NHK「総合診療医 ドクターG」でおなじみ、総合診療医・山中先生がつくった家庭でできる診断マニュアル! 『その症状、すぐ病院に行くべき? 行く必要なし?』発売!

めまい、頭痛、ふらつき、胸焼け、腹痛、耳鳴り、不眠……なんらかの症状が出たとき、病院に行くべきかどうか? どのくらい緊急なのか? どんな病気の可能性があるのか?「ドクターG」こと総合診療医の山中カツオ先生が、あなたの症状を診断してくれます。

総合診療医・山中先生がつくった家庭でできる診断マニュアル その症状、すぐ病院に行くべき? 行く必要なし? 山中克郎 著 CCCメディアハウス ●定価 本体1500円(税別)総合診療医・山中先生がつくった家庭でできる診断マニュアル その症状、すぐ病院に行くべき? 行く必要なし? 山中克郎 著 CCCメディアハウス ●定価 本体1500円(税別)



あなたのその症状、ほうっておいては危険ではありませんか?
「寝たきり」や「がん」「認知症」になるかもしれない怖い病気を見逃さないために。

症状が出たら、まずすべきことは、自分で対処できることとできないことを、しっかり見分けること。つまり、病院に行く必要のない状態と、早急に病院に行くべき状態をきちんと見分けることです。
その見分けが自宅にいながらにして簡単にでき、その後の対処法もわかるようにしたのが本書です。いろんな症状について、チェックリスト方式で原因を突き止められるようにし、緊急性がない場合は自分でできる対処法を、緊急性がある場合は医療者に何を伝えればいいかも示しました。
いざというときだけでなく、日頃から本書をパラパラと見ておいていただければ、病気への備えができます。
 
◎本書では、病院に行くべき際の緊急度を、次の4段階に分けています。
1)救急車で 非常に緊急性が高い。家人がすぐに車を出して救急外来に運べる場合はそれでもよい。
2)すぐに 緊急性が高い。救急車を呼ぶほどではないが、その日のうちの受診、夜ならば夜間救急外来の受診を勧める。
3)1~2日以内 昼間ならその日か翌日の受診を、夜ならば翌日の受診を勧める。
4)慌てなくて結構 1~2週間以内の受診を勧める。

※緊急度はあくまでも目安です。
 

http://books.cccmh.co.jp/list/detail/2247/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社CCCメディアハウス >
  3. NHK「総合診療医 ドクターG」でおなじみ、総合診療医・山中先生がつくった家庭でできる診断マニュアル! 『その症状、すぐ病院に行くべき? 行く必要なし?』発売!