RIZAPは『慶應、箱根へ』を応援~慶應義塾大学SFC研究所ランニングデザイン・ラボとの共同研究スタート~

共同研究を通じて、「動ける身体づくり」とヘルスケアの要素をプログラムに組み込む

RIZAPグループ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:瀬戸 健、以下「RIZAP」)は、慶應義塾大学SFC研究所ランニングデザイン・ラボ(神奈川県藤沢市、研究所所長:玉村 雅敏、ラボ代表:蟹江 憲史)と、走動作のバイオメカニクスから見る、長距離のタイムに関与が高い筋肉の考察と、その筋肉のトレーニング法の違いにみられる効果の実証の共同研究を2月より開始することをお知らせいたします。
本共同研究を通し、慶應義塾體育會競走部の箱根駅伝出場に向けてのパフォーマンスのサポートを行うと同時に、そこで得たデータやノウハウ、研究成果をRIZAPの「動ける身体づくり」をサポートする、新サービスの開発に活用してまいります。

  • 研究の背景
RIZAPが掲げる「結果にコミットする。®」。これは決して簡単ではない事です。困難な目標でも必ず夢は叶うという信念と覚悟が必要です。
慶應義塾體育會競走部は2017年で創部100年を迎え、SFC研究所ランニングデザイン・ラボと連携し「慶應箱根駅伝プロジェクト」を掲げています。箱根駅伝出場を目標とし、長距離種目の本格的な強化を開始しています。慶應義塾體育會競走部は、1920年の第1回大会に出場した4校のうちの1校であり、出場30回、総合優勝1回という輝かしい伝統があります。そして今、文武両道という学生スポーツの本来のあり方を希求しながら箱根駅伝本選への復帰を目指しています。
この大きな夢を達成するために、RIZAPのやり切らせるコーチングスキルやフィジカルマネジメントのノウハウを活かし、箱根駅伝本選出場の夢を一緒にサポートしたいとの想いから、この度共同研究開始に至りました。
 
  • 研究テーマ
・走動作のバイオメカニクスから見る、長距離のタイムに関与が高い筋肉の考察
・走動作における「フィジカルトレーニング」ならびに「栄養サポート」、「コンディショニングマネジメント」がパフォーマンスに及ぼす影響を調査

 

・疲労度とパフォーマンスの相関、コンディショニングマネジメント手法の確立
 
  • 研究目的
・走動作を分析→トレーニング→走動作向上の方法を確立することで、ヘルスケアにおける寝たきりの予防や転倒予防のメニューに活かす。
・最適なトレーニング方法を検証することで、目的に合わせたトレーニング方法の導入や、新サービスの開発を行う。
 
  • 研究分担/内容
・慶應義塾大学SFC研究所ランニングデザイン・ラボ
ランニングパフォーマンスアップに向けた実践およびそれに伴うデータの収集、分析を行う
・RIZAP
RIZAPおよび、RIZAPのR&D施設「RIZAP Lab」を活用して、慶應義塾體育會競走部長距離ブロック所属選手のトレーニングから疲労回復までのアスレティックトリートメントの実施を行う
 
  • 研究概要
・期間:2020年2月~2021年1月(1年間)
・対象:慶應義塾體育會競走部長距離ブロック所属部員男子19名(現時点)

 

RIZAPは、ダイエットや美容を目的とする魅せるボディメイクだけでなく、あらゆる競技での高いパフォーマンスを実現させ、動けるボディメイクへの価値の拡大に取り組み、さまざまな機関との共同研究を行うとともにRIZAPのメソッドやサービスの進化に日々活かしています。皆様の健康寿命の延伸と自己実現を一生涯サポートしてまいります。
 
  • 慶應義塾體育會競走部サポート内容
・フィジカルトレーニングサポート:
身体の使い方や柔軟性を上げる専門エクササイズ、ランニングに必要なトレーニング、疲労を軽減するアプローチ
・栄養サポート:血液検査結果から食習慣や栄養バランス分析、講習・個別サポート・合宿所食事フォロー等
・コンディションサポート:部員個別にパーソナライズされたプログラムでコンディションの管理等毎日の体重・睡眠時間と質・主観疲労度、心拍数、体温、練習内容、食事管理、大会までのコンディションをアプリで一括サポート
・現役部員だけでなく、OBの皆様に向けた、「あの頃の走りを取り戻そうプロジェクト(仮称)」のサポート。
「動ける身体づくり」や「ヘルスケア」をはじめとした、シニア世代の健康を応援。

 

参考)健康寿命の延伸に向けたRIZAPヘルスケア事業について
RIZAPは、お客様の理想のボディメイクの実現や、さまざまな大学や医療機関との研究を通して、食事・運動指導のノウハウと、最後までやりきるためのコーチングスキルを蓄積してまいりました。このRIZAPにしかない資産を生かしつつ、更なる事業成長に向けた新たなるコミットとして、「健康寿命の延伸により、年を重ねながらの自己実現」を2019年5月に発表いたしました。生活習慣病を未然に防ぎ、健康寿命延伸の一助として社会に必要とされる企業を目指してまいります。
その実現に向け、RIZAPではヘルスケアについて、下記の通り4つの取り組みを行っております。
1.医療機関との連携
2.メディカルトレーナーの育成・導入 ※医療行為は行いません
3.研究機関との共同研究
4.自治体との連携
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. RIZAP株式会社 >
  3. RIZAPは『慶應、箱根へ』を応援~慶應義塾大学SFC研究所ランニングデザイン・ラボとの共同研究スタート~