ワーケーション・サミット2019  ~働く/休む 進化するカタチ~を開催

注目集める「ワーケーション」事例を紹介

日本経済新聞社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:岡田直敏)は、2019年12月9日にシンポジウム「ワーケーション・サミット2019 ~働く/休む 進化するカタチ~」を開催します。日本企業の間で働き方改革が進展するなか、注目を集めるワーケーションについて紹介します。
企業においてさまざまな働き方改革が進展するなか、職場に出勤せずに自宅やリゾートなどで仕事をする「ワーケーション」の導入が注目されています。長期休暇の取得、プロジェクトの集中的な開発など多様な観点で導入効果が見込まれる一方、「ユーザー」である企業の導入メリットや社内制度などの課題について、必要な情報はまだ十分ではありません。本シンポジウムでは海外や国内各地ではじまっているワーケーションの実施事例、支援サービスを紹介し、最新の知見や情報を得ることが出来る場を提供します。

【概要】
開催日時:2019年12月9日(月) 13:30~16:30(開場13:00)
会場:大手町プレイス カンファレンスセンター(東京都千代田区大手町二丁目3番1号)
受講料:無料
定員:400名
主催:日本経済新聞社
後援:一般社団法人日本テレワーク協会
   ワーケーション自治体協議会
特別協賛:株式会社日本能率協会マネジメントセンター
協賛:NTTコミュニケーションズ株式会社
   三菱地所株式会社
締め切り:2019年12月2日(月)
お問い合わせ:「ワーケーション・サミット2019」事務局
       TEL:03-3263-8695(9:30~17:30、土日祝日除く) FAX:03-3263-8687
       E-mail: smartwork_secretariat@c-linkage.co.jp

【プログラム】
13:30~13:50 基調講演「和歌山県が見据えるワーケーションの可能性」(仮題)
       和歌山県知事 ワーケーション自治体協議会会長  仁坂 吉伸 氏
13:50~14:10 講演「~ユニーク体験でイノベーション・マインドを育む~『企業と地域をつなぐラーニング・   ワーケーション』」
       日本能率協会マネジメントセンター 代表取締役社長  張 士洛 氏
14:10~14:30 講演「企業にメリットをもたらすワーケーション 導入のための課題」
       株式会社テレワークマネジメント/ワイズスタッフ 代表取締役社長  田澤 由利 氏
14:30~14:40 休憩
14:40~14:50 ショートメッセージワーケーション自治体協議会、長野県産業労働部長  林 宏行 氏
14:50~15:00 ショートメッセージ日本テレワーク協会 主席研究員  大沢 彰 氏
15:05~16:30 パネルディスカッション「多様なワーケーションを経営戦略に」
       パネリスト
       東京学芸大学教授・副学長  松田 恵示 氏
       日本航空 執行役員人財本部長  小田 卓也 氏
       凸版印刷株式会社 ソーシャルイノベーションセンター 部長  矢尾 雅義 氏
       NTTコミュニケーションズ株式会社 経営企画部 
                 ビジネスイノベーション推進室 担当部長  福田直亮 氏
       株式会社テレワークマネジメント 代表取締役社長  田澤 由利 氏

       コーディネーター
       株式会社三菱総合研究所 プラチナ社会センター センター長  柏谷 泰隆 氏


   ※プログラム、講演内容は予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。

下記よりお申込みを受け付けております。
https://events.nikkei.co.jp/21360/
 
  1. プレスリリース >
  2. 日本経済新聞社 >
  3. ワーケーション・サミット2019  ~働く/休む 進化するカタチ~を開催