高知の伝統産業とハンドメイドマーケットプレイス「Creema」が初のコラボレーション!長引くコロナ禍で打撃を受ける、伝統工芸品のデジタルシフトを推進

-「高知ものづくり紀行」実施に向け、2022年5月20日(金)より参加事業者の募集をスタート-

日本最大級のハンドメイドマーケットプレイス「Creema(クリーマ)」を運営する株式会社クリーマ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:丸林耕太郎、以下クリーマ)は、高知県高知市とコラボレーションし、高知県内全体の伝統工芸品の魅力を発信する「高知ものづくり紀行」を実施することとなりました。これに伴い、本日5月20日(金)より高知県内の事業者を広く募集いたします。 
・特設サイト:https://www.creema.jp/event/kouchi-2022

  • コロナで影響を受ける伝統産業のデジタルシフト化を共同推進。本日より参加事業者の募集を開始!
伝統産業は、近年のライフスタイルや価値観の変化に加え、新型コロナウイルス感染拡大による販売機会の減少により全国的に甚大な影響を受けています。土佐和紙や土佐打刃物を始め数多くの伝統的工芸品が生み出される高知県も例外ではありません。これまでのような百貨店含む商業施設や国内外の観光客に向けた販売のみではなく、オンライン上での販路拡大を含めたデジタルシフトが必要な局面にあります。

このような現状を受け、高知市と高知県内33市町村による連携事業「れんけいこうち 伝統産業推進事業」の一環として、高知の伝統産業のデジタルシフトをともに推進するため、高知市と「Creema」がコラボレーションし、オンライン上で高知県内の伝統的産品の魅力を伝え販売する「高知ものづくり紀行」を実施いたします。本日より参加事業者を募集し、選考を通過した対象事業者にはコンサルティングを行い、オンライン販売における作品の見せ方や魅力の伝え方などのノウハウを提供するとともに、クリーマ主催のクラフトイベントへの出展サポートを行います。

クリーマは今後も、当社がこれまで培ってきた Creema のプラットフォーム基盤や発信力と、デジタルシフトへのノウハウを活かし、日本各地の素晴らしい伝統技法やものづくり文化をより多くの人に届け、その魅力を伝えてまいります。
  • ​高知市商工振興課のコメント
高知県には、国の伝統的工芸品として指定された「土佐和紙」と「土佐打刃物」を始め、世界最高レベルの技術により加工された「宝石珊瑚」や、来年放送のNHKの朝ドラ「らんまん」のモデルとなった植物学者「牧野富太郎博士」が命名した「虎斑竹(とらふだけ)」を使用した竹細工など、長年にわたって磨かれた確かな技術により製作された、普段使いに最適な伝統工芸品が数多くあります。

しかし、昨今の新型コロナウイルス感染症の影響により、県外イベントでの販売機会や県外からの観光客に対する販売機会が大幅に減少しており、深刻な影響を受けています。このピンチを、コロナ禍で利用が一層促進されたオンライン販売を利用することで、チャンスに変えるため、県内初となるCreemaとのコラボレーション企画を実施し、高知県の伝統工芸品を全国の皆様にお届けいたします。

高知県の伝統的産品の歴史、職人の想い、製作の背景などを含め、土佐の逸品をとくとお楽しみください!
  • ​募集要領
・実施内容:
1)伝統的産品事業者のECサイト出品支援
2)特集ページ等によるPR
3)大型クラフトイベントでのテストマーケティング
・対象:
インターネットを含めた新たな販路開拓を目指す高知県内の伝統的産品等の事業者
※地域に伝わる伝統的な技法により、主に手工業的に製造される工芸品の製造事業者であれば、経済産業大臣の指定や高知県の認定を受けていなくても応募可能です
・採択:
最大20事業者(応募多数の場合は選考の上、決定します)
・応募方法:
事業説明会及び本事業への参加をご希望される方は、以下URL(特設サイト)の申込フォームよりご応募ください
https://www.creema.jp/event/kouchi-2022
※詳細は特設サイトにてご確認ください
・募集期間:
2022年5月20日(金)~6月17日(金)17時(必着)
  • Creema(クリーマ)とは
Creemaは、創作活動に取り組む全国のクリエイターと、生活者が、オンライン上で直接オリジナル作品を売買できるCtoCマーケットプレイスです。「本当にいいものが埋もれてしまうことのない、フェアで新しい巨大経済圏を確立する」ことを目指して、2010年にサービスを開始しました。現在、約24万人のクリエイターによる、1,400万点以上のオリジナル作品が出品され、その流通総額は160億円を上回り、日本最大の事業規模(※)へと成長を続けています。
またオンライン上だけでなく、東京ビッグサイトでの大規模イベント「ハンドメイドインジャパンフェス < https://hmj-fes.jp/ >」の開催や、常設のエディトリアルショップ展開など、Creemaに出店するクリエイターの作品を生活者がリアルの場で購入できる取り組みも推進し、日本のクラフト文化の醸成に力を注いでいます。https://www.creema.jp/
※ 2021年1月〜2021年12月 ハンドメイドマーケットプレイスを主軸事業として取り組む事業体の売上比較。自社調べ。
  • 会社概要
商号:株式会社クリーマ
住所:東京都渋谷区神宮前2-34-17 住友不動産原宿ビル7-8F
代表:代表取締役社長 丸林 耕太郎
資本金:10億7261万5790円 (資本準備金を含む)
従業員:113名 (2022年1月末時点)
事業:クリエイターエンパワーメント事業
・ハンドメイドマーケットプレイス:Creema
・イベント:ハンドメイドインジャパンフェス(東京ビッグサイト)、クリーマクラフトパーティ、Creema YAMABIKO FES 等
・動画レッスンプラットフォーム:FANTIST
・クラウドファンディング:Creema SPRINGS
・エディトリアルショップ:Creema Store(札幌ステラプレイス)
・アライアンス:地方創生、PR支援サービス等
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社クリーマ >
  3. 高知の伝統産業とハンドメイドマーケットプレイス「Creema」が初のコラボレーション!長引くコロナ禍で打撃を受ける、伝統工芸品のデジタルシフトを推進