国内No.1のレシピ動画「クラシル」が森永製菓「アイスボックス」のプロモーションを実施 サントリー食品インターナショナルとの共同広告で新しい需要を開拓 消費者と小売の両方へアプローチが可能に

2社間での店頭連動プロモーションを行うことで、効率的な流通商談を実現

国内No.1のレシピ動画サービス (※1) 「kurashiru」 (以下、クラシル) を運営するdely株式会社 (本社:東京都港区、代表取締役:堀江裕介 以下、dely) は、2021年6月21日(月)より、森永製菓が製造・販売する「アイスボックス」のプロモーションを開始します。
森永製菓「アイスボックス」とサントリー食品インターナショナルの4種類の飲料を掛け合わせたレシピ動画を企画・制作・配信し、2社のブランドマーケティングが競合するのを避けつつ、新しい需要を創出することが可能になりました。

■施策意図
本施策では森永製菓「アイスボックス」と、サントリーが製造・販売する4種類の飲料の2社のプロモーションを「クラシル」が行います。
「幅広い購買層へのアプローチ」と「2社間での店頭連動プロモーションによる、対小売への流通商談のサポート」の実現を目的としています。

■施策概要
「クラシル」が、森永製菓「アイスボックス」を楽しんで頂ける飲料としてサントリーの「C.C.レモン」「オランジーナ」「ペプシ<生>ゼロ」「デカビタ C ダブルスーパーチャージ」を選定した上で、ユーザーの検索データをもとにレシピ動画を作成しました。

2021年6月21日(月)より、国内最多の3,000万ダウンロード「クラシル」 および累計フォロワー数900万の「クラシル」公式SNSで配信します。
また、作成したレシピ、およびレシピ動画をスーパーなどの店頭でも利用していただくことで、店頭と連動したプロモーションを行います。

▼レシピ動画はこちらよりご覧いただけます。
・真夏にひんやり!ザクシャリドリンク
https://www.kurashiru.com/recipes/8f83a577-f57e-4b04-a500-67c21cf11c39

・この夏飲みたい!おうちカフェ風ドリンク
https://www.kurashiru.com/recipes/cfaa81ab-cbcd-4429-96ed-c543eee91a18

本施策、および「クラシル」の広告メニューについての詳細はこちらにお問い合わせください。
inquiry@dely.jp

■国内No.1のレシピ動画サービス「クラシル」について
クラシル(https://www.kurashiru.com/) は「くらしをおいしく、あたたかく」をコンセプトに、管理栄養士が監修した「かんたんにおいしく作れるレシピ」を40,000件以上提供する国内No.1のレシピ動画サービスです。
2021年6月にはクラシルアプリの累計ダウンロード数が3,000万を達成しました。
「80億人に1日3回の幸せを届ける」べく、日々サービスの向上に努めています。

▼「クラシル」 iOS版
App Store:https://appsto.re/jp/YSri_.i

▼「クラシル」 Android版
Google Play:https://goo.gl/B447IR

▼メディアキット
https://www.dely.jp/media_kit

-------------------------------------

(※1)
料理レシピ動画サービスにおける月間ユニークユーザー数が1位
(分析期間:2020年1月1日〜2020年6月30日)SimilarWeb
および料理レシピ動画アプリにおける、
日本国内ダウンロード数および平均月間アクティブユーザー数が1位(iOS/Google Play合算値)
(2020年8月1日時点) App Annie

-------------------------------------

 <dely株式会社 会社概要>
社名:dely株式会社(dely, Inc.)
代表取締役:堀江 裕介
設立:2014年4月
所在地:〒108-0023
東京都港区芝浦3丁目1-1
msb Tamachi 田町ステーションタワーN 23階

-------------------------------------

【本件に関するお問い合わせ先】
dely株式会社 コーポレート部/広報
E-mail:contact.pr@dely.jp

-------------------------------------






 
  1. プレスリリース >
  2. dely株式会社 >
  3. 国内No.1のレシピ動画「クラシル」が森永製菓「アイスボックス」のプロモーションを実施 サントリー食品インターナショナルとの共同広告で新しい需要を開拓 消費者と小売の両方へアプローチが可能に