魅力を広く伝えることで地域活性化に貢献していきます。

■株式会社さとふるについて
株式会社さとふるは、ふるさと納税(自治体への寄付)を通して地域活性化を推進しています。「ふるさとの元気を“フル”にする、ふるさとの魅力が“フル”に集まる ふるさと応援、ふるさと納税ポータルサイト」をコンセプトに、寄付者向けに「さとふる」で寄付先の自治体やお礼品の選定、寄付の申し込み、寄付金の支払いなどができるサービスを提供しています。また、自治体向けには寄付の募集や申し込み受け付け、寄付金の収納、お礼品の在庫管理や配送など、ふるさと納税の運営に必要な業務を一括代行するサービスを提供しています。

■地域情報サイト「ふるさとこづち」について
「ふるさとこづち」(https://www.satofull.jp/koduchi/)は、「さとふる」がお届けする地域情報サイトです。ふるさと納税を活用した地域活性化の取り組みや、ふるさと納税に関する最新動向などを掲載しています。

以上

● この報道発表資料に記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
● この報道発表資料に記載されている内容、製品、仕様、問い合わせ先およびその他の情報は、発表日時点のものです。これらの情報は予告なしに変更される場合があります。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社さとふる >
  3. さとふる、2020年2月に5自治体のふるさと納税を取り扱い開始