リージャス、全国142拠点の入居者と協力してチャリティ活動を実施

~ 西日本豪雨、熊本地震、北海道胆振東部地震の被災地に義援金を寄付~

世界100カ国以上1,000都市を超える地域で、3,300拠点を展開する世界最大のワークスペースプロバイダーであるリージャス・グループ(IWG)(日本法人:東京都新宿区、日本代表: 西岡 真吾)は、全国142拠点のサービス利用の協力のもと、西日本豪雨、熊本地震、北海道胆振東部地震の被災地支援のための義援金161,148円を、公益社団法人 Civic Force(https://www.civic-force.org/)を通じて寄付いたしました。 

今回のチャリティ活動では、全国のリージャスセンターで、ご入居者様、ご利用者様、関連企業、リージャススタッフから使わなくなった衣類、ビジネス用品などの提供受付を行いました。提供いただいたものは、株式会社ハードオフコーポレーションに買取いただき、ハードオフ社による寄付も加えて義援金として寄付され、被災された方々の支援に役立てていただきます。

リージャス・グループでは、毎年、リージャスのサービス利用者と協力してチャリティ活動を行ってまいりました。2017年には、東日本大震災で被災した陸前高田市立図書館へ、約9,000冊の書籍の寄付を行っております。

リージャス・グループ(IWG)日本代表の西岡真吾は、「今回ご協力いただきました、多くの入居者や関係者の皆様に心からお礼申し上げるとともに、被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。リージャス・グループは被災地の復興に向けて、今後も継続した支援を続けてまいります」と述べています。

リージャス・グループ(IWG)について
リージャス・グループ(IWG)は、フレキシブルなワークスペースを提供する世界最大の企業です。グループ企業全体でプロフェッショナルなビジネスを支援するためのオフィスソリューションを提供し、顧客企業の生産性の向上に寄与しています。コラボレーションを実現する、プロフェッショナルで創造的なワークスペース、コミュニティ、各種サービスを提供しています。詳細については、www.iwgplc.comをご覧ください。

日本におけるリージャス・グループ
リージャス・グループは、高品質な「リージャス」ブランドのビジネスセンターとコンパクトな「オープンオフィス」ブランドのビジネスセンターを日本全国で運営しています。さらに2016年には、プロフェッショナルな人材や成長企業が新しい発想を生み出すためのビジネス スペース「SPACES」も立ち上げ、より多くの皆様に快適なビジネス環境を提供してまいります。現在、全国37都市、142拠点※1にてそれぞれのブランドのレンタルオフィスを多くのお客様の仕事の拠点としてご活用いただいております。
※1オープンが決定している拠点数は全国37都市、148拠点となります。
リージャスについては、日本のホームページhttps://www.regus-office.jpを参照下さい。
公式ホームページはhttps://www.regus.co.jpを参照下さい。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. リージャス・グループ >
  3. リージャス、全国142拠点の入居者と協力してチャリティ活動を実施