和歌山県すさみ町で5者連携の地方創生に向けた取り組みがスタート

周参見駅にて道の駅すさみが地域産品を出張販売 「WEST EXPRESS 銀河」で、鉄道の駅と道の駅のコラボが実現

積水ハウス株式会社、 和歌山県すさみ町、株式会社信濃路、株式会社ウフルは、西日本旅客鉄道株式会社(以下、JR西日本)が運行する「WEST EXPRESS 銀河」紀南コースの停車駅である周参見(すさみ)駅にて、2022年10月3日から2023年3月8日までの運行期間に道の駅すさみで取り扱う地域産品の出張販売を行います。

 

 

 

WEST EXPRESS 銀河WEST EXPRESS 銀河

道の駅すさみ内観道の駅すさみ内観



周参見駅には、紀南ルート(京都行き)で停車し、道の駅すさみからすさみ町の魅力あふれる、道の駅オリジナル商品のレタスの美味たれ、名物のイノブタジャーキーなどの商品を販売します。今回販売を行う商品は、モバイルオーダーシステム「売り子ール」から、「WEST EXPRESS 銀河」の乗車前に商品の予約をすることもできます。システムの活用検討と5者連携の取り組みは、積水ハウスがマリオット・インターナショナルとともに推進する地方創生事業「Trip Base 道の駅プロジェクト」の地域活性化の取り組みの一環として進めてまいりました。出張販売は道の駅すさみの運営会社である信濃路が担います。

さらに、新たな取り組みとして、JR西日本「きのくに線サイクルトレイン」をご利用された方に、フェアフィールド・バイ・マリオット・和歌山すさみに併設されている「望海(のぞみ)のゆ」を通常大人(中学生以上)800円/人のところ700円/人、子供400円/人のところ300円/人にてご利用いただける利用割引券を配布いたします。

自転車を折りたたまずに乗り入れることができる電車「サイクルトレイン」を利用してサイクリングを楽しみ、「望海のゆ」に辿り着くと、絶景の枯木灘(かれきなだ)海岸(かいがん)を眺めながら入浴することができます。
 

サイクルトレインサイクルトレイン

望海のゆ望海のゆ

これらの官民連携により、滞在時間を伸ばし地域の魅力を渡り歩いていただくことで、さらにすさみ町の観光促進と認知拡大、地域経済の活性化の一助となることを目指してまいります。

「WEST EXPRESS 銀河」について
「WEST EXPRESS 銀河」は、京都~新宮間(紀南コース)を2022年10月3日から2023年3月8日の間で週に2往復程度運行し、京都→新宮間は夜行列車、新宮→京都間は昼行列車です。
今回の道の駅出張販売では、新宮→京都間の水曜日、日曜日の12時45分~14時00分の周参見駅での停車時間で、地域の協力のもと、地域ならではのおもてなしを実施致します。
「WEST EXPRESS 銀河」に関する情報はホームページでもご覧いただけます。
https://www.jr-odekake.net/railroad/westexginga/
リリース:https://www.westjr.co.jp/press/article/2022/08/page_20457.html

モバイルオーダーシステム「売り子ール」について
株式会社ウフルが展開するモバイルオーダーシステムで、「フェアフィールド・バイ・マリオット・和歌山すさみ」においても、宿泊客向けのサービスとして道の駅すさみ(運営会社:信濃路)併設の「すさみ夜市」の商品デリバリーで活用されています。周参見駅での道の駅出張販売では、「WEST EXPRESS 銀河」乗車の1週間前から乗車日新宮駅出発1時間後まで商品の予約が可能です。乗車前や到着前にすさみ町ならではの商品を探して事前に商品を注文することで、現地での受け渡しをスムーズに行うことができます。
リリース:https://uhuru.co.jp/news/press-releases/20210525/

「きのくに線サイクルトレイン」について
JR西日本きのくに線の普通列車で御坊〜新宮間において、自転車をそのまま車内に持ち込めるサービス。予約不要、追加料金不要で、列車利用可能時間は平日9:00〜終電、土休日は終日です。自転車を解体せず電車にそのまま乗れるため、駅から出たらすぐにサイクリングを楽しめます。
リリース:https://www.westjr.co.jp/press/article/items/220323_01_cycletrain.pdf

「Trip Base 道の駅プロジェクト」について
積水ハウスとマリオット・インターナショナルが全国で展開する「Trip Base 道の駅プロジェクト」は、「未知なるニッポンをクエストしよう」をコンセプトに、地域や自治体、パートナー企業とともに、観光を起点に地域経済の活性化を目指す地方創生事業です。「道の駅」を拠点に、「地域の知られざる魅力を渡り歩く旅の提案」を通して、地方創生の一助となることを目指しています。
本事業は、2018年11月に旗揚げし、2020年10月から旅の拠点となるホテル「フェアフィールド・バイ・マリオット」を開業、これまでに7道府県18か所のホテルを展開しています。現在26道府県の自治体、45社のパートナー企業と事業連携を進めており、2025年には26道府県にて約3,000室規模への拡大を目指します。
リリース: https://www.sekisuihouse.co.jp/company/topics/topics_2021/20211029/
TRIP BASE STYLE ホームページ: https://www.tripbasestyle.com/

和歌山県で展開するフェアフィールド・バイ・マリオット

 

市町村 道の駅
名称
ホテル名称 室数 概要 開業日
すさみ町 すさみ フェアフィールド・バイ・マリオット・和歌山すさみ 90 延床面積:4,300㎡
階数:7階
2021年6月9日
串本町 くしもと
橋杭岩
 
フェアフィールド・バイ・マリオット・和歌山串本 90 延床面積:3,700㎡
階数:7階
2021年4月14日

 

フェアフィールドバイマリオット和歌山すさみ 外観フェアフィールドバイマリオット和歌山すさみ 外観

フェアフィールドバイマリオット和歌山すさみ 内観フェアフィールドバイマリオット和歌山すさみ 内観

 

フェアフィールドバイマリオット和歌山串本 外観フェアフィールドバイマリオット和歌山串本 外観

フェアフィールドバイマリオット和歌山串本 内観フェアフィールドバイマリオット和歌山串本 内観

* 本リリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ウフル >
  3. 和歌山県すさみ町で5者連携の地方創生に向けた取り組みがスタート