【調査結果】コロナ禍でデジタル家電を購入した人は約2割。IPv6の光回線利用者では約3割と高い割合に。~「@niftyIT小ネタ帳」で「デジタル家電需要の意識調査」についてのレポート記事を公開~

ニフティ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:野島 亮司、以下、当社)は、当社が運営するIT情報サイト「@nifty IT小ネタ帳」にて、「デジタル家電需要の意識調査」についてのレポート記事を、本日3月2日(火)に公開しました。

本調査は、当社が運営するポイントサービス「ライフメディア」の利用者を対象に、コロナ禍を経験して購入したデジタル家電や購入を検討しているデジタル家電、デジタル家電の購入場所などについてアンケートを実施したものです。

「デジタル家電需要の意識調査」の結果は以下の通りです。

■調査概要
○アンケート実施期間
 2021年1月24日~2021年1月30日
○有効回答数
 4,500件
○回答者属性
 20代:500人 30代:1,000人 40代:1,000人 50代:1,000人 60代:1,000人

■調査結果(抜粋)
○コロナ期間中に新たに購入したデジタル家電はありますか?

コロナ禍となり新たにデジタル家電を購入した人は20%で、5人に1人がデジタル家電を購入していました。今後購入予定の人も7%いました。

購入状況を回線種別ごとで見たところ、IPv6接続に対応した光回線を利用している人では、36%がデジタル家電を購入したと回答していて、他の回線利用者よりも高い割合となりました。

○購入した、または購入を予定しているデジタル家電を教えてください。

購入した、または購入を予定しているデジタル家電は、1位「パソコン」(44%)、2位「スマートフォン」(38%)、3位「タブレット」(20%)と、情報端末が上位となりました。4位以降は「ヘッドホン・イヤホン」「プリンター」となり、テレワークでの利用が想定されるデジタル家電が多くなりました。

○デジタル家電はどこで購入しますか?直近の購入がない方も今までの購入先を教えてください。(※複数選択可)

「店舗:家電専門店」で購入する人が78%と断トツで多い結果となりました。次いで多かったのが「ネット:通販・オンラインショップ」で、約半数がネット通販を利用してデジタル家電を購入していることが分かりました。

○ご自宅のインターネット回線状況に満足していますか?

利用中のインターネット回線状況の満足度について質問し、回線種類別ごとの結果を見てみたところ、光回線利用者では66%が自宅のインターネット回線について満足と回答しました。さらにIPv6接続を利用している人では約8割が満足と回答し、回線の安定性と満足度が比例する結果となりました。

今回の調査では、コロナ禍においてテレワークなど自宅で過ごす時間が増える中、4人に1人がデジタル家電を購入または購入検討していることが分かりました。また、デジタル家電の利用に欠かせないインターネット回線については、光回線の利用者は回線状況の満足度が高く、中でもIPv6接続を利用している人では特に満足度が高くなっていました。
コロナ禍の影響が継続する中、今後もデジタル家電を利用する場面は多くなることが想定され、快適に利用するためのインターネットの役割もさらに重要になっていくと思われます。

「デジタル家電需要の意識調査」についてのレポート記事は、以下からご覧いただけます。
https://koneta.nifty.com/koneta_detail/1141008011423_1.htm

■「@nifty IT小ネタ帳」について(https://koneta.nifty.com/
「暮らしがちょっと便利になる!ITネタファイル」をテーマに、スマホやパソコンにまつわるHow toや新機能などについてのオリジナル記事を提供するIT情報サイトです。普段のネット生活で生まれる悩みや問題の解決に役立つ情報をお届けしています。

※ 製品名、サービス名などは一般に各社の商標または登録商標です。
※ 内容は発表日現在のものです。予告なしに変更されることがあります。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ニフティ株式会社 >
  3. 【調査結果】コロナ禍でデジタル家電を購入した人は約2割。IPv6の光回線利用者では約3割と高い割合に。~「@niftyIT小ネタ帳」で「デジタル家電需要の意識調査」についてのレポート記事を公開~