ITデバイス&SaaSの統合管理クラウド「ジョーシス」とクラウド人事労務ソフト「SmartHR」がシステム連携し協業を開始

株式会社SmartHR(本社:東京都港区、代表取締役:芹澤 雅人)が運営する、クラウド人事労務ソフト「SmartHR(スマートエイチアール)」はラクスルグループのジョーシス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:松本 恭攝)が運営する「ジョーシス」と2022年5月12日よりシステム連携し、協業を開始しました。

■ 連携の概要
この度の連携により、「ジョーシス」上の簡単な操作だけで、「SmartHR」に蓄積された従業員情報が「ジョーシス」へ同期されるようになります。これにより、ITデバイス管理とSaaSアカウント管理の根幹をなす従業員情報の手早い管理、および更新を可能とします。さらに、手作業での更新・管理業務に包含されていた退職した従業員のアカウント削除漏れや、シャドーID(IT管理者が把握していないアカウント)の残存といった情報漏洩リスク回避にも寄与します。

<「SmartHR」から「ジョーシス」に取り込み可能な情報>

  • 基本情報
    • 氏名
  • メールアドレス
  • プロフィール画像
  • 入退社情報
    • 在籍状況
    • 入社年月日
    • 退職年月日
  • 業務情報
    • 社員番号
    • 役職
    • 雇用形態
  • 部署情報
    • 部署1
  • カスタム項目(連携時に対象フィールドを選択可)


■ サービス概要
ITデバイス&SaaSの統合管理クラウド「ジョーシス」について
ITデバイス & SaaS の統合管理クラウド「ジョーシス」では、従業員に紐づけたITデバイス・SaaSの台帳管理や、入退社に伴うSaaSアカウント発行・削除、退職者の削除漏れアカウントの検知、PC購入やキッティング・ヘルプデスク対応までを自動化する機能を提供し、コーポレートITの業務負荷を軽減し、セキュリティ体制を強化します。

クラウド人事労務ソフト「SmartHR」について
「SmartHR」は、労務管理クラウド4年連続シェアNo.1()のクラウド人事労務ソフトです。
雇用契約や入社手続き、年末調整などの多様な労務手続きをペーパーレス化し、データとして蓄積。また、勤怠管理システムや給与計算システム等との連携により、様々なデータの一元管理も可能に。さらに、「SmartHR」に溜まった従業員データを活用した「人事評価」「従業員サーベイ」などの人材マネジメント機能により、組織の活性化や組織変革を推進。すべての人が働きやすい環境づくりに貢献します。
「SmartHR」は、煩雑で時間のかかる人事・労務業務から経営者、人事・労務担当者、従業員を解放し、企業の生産性向上を後押しします。
※デロイト トーマツ ミック経済研究所調べ『HRTechクラウド市場の実態と展望 2021年度』


■ 会社概要

  • 社名:ジョーシス株式会社
  • 代表取締役社長:松本 恭攝
  • 設立:2022年2月1日
  • 資本金:1億円
  • 本社:東京都品川区上大崎2-24-9 アイケイビル1F
  • 企業URL:https://corp.josys.it/

 

  • 社名:株式会社SmartHR
  • 代表取締役:芹澤 雅人
  • 事業内容:クラウド人事労務ソフト「SmartHR」の企画・開発・運営・販売
  • 設立:2013年1月23日
  • 資本金:9,990万円
  • 本社:東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー
  • 企業URL:​https://smarthr.co.jp/

※SmartHRのロゴなどのデータは、こちら(https://smarthr.co.jp/press-kit/)からダウンロードしてご利用ください。
※記載情報は、発表日現在のものです。情報は予告なしに変更されることがありますので、 あらかじめご了承ください。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SmartHR >
  3. ITデバイス&SaaSの統合管理クラウド「ジョーシス」とクラウド人事労務ソフト「SmartHR」がシステム連携し協業を開始