アタラシイものや体験の応援購入サービス「Makuake」が9月17日(土)〜18日(日)に原宿駅前で開催するイベント「Makuakeミライマルシェ2022」の最新情報を公開

SDGsブースや特別メニューが味わえる飲食ブースなどの情報を追加発表

株式会社マクアケ(以下、当社)が2022年9月17日(土)〜18日(日)の2日間にわたって原宿駅前で開催する、アタラシイものや体験の応援購入サービス「Makuake(マクアケ)」から生まれたユニークな商品を、作り手から直接話を聞きながら体験・購入できるお買い物イベント「Makuakeミライマルシェ2022」について、出店者やコンテンツなどの最新情報を公開したのでお知らせします。


「Makuakeミライマルシェ2022(以下、本イベント)」は、「未来をつくる、たのしいお買い物。」をコンセプトとした、「Makuake」の世界観や応援購入(※1)をオフラインで体感できるイベントです。

「Makuake」発のユニークな商品をその場で購入できるマルシェエリアと、「Makuake」に関する様々なコンテンツを体験できる来場者参加型のワークショップエリアに加え、「Makuake」でプロジェクトを実施した飲食店の特別メニューを味わうことができる飲食ブースの出店も決定しました。

なお、本イベントは新型コロナウイルス感染拡大防止策及び、来場者の集中を回避するための安全策として、入場日時指定の事前予約を導入しています(※2)。この度、会場内の調整を行い、完売していた時間枠も追加チケットを用意しました。

 
  • 会場内マップ

 


 

  • マルシェエリア
マルシェエリアには、これまで「Makuake」でプロジェクトを実施したこだわりの詰まった商品が、ジャンルや地域ごとにブースを分け、60店以上が並ぶ予定です。

SDGsブースには、軽さと吸湿発熱機能のある植物であるカポックを原料に活用し、関わる人や環境に寄り添った持続可能なものづくりを行っているサステナブルブランド「KAPOK KNOT」が出店を予定しています。
フードブースでは、山梨県で家族経営のトマト農園を営む「ヨダファーム」が地元メーカーと共同開発したオリジナル調味料を販売するほか、代々木八幡にある”賞味期限5時間”の生大福「あいと電氣餅店」が本イベント限定商品の予約販売(※3)を行います。

来場者は、商品を実際に手に取り、その商品を生み出して「Makuake」でプロジェクトに挑戦した事業者(以下、実行者)から開発ストーリーや背景などの話を直接聞きながら、実行者との会話を通して応援や共感の気持ちを伝え、お買い物をすることができます。
「Makuake」の各プロジェクトページを通してオンラインで提供している応援購入体験を、オフラインでも体感できる場として展開します。

さらに、会場内には飲食ブースを設け、渋谷のハンバーガーショップ「Chillmatic」が本イベントのために開発した特別メニューであるドックスタイルの3種類のサンドイッチのほか、ヒューガルデンがベルギービール「ヒューガルデン ホワイト」のために開発し「Makuake」で限定販売したオリジナルポテトチップスを販売します。購入したフードやドリンクは、飲食ブース横のテラススペースで味わうことができます(※4)。

▼「Chillmatic」が提供する特別メニュー

 
  • ワークショップエリア
ワークショップエリアでは、2日間を通して様々な来場者参加型企画を用意しています。

NFTをテーマにしたトークセッションでは、ゲストを招き(※5)、NFTに馴染みのない方でも理解できるよう、「NFTとは?実際にどうNFTが活用されているか?」について説明していきます。実際に、新潟県旧山古志村のNFTを持ち、デジタル村民として地方創生に関わっている金光碧氏の話を聞きながら、NFTの楽しみ方や魅力、今後の可能性について考えていくトークセッションです。

また、「クラフトサケブリュワリー協会」の個性的な6つの酒蔵をゲストに招くワークショップでも、席数限定で申し込み受付を開始しました。日本酒の製造技術をベースにした新しいジャンルのお酒である「クラフトサケ」の製造方法や特徴について各蔵の話を聞いた後、飲み比べ体験ができるワークショップです。

その他にも、「Makuake」でプロジェクトを実施した実行者によるワークショップや、実行者と来場者による新商品企画会議など、本イベントならではの様々な体験ができる全10回のワークショップを予定しています。

本イベントでの「出会う・理解する・共感する・応援する・買う」体験を通して、「Makuake」の応援購入の世界観を体感できる機会を提供します。


当社では、今後も実行者、サポーター、パートナーをはじめ「Makuake」に関わる様々な人々をつなぐ機会を創造し、ビジョンである「生まれるべきものが生まれ 広がるべきものが広がり 残るべきものが残る世界の実現」を目指していきます。


(※1)「応援購入」とは、共感や応援の気持ちを込めて、ものや体験を購入する行為のことです。「Makuake」では、実行者がそれぞれのプロジェクトで開発ストーリーなどとともに発表する新商品や新サービスについて、サポーターが共感したり応援の気持ちを込めて商品や体験を購入することを「応援購入」と呼んでいます。
(※2)事前予約方法など詳細は、本イベント特設ページをご確認ください。
(※3)メニュー内容や予約方法などの詳細は、本イベント特設ページをご確認ください。
(※4)テラススペースは、WITH HARAJUKUの共有スペースです。ご利用の際は、スペース使用ルールの遵守にご協力ください。
(※5)ゲストとして、竹下 隆一郎氏(PIVOT株式会社 チーフグローバルエディター)、金光 碧氏(bitFlyer 新規事業開発部長 / 旧山古志村 デジタル村民)、モデレーターとして馬渕 邦美氏(一般社団法人Metaverse Japan 共同代表理事)が登壇予定です。

 
  • 「Makuakeミライマルシェ2022」イベント概要
日時:2022年9月17日(土)~18日(日)10:00~18:00
会場:WITH HARAJUKU 3F ホール/LIFORK(小ホール)
特設ページ:https://marche.makuake.com/2022/
参加費用:無料
参加方法:特設ページより詳細を確認いただき、入場日時指定の事前予約をお済ませの上、ご来場ください。当日券も一部受け付けますが、当日の混雑状況により入場を制限させていただく可能性がございます。
事前に来場予約の上、当日来場された方に、当社のパートナー企業であるビームス社と製作した本イベントのオリジナルトートバッグをプレゼントします。トートバッグは数に限りがございますのでお早めにご予約ください。
なお、ワークショップは完全予約制のため、参加希望の方は別途事前申し込みが必要です。詳細は特設ページをご確認ください。
お土産協賛企業:カルビー株式会社、木村石鹸工業株式会社、株式会社Gunosy、株式会社ゆっくりおいしいねむたいな、ヨダファーム 他
スポンサー企業:株式会社サイバーエージェント、株式会社ビズリーチ、株式会社フラクタ、CRITEO株式会社、GMOペイメントゲートウェイ株式会社、ラグナロク株式会社、株式会社PR TIMES、セーフィー株式会社、株式会社オープンロジ、ジット株式会社、株式会社みずほ銀行 他
 
  • 「Makuake」サービス概要
「Makuake」は、プロジェクト実行者が開発背景などのストーリーとともに発表する新商品や新サービスを、サポーターが応援の気持ちを込めて先行購入することができる、「アタラシイものや体験の応援購入サービス」です。全国約100社の金融機関との連携により日本各地の事業者が活用しているほか、国内外の流通パートナーとも連携し、プロジェクト終了後も事業が広がるよう支援しています。また、プラットフォームとしてプロジェクト実行者とサポーター双方の利便性と満足度向上を目指し、プロダクトの改善や新機能の開発に注力しています。
Web URL:https://www.makuake.com/
iOSアプリ:https://apps.apple.com/jp/app/id1274816320
Androidアプリ:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.ca_crowdfunding.makuake_android
 
  • 株式会社マクアケ 会社概要
代表者:代表取締役社長 中山亮太郎
本社所在地:〒150-0002東京都渋谷区渋谷2-16-1 Daiwa渋谷宮益坂ビル 10F
設立:2013年5月1日
事業内容:「Makuake」を中心とした各種支援サービスの運営、研究開発技術を活かした製品プロデュース支援事業
URL:https://www.makuake.co.jp/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社マクアケ >
  3. アタラシイものや体験の応援購入サービス「Makuake」が9月17日(土)〜18日(日)に原宿駅前で開催するイベント「Makuakeミライマルシェ2022」の最新情報を公開