埼玉県川越市からJリーグを目指す「COEDO KAWAGOE F.C」、美味しい珈琲とお米の農カフェ8+8cafe(ハチジュウハチカフェ)と2022シーズンのブロンズパートナー契約を更新

COEDO KAWAGOE F.Cを運営するCOEDO KAWAGOE F.C株式会社(埼玉県川越市、代表取締役 有田和生)は、川越市南通町にて、「農」+「食事」「coffee」を大切にし、川越の農の豊かさを伝え、美味しい珈琲とお米の農カフェである8+8cafe(ハチジュウハチカフェ)(埼玉県川越市、代表 塔筋真一)とブロンズパートナー契約を更新したことを発表いたします。


COEDO KAWAGOE F.Cは、2020年9月に新規設立し、埼玉県川越市をホームタウンとして、Jリーグ加盟を目指す新しいフットボールクラブです。
埼玉県川越市に由来のあるメンバーで運営し、海外プレー経験のある選手などが在籍し、サッカーだけが強いチームではなく、「フットボールクラブを通じて、川越に夢と感動を創出し続け、100年以上続くクラブ」を目指しています。

■契約締結の背景

”フットボールクラブを通じて、川越に夢と感動を創出し続け、100年以上続くクラブへ”というミッションを掲げ、地域に根ざしたフットボールクラブの形を目指す「COEDO KAWAGOE F.C」の方向性へ共感を頂き、川越の発展と農業の魅力をより伝えながら共に成長していくことを目的として今回のご縁となりました。

■ 8+8cafe(ハチジュウハチカフェ)代表 塔筋 真一 様 コメント

「我が街の新たなシンボルとして活躍を期待しています!COEDO KAWAGOE F.Cは短期間で大きな夢をかなえようとしています、最初は無謀な挑戦だと思いましたが、それが本気であり、すでに少しづつ結果を出しはじめていると聞くと、決して夢ではなく現実にしてしまうかもと期待するようになりました。クラブの夢がいずれ私たち川越の夢になると信じています。運動したり応援したり、腹が減ったらうちに来て美味しい米を食べてください!共に、地域に愛されるクラブやお店として成長できたら幸いです。」

HP: https://www.instagram.com/8_8cafe/

■COEDO KAWAGOE F.C株式会社 取締役 中島涼輔 コメント

「COEDO KAWAGOE F.Cと同じコロナ禍中に開業された8+8cafe(ハチジュウハチカフェ)様と2022シーズンもこの度パートナー更新させていただけたことをとても嬉しく思います。自社で栽培されているお米や野菜などをお店で食べれるというのも魅力的なお店ですが、店内に入ると数々のボードゲームが用意されています。塔筋代表とお話させて頂いた際に、川越で育った地産の野菜を食べて欲しいという想いと共にボードゲームなどを介して人と人とが触れ合える場所を提供したいとおっしゃっておりました。2022シーズンは、弊クラブとしても昨年度よりもできることが広がっていることもあり、より連携を加速していければと思っております。2022シーズンもどうぞよろしくお願い致します!」

HP:  https://c-kawagoe.com/
クラブ事業計画: https://www.youtube.com/watch?v=rov2E4lanRU
運営ウェブメディアHP:  https://mag.c-kawagoe.com/

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
COEDO KAWAGOE F.C株式会社
担当:中島
Mail:r-nakashima@c-kawagoe.com

  1. プレスリリース >
  2. COEDO KAWAGOE F.C株式会社 >
  3. 埼玉県川越市からJリーグを目指す「COEDO KAWAGOE F.C」、美味しい珈琲とお米の農カフェ8+8cafe(ハチジュウハチカフェ)と2022シーズンのブロンズパートナー契約を更新